鉄道ホビダス

TR401K / JR九州813系

 
297:TR401K
TR401K(サハ813-501) 写真:2001.10.29 直方運輸センター RM

 1994年から登場したJR九州813系電車の付随台車。低床化のため車輪径を810mmに抑えている。基礎ブレーキ装置はユニットブレーキによる踏面片押しと1軸1枚のディスクブレーキを併用。当初の軸箱支持方式はロールゴム式であったが、後に円錐積層ゴム式に変更されている。
 写真は2001年の筑豊本線・篠栗線電化時に製作されたサハ813-501のもので、軸箱支持は円錐積層ゴム式である。
軸距:2100mm 車輪径:810mm 軌間:1067mm
軸箱支持:円錐積層ゴム 枕ばね:空気ばね(ボルスタレス)

813 series trains of the Kyushu Railway Company. A 1994 appearance.
JR九州813系:Rail Magazine127号参照 2007.9.13作成

LINK
これまでに収録したJR九州の台車
これまでに収録した国鉄形式の電車用台車

このweb上のすべての画像は個人でお楽しみになる以外の使用はできません。

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.