鉄道ホビダス

YS-M1 / 十和田観光電鉄モハ3800形

 
295:YS-M1
YS-M1(モハ3809) 写真:2002.7.21 十和田市 高橋一嘉

 1953(昭和28)年に誕生した東京急行電鉄デハ3800形電車の台車。前年に登場したクハ3850形3855~のYS-T1に続いて登場した、東急車輛による独自設計の動台車第1号である。YS-T1と同じく鋳鋼製ながら似て非なる形状の台車枠を持ち、新たにトラックブレーキが採用されている。しかし、この当時すでにTS-301を履く5000形の製造が開始されており、デハ3800形はわずか2輌が製造されたに過ぎなかった。また、1953(昭和28)年2月に社名が東急横浜製作所から東急車輛製造に変更され、「YS」を形式に冠した台車はこの2種のみに終わり、以降は現在まで続く「TS」となった。
 デハ3800形は2輌とも1981(昭和56)年に十和田観光電鉄に譲渡されたが、2002年に引退した。写真はモハ3809(もと東急デハ3801)のもの。
軸距:2300mm 車輪径:910mm 軌間:1067mm
軸箱支持;軸箱守(軸ばね) 枕ばね:コイルばね

Towada Kanko Dentetsu MOHA-3800 type
写真:2002.7.21 三農校前-古里 高橋一嘉 2007.8.24作成

参考文献:
『東急電車形式集.3』(1997年 レイルロード
RM LIBRARY6 東急碑文谷工場ものがたり』関田克孝・宮田道一
(2000年 ネコ・パブリッシング)

LINK
これまでに収録した東京急行電鉄関連の台車
これまでに収録した十和田観光電鉄関連の台車 YS-T1

このweb上のすべての画像は個人でお楽しみになる以外の使用はできません。

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.