鉄道ホビダス

DT22C / JR東日本キハ58形

 
239:DT22C
DT22C(キハ58 1528) 写真:2001.10.5 盛岡運転所 RM

 DT22/TR51系台車はそれまでのDT19/TR49に代わる気動車用台車として、電車用のDT21をベースに開発され、1957(昭和32)年登場のキハ55系増備車、翌年登場のキハ20系増備車から採用された、国鉄気動車用台車のロングセラーである。キハ58、35、45、そして40の各系列を中心に広く採用され、現在も全国各地で活躍している。
 DT22C/TR51BはDT22A/TR51Aの改良型としてキハ58系やキハ20系の製造途中から採用されたもので、キハ45系、キハ30系でもその製造当初から採用されている。
 写真はJR東日本盛岡運転所のキハ58 1528が履くDT22Cで、砂箱が追加されている。
軸箱支持:軸箱守(ウイングばね) 枕ばね:コイルばね
軸距:2100mm 車輪径:860mm 軌間:1067mm
 
キハ58 1523
2001年に国鉄急行色に復元された盛岡運転所のキハ58 1523+キハ58 1528。 2007.3.14作成 2007.3.28更新

LINK:これまでに収録した国鉄気動車用台車

このweb上のすべての画像は個人でお楽しみになる以外の使用はできません。

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.