鉄道ホビダス

都電9000形搬入さる

  都電9000形完成→
都電9001
 “レトロ車輌”として既報の都電荒川線の新形車、9000形9001号が3月24日朝、荒川車庫に到着。都電の新造車は1993年登場の8504・8505号以来、14年振り。上の写真は台車上への移動を前に、搬送中取り外されていたパンタグラフや冷房など屋根上機器の取り付けが完了した車体。営業時には二重屋根風のカバーが付けられる模様であり、この角度では屋根上機器は見られなくなる。

242:FS91B
 一足先に線路上に下ろされ、トラバーサー上で車体の搬入を待つ台車。8500形のFS91、FS91Aと同様、シェブロン式軸箱支持の住友金属製台車で、形式はFS91B。動軸側に取り付けられた砂箱が目をひく。

都電9001
車体がクレーンで吊られていよいよ線路上の台車上へ。この後、5月27日のデビューまで調整・試運転が繰り返された。 完成状態の姿→

旧局紋 写真・取材:2007.3.24 荒川車庫 RM

LINK
都電9000形完成
これまでに収録した東京都交通局関連の台車
これまでに収録した路面電車関連の台車

このweb上のすべての画像は個人でお楽しみになる以外の使用はできません。

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.