鉄道ホビダス

FS363 FS363T / 福井鉄道モハ300形

 
110:FS363
FS363(モハ301-2先頭側/M台車)

111:FS363T
FS363T(モハ301-2連結側/T台車)

 1966(昭和41)年に誕生した静岡鉄道300形電車の台車である。当時、静岡鉄道では自社長沼工場で車輌新造・改造全般を行なっていたが、300形では足回りに新品が用意され、駆動装置も平行カルダン駆動となった。
 1985(昭和60)年から全3編成が順次福井鉄道に譲渡され、静鉄時代のMc+Tc編成から、編成両端をM台車、連結側をT台車としたMc+Mc編成に改造された。
軸距:2100㎜ 車輪径:860㎜
軸箱支持:軸箱守(軸ばね) 枕ばね:コイルばね

写真:2006.3.18 市役所前 高橋一嘉
福井鉄道モハ300
大名町交差点をゆっくりと渡る300形。熊本、日立、福井と散った静岡生まれの電車のうち、最後の現役車輌であった。 2006.3.19 福井駅前-市役所前

参考文献
「住友金属の台車25」鈴木光雄(『鉄道ピクトリアル№476』所収/1987年 電気車研究会)

2006.4.30作成

LINK
静岡鉄道 日車S形 FS363 FS363T TS-812 TS-813
福井鉄道 C-9 FS363 FS363T FS507 FS007 FS567 ND‐108 ND-108A
路面電車

このweb上のすべての画像は個人でお楽しみになる以外の使用はできません。

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.