鉄道ホビダス

TR246T/JR東日本サロE230・231形

78:TR246T
TR246T(サロE230-1061)
 DT61/TR246系は1992年登場の901系(後の209系)電車以来、JR東日本の通勤・近郊・一般型電車の多くで採用されている軸梁式のボルスタレス台車である。これまでに209系、701系、E217系、E501系、E127系、そしてE231系電車で採用されており、首都圏から東北地方まで、東日本の全域で見られる。
 写真のTR246Tは湘南新宿ラインを中心に活躍するE231系電車の2階建てグリーン車(サロE231・230形)用の台車。牽引装置は1本リンク式。基礎ブレーキ装置はユニットブレーキによる踏面片押しとディスクブレーキの併用。現在のところ、DT61/TR246系で唯一ヨーダンパを装備する区分である。
軸距:2100mm 車輪径:860mm
軸箱支持:軸梁式 枕ばね:空気ばね(ボルスタレス)
 
写真:2005.11.22 籠原運輸区 RM(新)

TsDE231.jpg
サロE231‐1000番代 写真:2006.2.15 東鷲宮-栗橋 RM(K)

2006.2.18作成

これまでに紹介したJR東日本の電車関連の台車のリンク

これまでに紹介した国鉄形式の電車関連の台車のリンク

このweb上のすべての画像は個人でお楽しみになる以外の使用はできません。

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.