鉄道ホビダス

FS566/福岡市交通局3000系

 
26:FS566
 大阪(長堀鶴見緑地線)、東京(大江戸線)、神戸(海岸線)に次ぐ日本で4番目のリニアモータ駆動による地下鉄として、2005年2月に開業した福岡市営地下鉄七隈線用3000系電車の自己操舵台車である。
 リニア地下鉄は台車下部の平面状のリニアモータを使用するため、従来の回転型モータを使用する車輌に比べ低床化が容易であり、これによりトンネルの小断面化、すなわち建設コストの低減できるという利点がある。また、車軸へ駆動装置を取り付けないため、台車に操舵機能を持たせ易く、従来より急なカーブに対応できる。さらに急勾配にも強い。このような利点から導入が進んでいるもので、現在さらに大阪、横浜、仙台の各市で新路線の建設もしくは計画が進んでいる。
 下の写真はリニア地下鉄の心臓部であるリニアインダクションモータを台車下から見たもの。リニアモータの台車への取り付け方法には車軸装架と台車枠装架があるが、車軸装架はこれまで東京都12-000形初期車の一部で採用としてされたのみで、その他はこのFS566を含めて台車枠装架方式が採用されているようだ。 (RM)
軸箱支持:積層ゴム 枕ばね:空気ばね(ダイレクトマウント)
軸距:1900mm 車輪径:650mm

写真:2004.4.30 橋本車両基地 宇都宮照信
FS566under.JPG
2005.11.6作成 2007.3.28更新

LINK
これまでに収録した福岡市交通局の台車 FS566 SS131 SS031A
これまでに収録したリニア地下鉄の台車 FS563 FS566 FS568

このweb上のすべての画像は個人でお楽しみになる以外の使用はできません。

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.