貨車研究者である吉岡心平が、貨車に限らず感じたこと・思ったことを書き込んでいきます。鉄分濃厚につき注意!

昔の私有コンテナから(98)

2011年04月21日 19:53

その昔、汐留に通っていた貨車ファンにとって、三黄通運の「クロネコ」ならぬ「虎猫」コンテナは、コキ19000と共に懐かしいものの一つではないでしょうか。

TB00121.jpg

3490〜3517の28個ロットで昭和48年11月日本トレールモービル製でした。妻扉の4個ヒンジはトレールモービルの特徴ですが、同社製の二方開きコンテナは比較的少数で珍しいもののひとつです。なお余談ですが、同一ユーザー・メーカーで同時に製作された3518〜3522は、特定用途向けに床面を鉄板張りとし自重が3.2トンと重くなった別ロットです。


日本セメントの入換機(?)No.1
苫小牧港開発D5606

トップページに戻る
鉄道ホビダス
NEKO PUBLISHING All Rights Reserved.