鉄道ホビダス

2012年5月アーカイブ

昭和56年7月、会社の夏休みを利用して国鉄五稜郭車両センターを訪れました。
狙いは配給車になっていたワム60000形のトップナンバーを撮影することでしたが、その時の
オマケ写真が写真のロコクレーンです。

TB01127.jpg

ブームには「3・1/2トン日立」とありました。

太平洋炭鉱の構内風景

帯広貨物駅のコンテナ写真を探していたら、最後のコマにこんな写真が写っていました。
1990年7月の撮影なので、廃止後の写真と言うことになりますね。

TB01126.jpg

実は以前、昇圧前の時代に構内に入れていただいたことがあり、その時は貨車(ナベトロの親方みたいな車両でしたね)ばかり撮影したことがあります。今となっては貴重な思い出ですが(笑)。

西武運輸の私有コンテナは個数の割にはあまり見た記憶がありません。裏縦貫経由の北海道連絡とかに多かったのでしょうか・・

TB00141.jpg

写真のUC5-3875は昭和48年10月日本フルハーフ製で、9~10月にかけて同社で製作された3826~3895の70個ロットに属しています。フルハーフ製では標準的なドライバンコンテナですが、パネルはスチール製ではなくアルミ製となっています。このため車体の大半は無塗装でした。
西武の社紋が懐かしいですね。

百済の入換動車

百済駅の入換に使用されていた動車です。会社の名前は失念してしまいましたが、浪速と同じ会社だったのかしら?

TB01125.jpg

確か同形機(?)2~3両居たと思いますが。

2012年5月   

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
「タンク屋しんちゃんのブログ」が携帯電話でもご覧になれます。
http://rail.hobidas.com/blog/tankuya/m
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2014 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.