鉄道ホビダス

2012年3月アーカイブ

今回紹介するのは、西濃運輸のUC5形で昭和49年東急大阪で4744~4773の30個製作されました。実は第97回で取り上げたものと同一ロッですが、このロットはロット内に3分割され、それぞれ通風口なし、あり、なし、となっていました。今回紹介したのは最初のグループと言う訳ですね。

TB00140.jpg

速星駅の車両移動機

日産化学の硝酸系タンク車は越中島、名古屋港、浪速を巡れば殆どキャッチ出来ましたが、濃硫酸は神岡~速星の運用が主だったようで、上記の貨物駅には姿を見せませんでした。そんな訳で速星に出撃した時撮った写真です。移動機の後ろに並んでいるのは液体硫黄のタキ23600形で、塩浜から輸送されていました。

TB01124.jpg

移動機自体は特に変わったところはありませんね。。。。

今回紹介するのは、西濃運輸の側面に小扉が付いたコンテナです。

TB00139.jpg

なんとなく冷蔵庫を思わせる扉ですが、トラックに載せた時に左側となる面だけに設置されていました。UC5-3199~3231の33個ロットで昭和48年東急東京製で、床面は鋼管を並べた特殊な作りとなっていました。写真のコンテナは側面に「マルS」マークのある昭和西濃運用と思われるもので、Uナンバーは記入がなくコンテナには「京浜」と書いてありました。

ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2014 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.