鉄道ホビダス

2017年12月アーカイブ

第18回 JAM公式記録集発売中!

皆さんこんにちは。小社では2015年の第16回国際鉄道模型コンベンション(JAMコンベンション)以来、毎年『公式記録集』の制作を担当させて頂いていますが、先頃この夏に開催された第18回JAMコンベンションの公式記録集が完成、12/21より発売となりました。本日はそのご紹介です。

20171226125327-1ce23781ca8ae0463108a4d66811614d67077146.jpg

2017年8月18~20日、それぞれ50以上のモデラー出展・企業出展を擁して盛大に開催された第18回JAMコンベンション。3日間の来場者は19,765名を数え、日本を代表する鉄道模型イベントに相応しい盛り上がりを見せました。

20171226125352-cb8b3b973117428a91f3f5f8f8f5fedf6b96ff52.jpg

今年のコンベンション全体のテーマは「東海道」。文字通り日本の大動脈として、数々の名列車が駆け抜けていった東海道本線・東海道新幹線にスポットを当て、フォトコンテストの開催をはじめ、ステージやクリニックでもそれにちなんだお話が様々に繰り広げられました。

20171226125416-27797034dac5999478166c18a5bb0a08c0cdff14.jpg 20171226125501-b77f69fef32277b662074b42541490cd28609f7f.jpg

またステージイベントでは、政界の論客にして大の蒸気機関車ファンとしても知られる前原誠司衆議院議員によるスペシャルトークショー「前原誠司 鉄道趣味を語る」や、戦後間もなくから現在に至るまで一貫して鉄道シーンを撮り続けてきた宮澤孝一さんが、数々の作品と共にその歩みを振り返る「私の鉄道趣味70年」といった趣味界の著名人・大ベテランの登壇もあり、こちらも大いに盛況となりました。公式記録集ではフォトコンテスト入賞作品や、各トークショー・クリニックの内容も掲載していますので、当日会場でご覧になった方も、改めてゆっくりと振り返って頂ければと思います。

20171226125522-46e42d6e28dcf859dc0e82dc16e65f02038ce666.jpg

JAMコンベンションの中核を担うモデラー出展も、もちろん全ブースを掲載。スケールやテーマも様々な情景作品・車輌作品はもちろん、制御機器の自作など技術的なチャレンジを行なっていたブースもあり、鉄道模型という趣味の多様性を誌面からも感じて頂けるでしょう。

20171226125538-c595a218b807437f2ad731470a9ca46de1704546.jpg

また忘れてはならないのが、スピードコンテストをはじめとした鉄道模型競技会。今年は何と言っても、スピードコンテストにおける世界記録への挑戦が大きなトピックで、来場者の関心も例年以上に高かったようです。記録集では審査や計測方法の紹介も含め、各コンテストの模様・結果を詳しく掲載しています。

さて、来年2018年の第19回国際鉄道模型コンベンションは、8月17~19日の3日間、東京ビッグサイト東1ホールで開催予定。皆さん、来年もビッグサイトでお会いしましょう!

第18回 JAM国際鉄道模型コンベンション公式記録集

●A4変形国際判・全132頁(オールカラー)
●定価:1,389円+税(税込1,500円)
●好評発売中!

※お求めはお近くの書店へ。またお近くに書店がない場合のご注文はカスタマーセンター: 04-2944-4071 までお願いいたします。

20150310182422-fc324f953b47a8933eb19bd55f3bfe0608fb13a6.jpg

RM MODELS270号、12/21発売!

皆さんこんにちは。本日は12月21日発売の『RM MODELS』270号(2018年2月号)のご紹介です。

20171215124618-21ac678a00a955de3851b945fe3f0fc8a88ac6ee.jpg

20171219132113-00c3a43cddd743a6607dd58645fd1950dbef63fe.jpg

20161219172505-98ef0ef6132509c944a2df27c4f131ed07ed2a55.png

▲屋舗 要さんセレクト「Nスケールナンバープレートカード」がもらえる定期購読キャンペーン実施中!詳しくは上のバナーをクリックしてください。

20160121150542-152ade6291210cab2620fd23ff52dbeea4144772.jpg

RM MODELS 270号の特集は...
「魅惑の車輌基地」

20171215125712-508c7fcd9ed0bff74a4b1e717d1c0888089a5597.jpg

▲特集冒頭では、意外と知らない実物の車輌基地の仕組み、模型的に気になるディテールなどについておさらい。個々の設備のはたらきを理解すれば、実物観察もグッと楽しくなるはず!

鉄道模型の情景で、駅と並んで人気のあるシーンのひとつが車庫、すなわち車輌基地でしょう。模型における車輌基地は実物同様、車輌を収めるスペースであると当時に、情景のリアリティを保ちながら多くの車輌を並べることのできる展示台としての役目も果たしてくれます。あるいは特定の路線にテーマを絞って同形式や同線区の車輌をズラリと並べ、時には他社の直通車輌に花を添えてもらう...というような、実物さながらの規律と迫力に満ちた光景を楽しむのも良いでしょう。

20171215125727-cba7f3cf44673a35e271f1b622ae801468671646.jpg 20171215125752-097b54aa17232601fa835178b796085e2160ee22.jpg

▲作例紹介では、幕張車両センターをイメージソースとした10輌編成収容の電車区、山陽電車飾磨車庫を忠実にモデル化したモジュールなど、多彩なこだわり作例を掲載。

かように魅力的な車輌基地ですが、基本的には線路と鉄道関連施設だけで構成されるため、模型化するとなると街並みや自然の風景とはまた異なる視点が必要。単に線路をたくさん敷けば車庫のようなものはできますが、それだけでは車輌基地らしさ、魅力を十分に引き出したとは言えません。今回は実物の車輌基地のディテールや機能をおさらいするとともに、車輌基地をテーマとした大小様々な模型作例もご覧に入れます。

★まだまだあります「今月の見どころ」

20171215160411-06e6b86a9bfa491af88b800ee860309b4bec1131.jpg

▲鉄道ホビダス「富士急行1000系プラキット」競作 海の5000系と山の5000系
鉄道ホビダスオリジナルの16番プラキット・富士急行1000系の改造作例集、第2回目となる今回は267号掲載作例とはまた異なるアプローチで形にした富士急1000系リバイバルカラー車と、実車の最新バリエーションとなる銚子電鉄3000系の作例を紹介します。2連でまとまるお手頃な題材、はじめての16番工作に如何?

20171215161628-e36fd6ae94bf40d6eed1b2b312823e9b8646a89b.jpg

▲Nゲージ"工作魂"健在!
先日ボークス大阪ショールームで開催された「第2回Nゲージガレージメーカー即売会&展示会」。比較的小規模なイベントながら、目を惹いたのが会場内に設けられた作品展示コーナーでした。若い世代のモデラーが多数参加し、ハイレベルな作品も目立った同展示から、当社スタッフが出会った約20作品を誌面でご覧に入れましょう。

20171215161648-bdb4c69e4310385fe669ed22cd8d581c8827dc1d.jpg

▲昭和模型工作室
毎年、JAMコンベンションで個性的な作品を出展し注目を集めている、諸星昭弘さんのカルチャースクールを源流とするクラブ「M8(エムハチ)」。中でも現会長の久原 聡さんの作品は、独特のセンスとストーリー性の強い構成で、観る者をその世界へと惹き込む不思議な魅力を放っています。今回の『昭和模型工作室』では今夏のJAMで披露された久原さんの新作「香港電車旅情」を大きく取り上げ、極小スペースに展開される「久原ワールド」に迫ります。

★特別付録!「空鉄」カレンダー2018

20171215161712-9339ffe1946720d2fc9b804bbc235a0da7ad611e.jpg

毎年ご好評を頂戴している年末の特別付録、吉永陽一さんの美麗空撮写真でお送りする「空鉄」カレンダーが今年も完成しました。今回のテーマは「駅」。都市部の拠点駅からのどかなローカル駅まで、12の駅風景を月替わりでお楽しみいただけます。模型的な俯瞰視点が得られる空撮は、レイアウト・ジオラマ製作の資料にもうってつけ。中には近年改築で姿を変えた・変えつつある駅もあり、刻々と移り変わる2010年代の情景の記録としても貴重なものとなるでしょう。

その他、連載記事では『New Model PREMIUM』で北海道の近郊電車733系(TOMIX製品)の軽加工のツボを0番代への加工作例含め紹介、『世界鉄道』では、日本型ファンにはなかなか取っつきづらい印象のある欧州型客車の形式記号のルールをわかりやすく解説。江頭 剛さんの『京商プラ工作素材「エバーグリーン」で作る唯一無二の駅』は、前回のプランニングからいよいよ実際の作例製作へ進みます。OJの大スケールで旺盛にスクラッチを行なう「機動楽会」の運転会レポートでは、なんとあの「四季島」の超絶作例が登場。車輌ファン・情景ファン共に見逃せない一冊です!

●RM MODELS270号(2018年2月号)

●A4変型国際判・180頁+付録/特別定価1,250円+税(税込1,350円)

※お求めはお近くの書店へ。またお近くに書店がない場合のご注文はカスタマーセンター: 04-2944-4071 までお願いいたします。

20150310182422-fc324f953b47a8933eb19bd55f3bfe0608fb13a6.jpg

皆さんこんにちは。実車+模型で特定形式を掘り下げる好評ムック『鉄道車輌ガイド』シリーズ、2015年8月に第20巻として「DD51」を刊行しましたが、ご好評につきこのほど改訂新版が完成! 本日発売となりましたので、ご紹介いたします。

20171205161835-aa525929397bd5bd2b1c11a2a2b73b6293e983c0.jpg

2015年時点でも既に活躍晩年を迎えつつあったDD51ですが、その後もJR北海道機の定期仕業消滅、愛知機関区の国鉄色機全廃など徐々に精力縮小は続き、今やJR各社併せて残存数30輌を下回る状況(2017.11現在)となりました。

20171205161901-9f61251cf642bd1c3df8991d3bdd54ee08c6c6b6.jpg 20171205161939-4dcb30e631802bd0b55d52ea237555b68b429a1f.jpg

▲カラーグラフ・実車解説編では近年の姿から登場間もない頃の貴重なカットまで、多数の実車写真を収録。機番ごとのマニアックな形態差もフォロー。

本書では旧版の形式概説、形態分類、ディテールガイドといった資料性の高い構成は踏襲しつつ、実車の最新動向を反映。掲載写真の見やすさ、情報の正確性にも一層気を配り、旧版をお持ちの方にも改めてお役立ていただける内容としています。

20171205162006-26d5f91f5166b0b4b1f9528794109a907c853092.jpg

▲モデル編収録のアオシマ製プラキット加工作例記事。愛知機関区の国鉄色・更新色機各1輌を、本キットに元々備わっている内部機器表現にまで徹底的に手を加えて製作したもので、本キットのディテールアップガイドとしては保存版となるはず。

また巻末の「モデル編」では旧版発売後の月刊『RM MODELS』掲載記事から、アオシマ製1:45プラモデルベースのスーパーディテール作例、天賞堂1:80ダイキャスト製品のメイクアップ作例を再編集のうえ収録。本書前半の実車解説と併せて読むことで、自分だけのDD51を仕上げるための良きガイドとなることでしょう。

実車ファン・モデルファンを問わず、DLを愛する皆様に広くお勧めしたい一冊です!

○主な内容
◎カラーグラフ:老兵、最後の輝き DD51近年の活躍を追う/DD51サイドビュー/全国を駆け抜けたDD51
◎実車解説:DD51とはどのような機関車か/基本的な形態分類/DD51製造年次早見表/イラストで見るDD51の形態分類/全車車歴表/MODELER'S VIEW 気になるDD51~さまざまな個性~
◎モデルで愉しむDD51:アオシマOJプラキットで作る愛知のDD51/天賞堂16番・カンタムサウンド搭載DD51のメイクアップ

●鉄道車輌ガイドVol.20 改訂新版 DD51
●B5判・116頁/定価1,843円+税(税込1,990円)

※お求めはお近くの書店へ。またお近くに書店がない場合のご注文はカスタマーセンター: 04-2944-4071 までお願いいたします。

20150310182422-fc324f953b47a8933eb19bd55f3bfe0608fb13a6.jpg

2017年12月   

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

月別 アーカイブ

「RMMスタッフ徒然ブログ」が携帯電話でもご覧になれます。下記アドレスもしくはQRコードを読み取ってアクセスしてください。
http://rail.hobidas.com/blog/rmm/m

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.