鉄道ホビダス

2017年6月アーカイブ

RM MODELS264号、6/21発売!

皆さんこんにちは。本日は6月21日発売の『RM MODELS』264号(2017年8月号)のご紹介です。

20170614124313-d1444626476881cfdba035c0b4aea73f8f9f9b79.jpg

【お詫びと訂正】
RM MODELS264号特集内記事「首都圏16番レンタルレイアウト店」にて、記載内容に下記の誤りがありました。ここに訂正し、読者の皆様ならびに関係各位にご迷惑をお掛けしましたことをお詫び申し上げます。(編集部)
■42頁 「kashiwagi cafe」営業時間
誤)平日 11:00~22:00/土曜日 11:00~21:00/日曜・祝日11:00~19:00
正)平日 11:00~22:00/土日祝日 11:00~19:00

20161219172505-98ef0ef6132509c944a2df27c4f131ed07ed2a55.png

▲屋舗 要さんセレクト「Nスケールナンバープレートカード」がもらえる定期購読キャンペーン実施中!詳しくは上のバナーをクリックしてください。

20160121150542-152ade6291210cab2620fd23ff52dbeea4144772.jpg

20170516120000-56b6243c9f8184b41c221f4f04328c0a9bb91df7.jpg

RM MODELS 264号の特集は...
「鉄道模型 超整理法・収納法 ~あなたの模型もっと素敵に収めませんか~」。

20170614124413-0fe497ff38a18276a14c7e2eaad66f45e733dc25.jpg

▲特集冒頭では、DIY素材などとして販売されている「桐すのこ」を利用したNゲージブックケース用収納棚を製作。他にも編集部スタッフによる実践系記事を多数掲載。

どんなジャンルであれ、「趣味」を嗜む以上それに必要なものを揃えるため、必然的にその物量が多くなっていきます。特に収集性の高い鉄道模型の場合、コレクターならずとも好きな車輌を買い増し続けるため、何時しか部屋の大部分を模型が占有している状態に...そんな状況に頭を抱えている方もきっと多いことでしょう。

20170614124519-2f06ce626207d91919eb2eb64c0cab2ff4a0e2f3.jpg

▲ヒントを得るには、やっぱり先達に教えを乞うのが一番...というわけで、RMMでは本誌にも作品を発表しているモデラー諸氏に「模型の収納」について色々伺ってみた。同じブックケースや紙箱を利用していても、やっぱりそれぞれ独自のコダワリがあるもの。

本特集では、いつもとは少し趣向を変えて鉄道模型の「整理・収納」に着目。すぐに実践できる各種整理・収納アイデアから、整理に便利な製品・グッズなどを多数紹介します。また、関連してレンタルレイアウトや運転会などに役立つ車輌の運搬方法についても取り上げます。
今あるコレクションをキレイに整理・収納することで、コレクションがより愛着の持てるものになり、今後の増備計画も立てやすくなること請け合いです!

★まだまだあります「今月の見どころ」

20170614125801-dac7920b167c7f5cf3beba30febe3f17c29cc14a.jpg

▲阪急京都線河原町駅モジュール
今月の表紙にも登場している、作り込まれた地下駅のモジュールレイアウト。本作は阪急電車に情熱を傾ける「Maroon's」の越智さん・田中さんによる阪急京都線河原町駅の情景で、全長1920mmに及ぶ長大な作品。ほぼスケール通りの寸法はもとより、エレベーターやエスカレーター等のディテールにもかなりこだわって作られており見ごたえ十分です。本作自体は2010年のイベントでお披露目されたものですが、詳細な作品記事としては初の掲載。入魂の出来栄えをぜひご覧ください!

20170614125838-a8238ff966f33c2ad7aaa88d8cca9bdc2bbda326.jpg

▲第56回静岡ホビーショー&グランシップ トレインフェスタ2017
毎年恒例、「ホビーのまち」静岡のイベントレポートを今年もお届け! 鉄道模型をはじめホビー系メーカーの新製品が集った「第56回静岡ホビーショー」と、日本最大級の総合鉄道イベント「トレインフェスタ2017」から、鉄道模型関連の話題や作品をピックアップしてお送りします。

20170614125902-e09f424456226125ffa3e0f81984fc2f20ab02a6.jpg

▲Showa Fiction Loft & Lift
スーパーリアル系作品とはまた違った独自の世界観を構築するプロモデラーであり、ミュージシャンやライターとしても活動している呉尾律波さん。今回ご紹介するのは、呉尾さんがB6サイズのベース上に作り込んだ、重層的に展開する鉱山のレイアウトです。ごく小さなスペースながら縦方向への広がりに富み、産業鉄道らしいカオス感が凝縮されたシーナリーは必見。スケールモデルだけじゃない、想像力・創造力で愉しむ模型の魅力を再認識させてくれる作品です。

20170614125924-c0caa6a186bb542646016a9c0194196aacdf969d.jpg

▲ジオコレPLUS
「ジオコレ」シリーズの一歩踏み込んだ楽しみ方を紹介する本連載。今月は京阪小特集? として、鉄コレ京阪1900系を基に最晩年の3扉・冷改仕様とした作例と、2600系を塗り替え・自作レタリングで「ミュージアムトレイン」に仕立てた作例をご覧に入れます。本コーナーとしては比較的ヘヴィな題材ですが、こうした改造に気負わず取り組めるのも鉄コレの魅力でしょう。またライトなネタとして、福井鉄道・えちぜん鉄道のLRVの動力化のコツ&よりイメージアップさせるワンポイントテクニックも紹介します。

●RM MODELS264号(2017年8月号)

●A4変型国際判・180頁/定価1,000円+税(税込1,080円)

※お求めはお近くの書店へ。またお近くに書店がない場合のご注文はカスタマーセンター: 04-2944-4071 までお願いいたします。

20150310182422-fc324f953b47a8933eb19bd55f3bfe0608fb13a6.jpg

皆さんこんにちは。編集部(左)です。

さて、RMMおよび鉄道ホビダスでは以前にも何度か鉄道模型関連の動画をアップ・本ブログでもご紹介しましたが、このたび新たにYoutubeにて鉄道ホビダスの専用チャンネル「鉄道ホビダスチャンネル」を開設。第1弾として、同ブランドの阪急8000系プラキットの走行実演動画を公開中です。

本動画のサンプルはキットを組立・塗装した上で、純正オプションパーツのT車ユニット・動力化キット、ヘッド・テールライトおよび室内灯ユニットを追加したフルオプション仕様(動力化キットは既存の名鉄7000系用と同じものを使います)。また初回ではスペシャルセット限定封入となるインバータ音+タイホン音サウンドユニット(今後単品発売の予定もあり)も組み込まれていますので、動画でその実際の見え方・聞こえ方をぜひご確認ください。

なお、動画ではよく見ると中間封じ込め先頭部のライトが点灯していますが、製品的にはON/OFFスイッチ付きで連結時には消灯できますので、ご安心ください。またインバータサウンドですが、動画ではスピーカーとの相性によって聞こえにくい場合があるそうで、できればイヤホン推奨、とのこと(もちろん、実際の模型ではしっかり聞こえます)。

また各種オプションについては、今月発売となるRM MODELS264号「NEW MODEL」でも紹介しています。そちらもご参照くださいね。

鉄道ホビダス担当的にも、今回の阪急はかなり力の入った製品と聞いております。同Youtubeチャンネルでは今後も自社製品をはじめ、各種動画をアップ予定とのこと。既に前回リリースした名鉄7000系の動画もアップされているようですよ!

★鉄道ホビダスチャンネルへはこちらから★

20150310182422-fc324f953b47a8933eb19bd55f3bfe0608fb13a6.jpg

2017年6月   

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

月別 アーカイブ

「RMMスタッフ徒然ブログ」が携帯電話でもご覧になれます。下記アドレスもしくはQRコードを読み取ってアクセスしてください。
http://rail.hobidas.com/blog/rmm/m

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2016 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.