鉄道ホビダス

2017年5月アーカイブ

皆さんこんにちは。本日は5月20日発売の『RM MODELS』263号(2017年7月号)と、先日発売となった『鉄道車輌ディテール・ファイル』新刊のご紹介です。

20170516114331-01e9efd8739849e610a5411c475d2a05799bfb21.jpg

20161219172505-98ef0ef6132509c944a2df27c4f131ed07ed2a55.png

20160121150542-152ade6291210cab2620fd23ff52dbeea4144772.jpg

※263号お詫びと訂正:165・166頁掲載ジオラマ「直方機関区」の作者名を誤って記載しておりました。本件については本誌次号にて訂正内容を掲載するとともに、関係各位および読者の皆様にご迷惑をお掛けしましたことをお詫び申し上げます。

RM MODELS 263号の特集は...
「色褪せぬ鉄路の盟友 急行型電車」。

20170516114735-2094ecd4389a6bdc32f52f472bcc413716f0eecf.jpg

▲熊岡正之さんは急行華やかなりし国鉄時代の姿を16番で製作。写真はTOMIX製品をベースとした153・155系併結の急行〈東海〉。

かつて全国津々浦々の電化線区にその軌跡を残した国鉄急行型電車。華やかな特急型と比べれば地味な存在ながら、全盛期には堂々の長編成を連ねた幹線急行から、地方線区での短編成運用まで八面六臂の活躍を見せました。急行列車の減少により次第にローカル運用や波動用に転じながらも、民営化以降は様々な地域色へ衣替えし新たな個性を獲得、近年まで各地に姿を残していたのをご記憶の方も多いでしょう。

20170516114516-0c9c3de343418cbbdac1aafc0ecc0fbb5c689b64.jpg

▲森 昌彦さんによる、JR化後の地域色を纏った首都圏の急行型電車(N)。全盛期よりこちらの方が馴染み深いというファンも多いのでは。

そんな急行型電車も21世紀に入ってからはいよいよ淘汰が進み、今や伝統的な急行型の外観を残して活躍するのは近郊型413系と編成を組むクハ455形2輌のみとなっています。
本特集では、既に絶滅危惧種となって久しい「急行型電車」の魅力に今一度スポットを当て、豊富な市販モデルを活用した編成例や各種加工作品を通して、その雄姿を振り返っていきます。

20170516114542-a2c42f2af568743546409013b4d661b248465360.jpg

▲七尾線の413系編成にわずか2輌のみ残るクハ455-700番代。オリジナルの先頭車ではなく中間車からの改造で、メカ的にも近郊型仕様に改められているものの、外観的には急行型電車の面影を色濃く残す貴重な存在だ。モデルは山本 航さんの作品(N)。

★まだまだあります「今月の見どころ」

20170516114600-1e65491a0bc7f8834c16f1931b14ec615f972700.jpg

▲New Model PLUS 島式ホーム(都市型)照明付〔TOMIX〕
お馴染みのTOMIX製Nゲージ用プラットホームに新たな仲間「都市型」が加わりました。その特徴は何と言っても、製品状態でLED照明が組込済で、今まで上級者向けの印象があった夜景表現が手軽に楽しめること。今回は同時発売となったTCSホーム用サウンドユニットと合わせて、光と音による新たな駅表現のポイントを紹介します。

20170516114617-d09fe6fa2426281009733f06bc461a7951917237.jpg

▲フリーランスのブルトレ客車たち
今や思い出となってしまったブルートレイン。近年は実在の特定編成にこだわった製品も登場していますが、あえて実物の形態をなぞることをせず、自分好みのスタイルと作り方で仕上げるフリーランスもまた楽しいもの。本記事ではアリイ製24系プラモデルを「素材」として製作した「ちょっとヘン」な24系24形と、実際に存在した映画のセットをモデルにアレンジした「謎の14系?客車」作例をご覧いただきましょう。

20170516114633-aa69cd7602c149fe084127bb87112b8396ff140e.jpg

▲第18回関西Nゲージ合同運転会レポート Part.1
毎年恒例、関西地区の有力Nゲージクラブが集う「関N」が今年も開催されました。一般の目には触れない非公開イベントながら、会場に居並ぶモデルはどれも作者の個性と技が発揮された興味深いものばかり。RMMでは今年も同運転会をみっちり取材、車輌を中心とした各クラブの新作モデルを一堂に掲載します。

20170516114647-fd0f5a811771d16bfe5df193a5185b3a654a18c5.jpg

特別付録!RMMスペシャルショップガイド2017
 毎年好評を頂いている別冊付録『スペシャルショップガイド』の2017年版が完成!RMM263号に特別付録として付属します。今年も例年通り、全国の鉄道模型ショップ情報をギッシリ掲載。ショップめぐりのお供に、今まで訪れたことのないショップの新規開拓にと、ぜひご活用ください!

●RM MODELS263号(2017年7月号)
●A4変型国際判・180頁+付録/特別定価1,111円+税(税込1,200円)
5月20日発売!

さて、『鉄道車輌ディテール・ファイル』シリーズからは、第21巻となる「阪急8000・8300系」が5月6日から発売となっています。

20170516115023-11baae21dea670b0d1a6d708256466862b8a9ca1.jpg

特定の車輌にスポットを当てて豊富な写真・資料とともに紹介する本シリーズ。本巻では関西私鉄の雄・阪急電鉄の中堅形式、8000・8300系をテーマとしました。

デビュー以来30年弱、その時々で変化を重ねつつも、平成期の阪急電車の顔として1輌も欠けることなく活躍を続ける8000・8300系。本書では両系列について、個々の編成ごとの差異まで踏み込んでバリエーション・ディテールを解説します。実車研究の資料としてはもちろん、発売されたばかりの鉄道ホビダス製プラキットのディテールアップ・バリエーション製作の参考としても、ぜひご一読いただきたい一冊です。

●鉄道車輌ディテール・ファイル021 阪急8000・8300系
●B5判・84頁/定価2,315円+税(税込2,500円)
●好評発売中!

※いずれも、お求めはお近くの書店またはブックサービス:フリーダイヤル 0120-29-9625 までお願いいたします。

20150310182422-fc324f953b47a8933eb19bd55f3bfe0608fb13a6.jpg

2017年5月   

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

月別 アーカイブ

「RMMスタッフ徒然ブログ」が携帯電話でもご覧になれます。下記アドレスもしくはQRコードを読み取ってアクセスしてください。
http://rail.hobidas.com/blog/rmm/m

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2016 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.