鉄道ホビダス

RM MODELS260号、2/21発売!

皆さんこんにちは。本日は2月21日発売の『RM MODELS』260号(2017年4月号)のご紹介です。

20170218220532-3e9e5815b5f46a7f5cb3940d81bee9e0ec61ba14.jpg

20161219172505-98ef0ef6132509c944a2df27c4f131ed07ed2a55.png

▲屋舗 要さんセレクト「Nスケールナンバープレートカード」がもらえる定期購読キャンペーン実施中!詳しくは上のバナーをクリックしてください。

20160121150542-152ade6291210cab2620fd23ff52dbeea4144772.jpg

RM MODELS 260号の特集は...
「走らせよう!レイアウト ~快適に楽しむヒントを聞きました~」。

20170218220603-2a9f67abc8e2c004acb65ebab4be25a285fc2c31.jpg

▲特集冒頭では、かつて発展半ばの時点で発表されNゲージャーの注目を集めた、北市正弘さんのNゲージ大レイアウト「新諸国鉄道」を紹介。着工以来41年という超長期工事の末に完成した同レイアウトの全貌を見る。

鉄道模型に入門し、趣味生活に何か目標を掲げようという時、「レイアウト作り」は代表的な選択肢のひとつです。本誌でも折にふれて取り上げてきたように、リアルな車輌模型も適切なシーナリーのもとでこそ真価を発揮しますし、鉄道模型の大きな魅力である「走り」を、自分自身のレイアウトでじっくり堪能したい...と夢見るモデラーは多いことと思います。もちろん種々の制約から、実現は必ずしも容易ではないでしょう。しかし、どうせなら夢は大きく持っていたいものです。

20170218223846-05f5bd0e5d37af426051efe6af84eab4d8a91e95.jpg

▲これからチャレンジする諸兄へのアドバイスとして、既にレイアウトをモノにしたビルダー諸氏に「レイアウトのメンテナンス」について訊くコラム記事も収録。

今月の特集テーマは「レイアウト」。夢を実現して見事レイアウトをモノにした実例や、レイアウトビルダーに聞く快適な運転を楽しむ秘訣など、情景の中で運転する楽しみに今一度スポットを当てます。レイアウト作例としては、かつて発展途上でTMS誌に発表され大いに注目を集めた、個人製作としては異例のNゲージ大レイアウト「新諸国鉄道」の完成後の姿のレポートをはじめ、クラブで共有される常設レイアウトルームとして特筆される印西鉄道模型クラブのレイアウト、シンガーソングライター・構 康憲さんが製作したB2サイズレイアウトを掲載。下記のように「昭和模型工作室」でも特集と連動してレイアウト作品をレポートしています。またフロアーレイアウトで情景を楽しむアイデアとして、岡田忠明さんが実践している街区ごとのジオラマ「ユニット・ジオラマ」のコンセプト・作例も紹介します。

20170218223911-98c58a4d18707ef28842ec69269d80e448d13307.jpg

▲固定式レイアウトはスペース的に敷居が高い、けれど情景は愉しみたい...という時に、「街区ごとのジオラマ」を並べることでちょっとお手軽にシーナリー付の運転を楽しめる「ユニット・ジオラマ」。個々の作品については、次号以降「ジオコレPLUS」で詳解する予定。

さらに、固定式レイアウトで有用性の高いフレキシブル線路についても、改めて基本に立ち返って紹介。先般よりプラッツが国内販売元となった英国PECO社製フレキシブル線路の使い方、主要ラインナップカタログを収録します。
ここから、あなたのレイアウト建設へのイメージを膨らませてもらえたなら幸いです。

20170218223929-030a76a31e325e84dca19b3bf38ddc683da733d5.jpg

▲固定式レイアウト用の線路としては、長らく定番の座を保ってきたPECO製フレキシブル線路。道床付線路が普及した現在でも、依然としてフレキならではの美点は存在します。本特集ではその基本的な敷き方や、主要製品ラインナップを改めて紹介。

★まだまだあります「今月の見どころ」

20170218222309-9fa5fe546788359b25e06ddffc64cdc0f7a76267.jpg

▲今月は16番もあるゾ!New Model PREMIUM
市販プラ量産モデルの軽加工・遊び方のアイデアを作例とともに紹介する「New Model PREMIUM」、今月は巻頭スペシャルとして、TOMIX製16番〈北斗星〉関連車輌(機関車・客車)を取り上げます。1998年のEF81製品化以来、近作の24系客車に至るまで着実にラインナップを充実させてきたTOMIXの16番〈北斗星〉。今回はおなじみ熊岡正之さんが内外装に手を加えた作例をご覧いただきましょう。またそれとは別にNゲージモデルからは、KATO製〈日本海〉とEF70/ED75 700、マイクロエース製営団/東京メトロ08系のグレードアップ作例を紹介します。

20170218223947-52aae6eacb7976aa9c279ed455fdd65e93b08c85.jpg

▲屋鋪 要の車輌工作に挑戦! 古の特急編成
過去に本誌で紹介してきた情景作品に留まらず、最近は車輌工作にも手を広げている元プロ野球選手・屋舗 要さん。今回は屋舗さんがNゲージ製品をもとに再現した、C62牽引時代の特急〈つばめ〉〈はと〉編成を紹介します。実物を見ることの叶わなかった名列車たち、それだけに募る憧れが投影されたモデルたちをご覧ください。

20170218224005-08620b44a3ab4cd5540fda6092af4a799e49e46f.jpg

▲昭和模型工作室
今回の「昭和模型工作室」では、特集と連動して、阪田正嗣さんの13mmゲージ大レイアウト「常悦線」を紹介。今月で完結となる「モデラーの目で見た同和鉱業片上鉄道」では、同鉄道の車輌たちについて取り上げます。また、宮下洋一さん自ら立ち上げた新ブランド「Chitetsu Corporation」のオリジナル製品「木造単線機関庫」の組立メイキングも掲載。プラともペーパーとも違うフェノール樹脂製キットの組み味、あなたも試してみませんか?

20170218224033-1c2f76c159d768bbde5fbcb73b8ce40ec51daa7b.jpg

▲「用紙サイズ」の世界
情景を作ってみたいけれど、「難しそう...」「スペースが...」と尻込みしてしまっている方は少なくないと思います。そんな時、手軽に取り組めて作り込みも無理なくできる「用紙サイズ」のジオラマはいかがでしょう?RMMでは今月から、先般募集し多くのご応募をいただいた「用紙サイズのジオラマ・レイアウト」作品を数回にわたってご紹介の予定。まずはその導入として、作品ダイジェストと編集部作例のメイキングを掲載します。名刺サイズのような小スペースでも、意外にいろいろ作り込めるものですよ!

その他にも、イベントレポート「ヨコハマ鉄道模型フェスタ2017」「第4回 横浜鉄道模型パーツ・キット即売会」、連載「ジオコレPLUS世界鉄道」「江頭 剛の情景工作なんでんかんでん!」などなど、多彩な記事を満載してお送りします!

●RM MODELS260号(2017年4月号)
●A4変型国際判・180頁/定価1,000円+税(税込1,080円)

※いずれも、お求めはお近くの書店またはブックサービス:フリーダイヤル 0120-29-9625 までお願いいたします。

20150310182422-fc324f953b47a8933eb19bd55f3bfe0608fb13a6.jpg

2017年2月   

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

月別 アーカイブ

「RMMスタッフ徒然ブログ」が携帯電話でもご覧になれます。下記アドレスもしくはQRコードを読み取ってアクセスしてください。
http://rail.hobidas.com/blog/rmm/m

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2016 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.