鉄道ホビダス

2016年12月アーカイブ

RM MODELS258号、12/21発売!

皆さんこんにちは。今回は12月21日発売の『RM MODELS』258号(2017年2月号)のご紹介です。

20161216192549-351240d092ed309dc8827bae66214ee38d6dd846.jpg

20161219172505-98ef0ef6132509c944a2df27c4f131ed07ed2a55.png

▲屋舗 要さんセレクト「Nスケールナンバープレートカード」がもらえる定期購読キャンペーン実施中!詳しくは上のバナーをクリックしてください。

20160121150542-152ade6291210cab2620fd23ff52dbeea4144772.jpg

RM MODELS 258号の特集は...
「模型シーンで残したい飯田線」。

20161216192628-c660ea1c09c3609c7986e799dbb7e16e8af88e2a.jpg

▲特集冒頭で紹介するのは、KATO注目の新製品・カーブ鉄橋のプロモーションのために作られた「渡らずの橋」こと第六水窪川橋梁ジオラマ(製作:滝川 晃さん)。今回の特集では、そのメイキングを含めて紹介する。

愛知県の豊橋から長野県の辰野まで約200kmを結ぶ飯田線。飯田線と言えば、かつて同線の代名詞であった旧型国電を連想される方も多いことでしょう。モデルの世界では一昔前まで、同線で活躍した旧国と言えば腕に覚えのあるモデラーだけが手にできる聖域のような存在でしたが、ここ数年でNゲージを筆頭に多数の製品がリリースされ、今では誰もが気軽に楽しめる存在へと変わりつつあります。

20161216192655-a1d9705ef034d820895055b21b8a2e3748eaeb20.jpg

▲Nゲージで江頭 剛さんと編集部(ね)が競作した田本&船町駅ジオラマ。前者は飯田線随一の「秘境駅」として、後者は名鉄との線路共用区間に位置し大半の普通列車すら通過する特異な狭小駅として、いずれ劣らぬ名物駅である。

また、元々四つの私鉄が国有化により統合されて発足したという特徴ある成り立ちや、天竜川沿いの渓谷をはじめとする美しい車窓風景など、路線としての魅力も一級。近年ブームを巻き起こした「秘境駅」も点在し、旧国が引退して久しい今でも、レイルファンや旅行好きから広く人気を集めています。

20161216192714-07d4776977876a7ccc07c74d57ee6f35e962835b.jpg

▲最近のNゲージにおける飯田線シーンをリードするKATOの「飯田線シリーズ」。車輌・ストラクチャーの両面で展開する同シリーズ開始への経緯や、作り手ならではのこだわり、今後の展開などについて、仕掛け人となったKATOの関 良太郎さんにインタビュー。

今回の特集では、この長大ローカル線にどんな楽しみが隠されているのかを、模型を通して改めて見ていくことにしました。沿線風景や車輌のバラエティ、編成や運用の面白さなど、役者が揃い始めた今だからこそ、新たな魅力が発見できるかもしれません。

20161219173035-e9a850b12db843d2a36edcbb20e65978785006f9.jpg

▲もちろん車輌の話題も。マイクロエースの16番ED62を用い、肩の力を抜いて楽しめる飯田線らしい短編成貨物の組成例や、KATO製品から組める旧型国電の編成実例を掲載。

★まだまだあります「今月の見どころ」

20161219174449-b54c0bc9261a97ea164a9340c16dced758f1ec12.jpg

▲巻頭阪急電車小特集!モジュールレイアウト&車輌作品
今月の巻頭では、阪急電車を題材としたNゲージの地面&車輌作品を紹介します。「地面」の方は阪急専門のNゲージクラブ「Maroon's」が製作した、新幹線との並走区間として知られる上牧~水無瀬間の全長約5mに及ぶモジュールレイアウトで、これだけの規模ながら実景に基づいて丁寧に作り込まれたストラクチャーが圧巻。一方の「車輌」は、田中直樹さんによる京都線8315編成・今津線6025編成・甲陽線3080編成の作例。お馴染みのGM阪急通勤車キットの改造から、全面的に3Dプリントを活用したものまで新旧工法を適材適所で使い分けています。特に車体を3Dプリントで製作した6025編成は、積層痕の処理がしばしば課題となる3Dプリントで、あえて「ツヤが命」の阪急電車に挑んだ例として興味深いところ。そのあたりの工夫点にも注目してみてください。

20161216192829-af49135b3eebb47625d1fec866a3103d6b99a115.jpg

▲広島からモジュールレイアウトでつなぐ 平和へのかけ橋
同の夏の「鉄道模型コンテスト2016」、メインイベントの全国高等学校鉄道模型コンテスト・モジュール部門で文部科学大臣賞に輝いた広島城北中学高等学校 鉄道研究部。同部には副賞としてアメリカで開催される「トレインフェスト2016」への招待が約束され、去る11月12・13日に米国ウィスコンシン州ミルウォーキーで開催された同イベントへの遠征が実現しました。本記事ではトレインフェスト会場のみならず、そこへ至るまでの道中の様子も含め、鉄道模型を通じた国際交流の模様をレポートします。

20161216192925-cd791e983b921fe66f4e15503508f1986ff7cbc7.jpg

▲運転会レポート盛り沢山!
各地のクラブの運転会レポートも多数掲載。縮尺1:45/ゲージ24mmのOJゲージをスクラッチで楽しむ関西OJクラブの運転会や、国内唯一と言えるZゲージ専門の公開運転会である、愛好会「Baden谷九」による「Osaka Z Day」などなど、「模型、楽しんでます!」という様子がうかがえる各クラブの様子は、あなたのモデラー心を刺激してくれるはずです。

★★今月は特別付録つき!★★

20161216192949-3dd57058abfd3a845941beb0e053713500805a01.jpg

▲今月は年末の恒例となった、吉永陽一さんの空撮写真による「空鉄」カレンダーを付録いたします。今回のテーマは「線路の集まる場所」。線路配線や配置の妙を上空からお楽しみください。

その他「昭和模型工作室」では新井一雄さんのシーナリーテクニック講座(第5回:最終回)、エムズコレクションの「故郷の駅 小型木造駅舎」を利用した小さな駅のセクション、「モデラーの目で見た同和鉱業片上鉄道」PART3(和気市内~備前塩田の駅風景)を掲載。「New Model PREMIUM」では、100系同様のマスクを持つ200系新幹線H編成(TOMIX製品)を長江啓一郎さん(NAGAEアートプロダクション)が仕上げた作例を紹介します。他にも久々の掲載となる「けいめいの工作机」をはじめ、「江頭 剛の情景工作なんでんかんでん」「ジオコレPLUS」「世界鉄道」と多彩な連載記事を収録。年末年始のモデラー活動のお供に、ぜひお役立てください。

●RM MODELS258号(2017年2月号)
●A4変型国際判・180頁/特別定価1,250円+税(税込1,350円)

※お求めはお近くの書店またはブックサービス:フリーダイヤル 0120-29-9625 までお願いいたします。

20150310182422-fc324f953b47a8933eb19bd55f3bfe0608fb13a6.jpg

2016年12月   

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

月別 アーカイブ

「RMMスタッフ徒然ブログ」が携帯電話でもご覧になれます。下記アドレスもしくはQRコードを読み取ってアクセスしてください。
http://rail.hobidas.com/blog/rmm/m

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2016 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.