鉄道ホビダス

2016年11月アーカイブ

RM MODELS257号、11/21発売!

皆さんこんにちは。今回は11月21日発売の『RM MODELS』257号(2017年1月号)のご紹介です。

20161116162913-8f0498bed79b8c6af2021715f10f4394f6f70ce0.jpg

20160121150542-152ade6291210cab2620fd23ff52dbeea4144772.jpg

RM MODELS 257号の特集は...
「手軽で深い! ペーパーモデリング」。

20161116163356-a2ae09dbea1ebef71685172eef802b1ed3b502ac.jpg

▲特集冒頭では、これまでペーパーモデリングと縁のなかったライター(Suu)氏によるレーザーカット済ペーパーキット(模型工房パーミル製107系)組立インプレッションを掲載。今回は上廻りの生地完成までとなったが、早くも最新キットの実力を実感している模様!?

身近な素材で楽しむ模型工作として古くから親しまれ、今なお多くの愛好者を持つペーパーモデル。素材が安価で工作性に優れ、組み方によっては樹脂並みの強度を出すことも可能なペーパーは、長年のファンにとっては「これに代わる素材はない」とまで言わしめるほどです。素材が手軽に手に入れられるゆえ、工作の手が早いモデラーの中には、年産何十輌といった「大量生産」を実践している人の話も耳にします。

20161116163425-b210b7f811cfbeff47879a1317bbdd9237b797f9.jpg

▲紙で新幹線も出来る! 紙+木でスクラッチしたHOの951形試験電車(製作:菊地俊夫さん)。0系より細長い独特のノーズは木材の削り出しで表現した労作。

また近年はカッティングマシーンやレーザー加工機の普及により、かつてのペーパーモデルにあったどこかエッジが甘くモッサリしたイメージも塗り替えられ、高精度なモデルが手軽に製作できるようになってきました。「紙」は鉄道模型の実用的なマテリアルとして、改めて見直されつつある存在と言えるでしょう。

20161116163444-5113644f295c68130bf9dd7d57241c649a8dc304.jpg

▲ペーパースクラッチの台湾・台東線LDK50形蒸機(製作:谷川雄介さん)や、ペーパーキットの部品+プラ完成品の合成で仕上げた「ゆぅトピア」(製作:P.N. TOWNとれいんさん)なども目を惹く作例。一見難しそうに思える蒸機も、実は三次曲面がほぼなく、窓抜きも少なくて済むことからペーパー向きとも言えるのだとか。

RMMでは久々となる今回のペーパーモデル特集では、多数のペーパーモデリング実践作例を柱として、その魅力に改めて迫ります。王道とも言うべき電車などの「箱モノ」をはじめ、紙+プラのハイブリッド作例や、蒸機・新幹線に至るまでプロトタイプは様々。工作法も新旧のキット組立あり、スクラッチあり、PCでの設計やカッティングプロッターを巧みに利用したものありで、十人十色の作品群が並びます。
また現代ならではのペーパーモデリングとして、模型工房パーミル製レーザーカット済キットの組立インプレッションや、ついに税込6万円台の低価格機が登場したレーザー加工機のレビューも掲載。伝統的な素材と最新技術のマッチングは、模型生活に新たな風を吹き込んでくれるに違いありません。この機会に今一度「ペーパーモデリング」を見直してみませんか?

20161116163505-0743a70ae9d3472d28fbd0b2161773365c3f06fc.jpg

▲「レーザーカッター=業務用」の時代は終わった!? 既存の業務用だと数十万円は下らなかったレーザーカッターだが、ついに個人でも手の届く製品が登場した。今回はこの、税込6万円台の低価格レーザーカッター「FABOOL Laser Mini」(smartDIYs製品)を早速レビュー。鉄道模型用としての実用性を含めて検証する。

★まだまだあります「今月の見どころ」

20161116163556-98c812b13afc4f7f0ecac9a27d05d21e6b8b16d1.jpg

▲第12回軽便鉄道模型祭
今月の巻頭を飾るのは去る10月、昨年に引き続いて綿商会館で開催された第12回「軽便鉄道模型祭」のモデラー展示レポート(同イベントの製品レポートは前号で掲載しています)。数ある鉄道模型イベントの中でも、情景作品のレベルの高さでは特筆すべきものがある「軽便祭」。誌面から、小さくも深遠なナローの魅力を感じていただければと思います。

20161116163617-bd3ede6230c2d79198314d8854d0fdd8535ca8c6.jpg

▲第39回日本鉄道模型ショウ/第16回鉄道模型関東合同運転会
同じくイベントレポートとして、京急蒲田駅近くの大田区産業プラザPIOで行なわれた日本鉄道模型ショウ(通称・鉄模連ショウ)と、埼玉県県民活動センターで開催された関東合同運転会(関東合運)の模様もお届けします。通好みな製品に工夫を凝らした作品、いずれも特に16番/HO系ファンには見逃せないところと言えましょう。

20161116163637-0273e6a06e8bf2546f5584003822a84e144a8a93.jpg

▲ジオコレPLUS 「ちょい懐」な広告電車たち
トミーテック「ジオコレ」シリーズの一歩踏み込んだ遊び方を紹介する「ジオコレPLUS」。第2回の今回は、前回の秋田中央交通と同じく「鉄コレ」10周年記念製品として登場した福井鉄道200形を取り上げます。作例では、実は意外と豊富な同系のカラーバリエーションの中から、製品化されていない後年の福鉄標準色、そして2000年代初頭の全面広告車2例を製作。実車では敬遠されがちな広告電車も、モデル的には時代性を表す絶好の役者となります。また254号掲載の福井駅前ジオラマに登場した200形作例についても解説していますので、併せてご覧くださいね。

20161116163654-b79080d4f8fa843b3cca35e4f11c82b75c3e7817.jpg

▲New Model PREMIUM
今回のお題は、KATOから発売された北海道電化のパイオニア・711系電車。通常はビギナーにも実践しやすい軽加工を中心としている本欄ですが、今回は比較的軽加工で済むモハ711の0番代化に加え、外観が大きく異なる二段窓のS901編成までも製作! さすがに「ちょい足し」レベルの加工とは言いがたいものの、ガッツのあるファンはチャレンジしてみては!?

20161116171819-918f24618cba5edb4c4883efccd256c0d610eb51.jpg

▲さらに耳寄りな情報! 日頃のご愛読に感謝を込めて、「RM MODELS定期購読キャンペーン」を準備中です。RM MODELS定期購読者の皆様(キャンペーン期間中の新規申込/既に申込いただいている方とも)を対象に、屋舗 要さんセレクトの全国保存蒸機「Nスケールナンバープレートカード」をもれなくプレゼント! 詳細は近日ご案内予定です。乞うご期待!

その他「昭和模型工作室」ではブラス&ペーパー混成で仕上げた16番配給電車、「モデラーの目で見た同和鉱業片上鉄道」PART2(片上~和気市内の駅風景)、新井一雄さんのシーナリーテクニック講座第4回(植生の表現方法)を掲載。また実車ガイド系記事では「私鉄車輌レポート」として、今夏から登場した広島電鉄のイベント車輌「TRAIN ROUGE」を取り上げています。「なる早」工作の参考に、ぜひご活用ください!

●RM MODELS257号(2017年1月号)
●A4変型国際判・180頁/定価1,000円+税(税込1,080円)

※お求めはお近くの書店またはブックサービス:フリーダイヤル 0120-29-9625 までお願いいたします。

20150310182422-fc324f953b47a8933eb19bd55f3bfe0608fb13a6.jpg

2016年11月   

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

月別 アーカイブ

「RMMスタッフ徒然ブログ」が携帯電話でもご覧になれます。下記アドレスもしくはQRコードを読み取ってアクセスしてください。
http://rail.hobidas.com/blog/rmm/m

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2016 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.