鉄道ホビダス

2016年10月アーカイブ

皆さんこんにちは。今回は10月21日発売の『RM MODELS』256号(2016年12月号)と、同日発売の別冊『鉄道車輌ガイド』シリーズ最新刊のご紹介です。

20161018160509-bd85ab2fa5d5ddfb3cdf2ad5aa3aa6d1b5a827c6.jpg

RM MODELS 256号の特集は...
「ぼくらの街の私鉄特急」。

20161018160559-dc7d7021e91f13de5bc87737fb7ac36c63f8a634.jpg

▲関東私鉄有料特急の花形、小田急ロマンスカー。製品そのままでも圧倒的な存在感があるためか加工作例を目にする機会は多くないが、今回は編集部(ね)がTOMIX現行製品のディテールアップに挑戦。ロングセラー製品をよりカッコ良く仕上げるためのポイントを解説する。

幼い頃、鉄道図鑑で飽かずに眺めたスター列車たち。その中で、新幹線や国鉄/JR特急と並んで私たちをワクワクさせてくれたのが、色とりどりの私鉄特急たちでした。各社それぞれに個性的なスタイルとカラーリングをまとい、フラッグシップトレインとして趣向を凝らされた車輌たち。地元ユーザーには格別の愛着を、遠方のファンにはまだ見ぬ土地への憧れを募らせるものとして、いずれにせよ特別な魅力を放つ鉄道少年たちのヒーロー...もちろん大人になっても、そんな想いを変わらず抱き続けるレイルファンは、きっと多いことと思います。

20161018160851-f56f67d839cb2019677cc9662bc1c97cbde78d8b.jpg

▲特急王国・近鉄に現れた異色の観光特急「青の交響曲」。誌面では、9月に営業を開始したばかりの同車をNゲージで速攻モデリングした作例を紹介。これ以外にも近鉄特急車は新旧交えて各種作例を掲載。

模型で私鉄車輌を愉しむ時にも、各路線の花形である優等列車はやはり外せない存在。モデル製品も少なからぬ数がリリースされていますが、国鉄/JR車輌と比べて地域性が強いためもあってか、近年爆発的に製品数の充実したNゲージにおいても意外なところに「穴」があったりします。それは裏を返せば、まだまだそれだけモデラーが腕を揮う余地が残されているということ。本特集では多種多様な私鉄特急車輌のモデル作例を通して、改めて「私鉄特急」の魅力に触れてみることにしましょう。

20161018161127-4a5d6f547f4c834f9c125227375ef82687a1bf28.jpg

▲料金不要特急ながら、デラックスで個性的な車輌が活躍し60年以上にわたって親しまれている京阪特急。これは地元モデラーによる、懐かしのフェニックス製16番ブラスキットを現代のレベルで完成させた作例。作者による詳細なメイキングとともに紹介する。

★まだまだあります「今月の見どころ」

20161018163816-2470fbcf25885d8177ff929e5acedb4a7697f133.jpg

▲新コーナー始動!「ジオコレPLUS」
2003年の「ザ・バスコレクション」登場以来、年々拡大・成長を続けてきたトミーテック「ジオラマコレクション(ジオコレ)」シリーズ。今月からスタートした当コーナーでは、「ジオコレ」各シリーズからアイテムのジャンルや新旧を問わず、ちょっと踏み込んだ遊び方をご紹介します。第1回は、昨年発売された「鉄道コレクション」10周年記念アイテム・秋田中央交通軌道線の、宮下洋一さんによるお手軽加工作例。今後も車輌系・情景系のジャンルを跨いで展開予定なので、お楽しみに!

20161018163849-b1cc18e4829bca2e8f96d8807883228ada9025bd.jpg

▲秋のイベントレポート盛り沢山!
今月は毎年恒例「鉄道模型大集合 in OSAKA」作品レポート、「全日本模型ホビーショー」製品レポートをお届け。また締切直前に開催された「軽便鉄道模型祭」は、会場に集ったニューモデルを速報的にお伝えします(作品等のレポートは次号で掲載予定です)。

20161018163915-6ea53cd404a0c80a10338ffabd02efc3a3bc96a3.jpg

▲屋鋪 要のレイアウト訪問!
マイレイアウトの夢実現に向けて邁進中の、元プロ野球選手・屋鋪 要さんによるレイアウト訪問記。今回はちょっと遠出、三重県伊勢市の趣きある町屋を利用したフリースペース&レンタルレイアウト「伊勢河崎 いこい処~和~」を訪ねます。自作ストラクチャーを多用し、蒸機時代の懐かしい風景を緻密に再現したレイアウトに屋鋪さんも興味津々。レンタルレイアウトとして開放されているので、皆さんも近くへお出かけの際は実見してみては?

20161018163936-4c0ddbc7d1c78fb8f4c92f6028b8deed51a17f72.jpg

▲昭和模型工作室
今回はTOMIX製16番プラ製品・ED75と、フジモデル製塗装済キットの旧型客車を題材とした週末向きの軽工作に始まり、「モデラーの目で見た~」シリーズでは新章・同和鉱業片上鉄道がスタート。また、今井貴裕さんによる超絶Oナローモジュールもメイキングを含め紹介、情景派モデラーは要チェックです。

その他『New Model PREMIUM』ではKATO製C59・C62と〈安芸〉〈音戸〉客車、TOMIX製EF60三次型/500番代を取り上げ、特に〈安芸〉〈音戸〉に関しては通常の同欄よりも一歩踏み込んだこだわり加工作例を紹介。好評連載『世界鉄道』『江頭 剛の情景工作なんでんかんでん!』も掲載、今月もあなたの趣味生活をサポートします!

●RM MODELS256号(2016年12月号)
●A4変型国際判・180頁/定価1,000円+税(税込1,080円)

■鉄道車輌ガイドVol.23『クモニ83と仲間たち』

実車資料+模型作品・製品で特定の形式を掘り下げるムック『鉄道車輌ガイド』。本誌と同じ10/21発売の第23巻は、クモニ83形をはじめとした旧型国電改造の郵便・荷物電車を取り上げます。

20161018161604-78ddedd38d27a64abfb61878bff89bf7b364ffdd.jpg

▲国鉄が鉄道郵便・荷物輸送を廃止してから30年。今となっては見ることの叶わない「荷電」たちの活躍シーンが誌面で蘇る。

編著は前巻同様、旧型電車に造詣の深いモデラー宮下洋一さんが担当。実車編では郵便・荷物電車の歴史や形式別概説に始まり、モデラー目線で追った各車のディテール、車歴表など実車知識の導入、モデル製作の参考に格好の資料を満載。もちろん今となっては懐かしい実車現役当時の写真も豊富に収載しています。

20161018161726-6db956f2c15cad93ae70d4b8246042fdc13fd9e5.jpg

▲車番ごとの形態差にもこだわった実車資料編。クモニ83以外にもクモユニ74、クモユニ81、クモユニ82、クモハユ74といった関連各形式にもスポットを当てている。

モデル編では発売となったばかりのTOMIX製16番モデルの速攻メイクアップやNゲージのスーパーディテール作例、近年発売された各社荷電モデルカタログを収録しています。

20161018161935-8c9bef3f974e4c2f8a26a937d8c174d7d87b8c0d.jpg

▲TOMIX16番モデルで登場したクモニ83 0番代。誌上では著者の宮下さん自ら、話題のモデルをいち早くメイクアップ。自分だけの1台を仕立てる参考にしていただきたい。

1輌から遊べる郵便・荷物電車を自分なりに楽しむための資料として、ぜひ書架にお加えください。

●鉄道車輌ガイドVol.23 クモニ83と仲間たち
●B5正寸・100頁/定価2,500円+税(税込2,700円)

※両書とも、お求めはお近くの書店またはブックサービス:フリーダイヤル 0120-29-9625 までお願いいたします。

20150310182422-fc324f953b47a8933eb19bd55f3bfe0608fb13a6.jpg

2016年10月   

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

月別 アーカイブ

「RMMスタッフ徒然ブログ」が携帯電話でもご覧になれます。下記アドレスもしくはQRコードを読み取ってアクセスしてください。
http://rail.hobidas.com/blog/rmm/m

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2016 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.