鉄道ホビダス

2016年2月アーカイブ

RM MODELS248号は2/20発売!

皆さんこんにちは。今回は『RM MODELS』248号(2016年4月号)のご紹介です。なお、今月号は休日との兼ね合いで、通常より1日早く2/20(土)の発売となります。

20160215183736-f89de2321600a0e0592fd445515d1cd386c7a54e.jpg

20160121150542-152ade6291210cab2620fd23ff52dbeea4144772.jpg

今月の特集は、「タイプ別に見るホビールーム ~夢実現!趣味の城~」

20160215183924-fff8baa900571ae3c9d895b39df7c30fb4c2f211.jpg

▲自宅にレイアウトルームを設置した例や、集合住宅ながら大胆なディスプレイを実現した例、はたまたホビールームのためだけの「家」を建ててしまった例など...各者各様の魅力的なホビールームの実例をタイプ別に紹介。

趣味のための部屋・ホビールーム。鉄道模型を嗜む者にとって、コレクションを美しくディスプレイし、思いのままに工作や運転のできるホビールームは憧れの空間です。今は専用の部屋を作るのは無理でも、いつかきっと...と胸に描いている人も少なくないのではないでしょうか。

20160215190221-3acad891f26df9b6140523d4f557fb82aef99f97.jpg

▲お仕事の関係で建てた自宅別棟の2階を使って、堂々たるホビールームを手に入れた今城俊浩さん。ホビールーム作りにあたっては、奥様からの「どうせならもっと広いところで走らせたら?」という言葉がきっかけになったとのこと。

今回は久々のホビールーム特集として、そんな憧れのホビールームを実現したモデラーを訪ね、お部屋のタイプ別にご紹介します。また、模型趣味には欠かせない工作机の実例も掲載。これをヒントに、あなたも素敵なホビールームを創ってください。

20160215185530-b243a34ef045f1c343b87602dfb5e350c5d5e393.jpg

▲本誌でいつも活躍しているモデラーさん、その作業環境は一体どんなものなのか...? 今回は協力モデラー各位にお願いして、ホビールームの心臓部とも言える「工作机」の様子をちょっぴり見せていただいた。

★まだまだあります「今月の見どころ」

20160215184044-2596b8d2f50614cab62f02b6cc58247f8b71cde9.jpg

▲New Model PREMIUM
近年「NEW MODEL」で紹介した各社完成品モデルの、ちょっと掘り下げた遊び方を紹介する「New Model PREMIUM」。今月は拡大版として、TOMIXから1:80でリリースされた285系「サンライズエクスプレス」の加工・グレードアップ作例2本(夜行列車ならではの、照明&内装にこだわった作例も!)を筆頭に、グリーンマックス初のJR特急型電車にして新型動力ユニット搭載第1弾となったE653系〈いなほ〉〈しらゆき〉、山陽電鉄3050系、都営新宿線10-000・10-300R・10-300形の軽加工作例を取り上げます。

20160215184229-9fcdbdfc036ea9a859c7cca9c3e8258b79ae4629.jpg

▲車輌工作各種
「~PREMIUM」以外にも車輌作例盛りだくさん! 16番でスクラッチしたHB-E300系〈リゾートビューふるさと〉は、ペーパー素材をメインに新型車輌の特徴あるスタイルを手際よく造形。グリーンマックス「リアルモデルコンベンション2015」作品紹介はPart.2として、PartsProShop秋葉原店で出品された作品群をご覧いただきます。また、4ヶ月にわたって連載した「鉄コレ20弾『1M電車』競作」は、完結編として3作品を紹介。小粒ながら、妥協のない工作で仕上げた見応えあるモデルたちをお楽しみください!

20160215184312-5116770642e7294a30f5cf065b7dfa87a8310923.jpg

▲新コーナー「世界鉄道」
創刊以来折にふれて「外国型」にもスポットを当ててきたRMMですが、今月から新たな不定期連載「世界鉄道」がスタートします。外国型をちょっとでも手軽に楽しんでみたい!をテーマとして、これまでの外国型記事よりいっそう自由に、世界各国の鉄道や鉄道模型に迫るこのコーナー。まずは先ごろ行なわれたドイツのシュピールヴァーレンメッセ(ニュルンベルク・トイメッセ)にライター・編集部スタッフが飛んできました。今月は第1回として、そもそもメッセの行なわれるニュルンベルクってどんな街? というところをご紹介します。

20160215184435-70d72a770b745fae1f122fe43e64bd626bcd10c8.jpg

▲昭和模型工作室
宮下洋一さんプロデュースの「昭和模型工作室」、今月は前号に続くアルモデルキット組立・アレンジ作例として、手頃な地方私鉄風の木造客貨車編成を製作。また実物観察記事では、1990年代まで前時代的な電化地方私鉄の姿を残していた野上電気鉄道を巡ります。そして今回は「Chitetsuのモデラー探訪」と題し、超ベテランモデラーにして今なおエネルギッシュなモデリングを続ける坂本 衛さんによる6760形蒸機(動輪を含むほとんどすべての部品が自作!)の製作工程も紹介します。

●RM MODELS248号(2016年4月号)
●A4変型国際判・180頁/定価1,000円+税(税込1,080円)

※お求めはお近くの書店またはブックサービス(株):フリーダイヤル 0120-29-9625 までお願いいたします。

20150310182422-fc324f953b47a8933eb19bd55f3bfe0608fb13a6.jpg

20160215142531-de8ff5e07c525e43e20347b4fbdd421c42008395.jpg

みなさん、こんにちはRM MODELS編集部です。

本日2月15日は「211フェイス」の作品募集締切日ですが、応募し忘れた!という方のために、

特別に締切を2月17日(当日消印有効)まで2日間延長いたします。

改めて、この「211フェイス」募集内容をお知らせいたしますと...

国鉄末期の近郊型増備・置換え用として、205系に続くステンレス車体を採用して登場した211系。

同時に415系1500番代、213系などの同世代の形式の車体構成の基礎となった車輌です。

その後JR東日本の719系交流電車やJR四国の6000系電車などJR化以降もしばらく、その車体設計は踏襲されました。

今回の募集作品では211系に端を発する上記に挙げたFRP製の貫通白色前面の車輌の作品を募集いたします。

また、それ以外でも211系関連と作者が思われる作品はご応募いただいて構いません。 


●募集要項●
まずは作品を撮影した写真と簡単な製作記事(作品のモチーフ、ベースとした製品、加工内容、アピールポイントなど)を同封のうえ、下記宛先に郵送またはメールにてお送りください。その際、氏名および連絡先(住所、電話番号、お持ちの場合はメールアドレスなど)は必ず明記してください。

■写真の送付方法
・1作品につき全景、見どころ、工夫箇所などできれば5カット程度撮影してください。
・デジタルカメラの場合はLARGE・FINEモードなどの高画質モードで撮影のうえ、画像データをCD-Rなどのメディアに収め、郵送の場合は撮影物のインデックスを自宅のプリンターなどで印刷し、同封してください。
・フィルムカメラでの撮影の場合は、2Lサイズ以上でプリントしたものをお送りください。
・いずれも十分な照明の下か、または屋外で撮影ください。

■作品説明文
・作品のモデルとなった車輌の形式名、ジオラマやレイアウトの場合は作品名とイメージした情景場所などを簡単に説明のうえ、製作のきっかけや着想点、工夫点、苦労点などを盛り込んだ文章を400文字程度でご用意ください。
・パソコンで描いたものはWord、またはテキスト形式で保存し、写真と同じくCD-Rなどのメディアに収めてお送りください。その際、内容を紙にプリントしたものをご同封ください。
・手書きでの原稿も受け付けております。

■作品が採用された場合

・掲載が決定いたしましたら、別途ご連絡を差し上げる場合がありますので、上記の通り氏名・連絡先は必ず記載してください。
・採用の決定と同時に改めて作品をお借りして撮影させていただく場合もございます。

■作品応募写真(原稿)について
・メディア(CD-R、USBメモリなど)と原稿は原則的に返却いたしません。また、不採用の場合など個別にご連絡はいたしませんのであらかじめご了承ください。

宛先はこちら!
〒153-8545 東京都目黒区下目黒2-23-18目黒山手通ビル3階
(株)ネコ・パブリッシング
RM MODELS編集部 作品投稿係
※それぞれの募集テーマも併せてお書きください。

TEL:03-5745-7815(平日12:00~20:00)
FAX:03-5745-7823
E-mail:rmmodels@neko.co.jp

※弊社への直接の持ち込みはご遠慮ください。

毎冬恒例のNゲージファンのためのイヤーブック、『鉄道模型Nゲージ大図鑑』。このたび最新2016年版が完成、2月2日(火)発売となります!

20160129152439-7db67d8ff6e5f3da87ae3f7b0b7f15cb2d929192.jpg

過去1年間に発売された日本型Nゲージ製品を総ざらいする本書。2016年版は『RM MODELS』235~246号(2015年3月号~2016年2月号)新製品紹介欄に掲載したアイテムを中心に構成しました。

20160129152509-ded69951381301507eaac6984a88dbd45df1e5d9.jpg

▲メーカーを横断して最新モデルラインナップを見渡せるカタログページ。

メインとなる車輌製品のカタログページでは、各アイテムをジャンル別に分類し、メーカーの違いを問わず形式順に掲載。新製品情報に定評ある『RM MODELS』ならではのメーカーを横断したニューモデルカタログであるとともに、そして2015年のNゲージ界を振り返る絶好の資料となっています。

20160129152638-3627386fbef0cf34d99bfe8ac06870e991e22071.jpg

▲月刊誌ではカバーしきれなかった「鉄コレ」事業者特注品なども新規撮影のうえ掲載。今回は「鉄コレ」新製品のオプションパーツ対応表も掲載した。

20160129152548-f27e52289855395fb70706fad14b05ff9333b0ec.jpg

▲パーツ・アクセサリー類はメーカー別に収録。色に特徴のある製品はできる限りカラーで掲載。

20160129152736-adadd0b8d4ef503dd81296161f43dae8aaf44305.jpg
▲ショップ探訪「屋鋪 要さんが行く! Nゲージの殿堂」。

巻頭ではRMMでもおなじみ、元プロ野球選手にしてレイルファンとしても有名な屋鋪 要さんが、首都圏におけるNゲージの殿堂ともいうべき「ホビーセンターカトー東京店」「TOMIX WORLD大宮」の2店を訪ねます。メーカー自らが運営する直営ショップは、Nゲージファンにとって心強い味方。品揃えはもちろん、専門店ならではのきめ細やかなサービスなど、両店の魅力をご紹介します。

20160129152712-e2f91ce4a45a6bc2bf81f082415c94be35aaf24f.jpg

▲2016年の製品展開は...? 各メーカー担当者へのインタビュー「モデル・オブ・ザ・イヤー2015-2016」。

毎年恒例となった、主要Nゲージメーカー5社の担当者へのインタビューももちろん掲載! 『N-Gauge Information』(http://www.jp-ngauge.info/)での投票結果をふまえて振り返る2015年のトレンドや、2016年の展望について語っていただきます。

20160129152754-d9af82aa780b10a60dfbc81cee489acd0c835d17.jpg

▲ジオラマグラフ「惚れ込んだ風景を我が手に」。この日本海沿岸の風景は、作者にとって長年温め続けたテーマだったという。

好評のレイアウト・ジオラマ作品紹介では、作り込んだ情景派レンタルレイアウトで知られる模型店「Nゲージ天国豊橋店」の酒井店長による最新モジュール、信越本線青海川付近の情景をご紹介します。これをお手本に、あなたもひとつ、自分の惚れ込んだ風景をカタチにしてみませんか?

...などなど、見どころ・読みどころ満載の『鉄道模型Nゲージ大図鑑2016』。お求めはお近くの書店または、ブックサービス(株):フリーダイヤル 0120-29-9625 までお願いいたします。

『鉄道模型Nゲージ大図鑑2016』
【判型】A4変形国際判
【ページ数】196頁
【定価】本体1,481円+税

20160121150542-152ade6291210cab2620fd23ff52dbeea4144772.jpg

20150310182422-fc324f953b47a8933eb19bd55f3bfe0608fb13a6.jpg

その年、最初の大型鉄道模型イベントとして毎年家族連れに盛況な「ヨコハマ鉄道模型フェスタ」が明日2月5日より、横浜・ランドマークホールで開催されます。
今日は展示物の搬入時にお邪魔してきたのでその様子をご紹介しましょう。

20160204211715-c3aa66a5173a888a5d6152beb5f950aa451e243f.jpg

▲「ヨコハマ鉄道模型フェスタ」の名物でもある大ホールでの映像と各社のプロモーション用レイアウトの展示。

20160204211754-07d890e2784b08447bb07ec886b1bc7486dfcf5a.jpg

▲出展メーカーのブースではこの春に登場予定の製品サンプルがいち早く確認できます。また、横浜にちなんだ製品の展示など、この地域ならでは内容です。

20160204211845-fece1b25b4f655f2a24af5d3555733ed6556410d.jpg

▲模型ファンも注目の物販コーナー。毎年名物の会場限定品や事業者限定品が販売されます。

20160204211924-335a379cc8ed76cb78ee11d9f03f2f27db6f7f32.jpg

▲ランドマークホール入口。ランドマークプラザ5階です。

■会期:2016年2月5日(金)~2月7日(日) 
   5日(金)11:00~18:00
   6日(土)11:00~18:00
   7日(日)11:00~17:00
■会場:横浜ランドマークホール(横浜 ランドマークプラザ5F)
■交通:桜木町駅、みなとみらい駅より徒歩
■入場:無料

■公式ホームページは以下に
http://www.festa-yokohama.jp/annai.html

2016年2月   

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29          

月別 アーカイブ

「RMMスタッフ徒然ブログ」が携帯電話でもご覧になれます。下記アドレスもしくはQRコードを読み取ってアクセスしてください。
http://rail.hobidas.com/blog/rmm/m

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2016 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.