鉄道ホビダス

2016年1月アーカイブ

RM MODELS247号本日発売!

皆さんこんにちは。今回は本日発売の『RM MODELS』247号(2016年3月号)のご紹介です。

20160121142305-a0572f099c74fa6746de9fe7c42d476c46be204c.jpg

20160121150542-152ade6291210cab2620fd23ff52dbeea4144772.jpg

今月の特集は、「ついに実現!理想郷という名のレイアウト」

20160121142417-f73fec30b87b3486da131c925372564c3787688a.jpg

▲映画の世界をモチーフに、日本の原風景を表現した平柳 聡さんの「東電鉄」。

鉄道模型ファンにとって、レイアウトの製作は誰しもひとつの目標とするところ。それは単に列車の走る舞台を誂えるというだけでなく、パネルの上にモデラーそれぞれの理想の世界を形づくる作業とも言えます。
ゆえに、えてして"あれも""これも"と欲望が大きくなりすぎ、一向に構想がまとまらない...といった状況に陥りやすいところでもあります。発展性のあるモジュールやセクションならまだしも、一台で完結するエンドレスレイアウトでは要素の取捨選択は特に重要。スペースも考え合わせれば、思い切った割り切りが必要な場面も少なくないでしょう。

20160121142447-90a6b8f76e32193cee1ee02e974d6aaa7ddae44b.jpg

▲なんと鉄道模型経験ゼロから出発し形にしたという、伊藤悟良さんの豊橋鉄道田口線レイアウト。

今回の特集では、そんな場面でヒントを与えてくれそうな、明確なテーマや世界観のもとに作り上げられた三つのエンドレスレイアウトを紹介。後半では自分だけのレイアウト作りには欠かせないストラクチャー工作を、おなじみの「ジオコレ」をベースとした改造作品を例としてご覧いただきます。あなたの"理想郷"づくりの一助となれば幸いです。

20160121142507-f2c0ce0da5e82304bbda5472449f5e9f71d6dd22.jpg

▲「ジオコレ」加工作品紹介では、読者の皆さんから募った作品に対し、本誌でのストラクチャー・情景系連載でもお馴染みの江頭 剛さんからコメント&アドバイスを頂いた。これから建物工作に挑戦する方にも参考になるはず。

★まだまだあります「今月の見どころ」

20160121142549-9baec4a904431b63587746c085b6c38046e0c557.jpg

▲昭和模型工作室
宮下洋一さんの「昭和模型工作室」では、今回からアルモデルの16番フリーランスモデル、Bタンクと木造客貨車を「宮下さん流」にアレンジした作例を掲載。今月はBタンクについて、製作過程とともにご紹介します。ブラスキットながら、素組みする分にはハンダ付け不要という手軽さが魅力の同製品ですが、カチッと組んでディテールを足してやれば見応えのある作品に仕上げることができます。そんなグレードアップのお手本として、ぜひ参考にしてみてください。他にも750V時代の上田交通探訪(車輌編)、ブログを通じてスタートした阪堺電車競作の中間レポートなど盛りだくさんの内容です。

20160121142610-0afc061a84623b6e5c719c3b8b59da867fd2c9c2.jpg

▲グリーンマックス リアルモデルコンベンション2015
毎年恒例となっている、グリーンマックス・CROSS POINT製品ベースの力作を募る「リアルモデルコンベンション(RMC)」。2015年は以前からのナゴヤ大須店に加えて秋葉原店でも開催され、例年以上の盛り上がりを見せました。RMMでは各店での受賞作品を筆頭に、全応募作品を掲載。今月はPart1として、ナゴヤ大須店での応募作品を見ていきます。

20160121142628-e89f6f8ccfbd953acfca86dcbc243efe18eddc54.jpg

▲屋鋪 要のレイアウト訪問!
元プロ野球選手・屋鋪 要さんが、マイレイアウト製作に向けたイメージを練るため手練のレイアウトビルダーを訪ねる「屋鋪 要のレイアウト訪問!」。今回は、JAMコンベンションでの「ギミック」ブースでもお馴染みの宮﨑正雄さん宅へお邪魔しました。地下室に広がる広大な16番レイアウト「こてはし鉄道」を拝見して、屋鋪さんのレイアウト構想にも変化が...?

20160121142643-06846528966821383c72ea381807234e6e38e52a.jpg

▲Railで遊ぼう♪第9回
 フロアレイアウトを主軸に、手軽かつ変化ある運転の方法を提案する「Railで遊ぼう♪」。これまではもっぱらNゲージを題材としてきましたが、今回は初のZゲージ編です。まだ日本型の世界では歴史の浅いZゲージですが、近年はロクハン製組立式線路の充実もあって、フロアレイアウトでもかなり「遊べる」ゲージになってきているのです。小さなスペースでも本線級車輌の運転が楽しめるZゲージの世界に、あなたも一歩踏み出してみては?

●RM MODELS247号(2016年3月号)
●A4変型国際判・180頁/定価1,000円+税(税込1,080円)

※お求めはお近くの書店またはブックサービス(株):フリーダイヤル 0120-29-9625 までお願いいたします。

20150310182422-fc324f953b47a8933eb19bd55f3bfe0608fb13a6.jpg

RMMスタッフブログをご覧の皆様、こんにちは。鉄道ホビダス商品開発担当です。このところは「鉄道ホビダスショップ」FACEBOOKでの情報発信がメインとなっておりましたが、今回は久しぶりの大型商品発売のご報告を本ブログの場をお借りしてさせていただきますね。

20160115171833-af0bfc0b6a4acc4d77f85e0448169adfd619446d.jpg

ご紹介する商品は、鉄道ホビダスブランドでのNゲージオリジナルプラキット、「大井川鐵道きかんしゃトーマス号」シリーズ。2014年夏季より、静岡県の大井川鐵道で運行が始まったきかんしゃトーマス号は、同社保存蒸機のエースであるC11 227号機をベースに、劇中のキャラクターが見事に再現された出で立ちとなって、爆発的な人気を集めたことは皆さんお耳に入っていることと思います。その余勢を駆って、2015年夏季からはC56 44号機をベースとした赤いジェームス号も仲間に加わりました。いずれも現時点では一度運行終了していますが、2016年夏季もトーマス号の運行が既に決定しております。

鉄道ホビダスのNゲージオリジナルキットとしては、2014年夏に発売した「遠州鉄道ED28 2」につづく第2弾となります。商品開発の方向性としては、「キャラクターモデルとしての親しみやすさを打ち出すのと同時に、スケールモデルとしての正確なモデリングも両立させる」というもの。話題性のある人気キャラであると同時に、なにしろ実車が堂々と実在し、営業列車として走ったものですから、純然たる車輌コレクターの方も見逃せない形式であるはずです。

20160115171912-f3503a31e3895dc9959326098975182bf9d44487.jpg

キットの基本的な考え方は、遠州鉄道と同じく走行を考慮しないディスプレイモデルというもの。これは普段Nゲージをやっていない方が、まさにキャラクターモデルとして楽しめるように、という狙いでもあります。そのため動輪などは一切回転せず、ロッド位置も完全に固定。公式側(左サイド)でロッドが最下段に下りた状態となります。一体固定のロッド・バルブギアは、可動を考慮しない分、細部まで繊細に表現されており、少なくともミニカー的な簡易ロッド表現とは一線を画すもの。スケールモデルとして見た時の「手抜き」的なつくりにはなっておりません。

また、実車のC11 227号機はコールバンカー部分などにかなり特徴がある形態をしており、そのあたりも現車取材の成果を活かして完璧に再現したつもりです。設計に際しては新金谷の車両区に2度に渡ってお邪魔して、貴重な取材をさせていただいております。

20160115171949-57d96fa4cf3d7bb016ee0d23a8a327dc7161bb01.jpg

▲5枚のランナー、4色成型。ステッカーが付属します。

一方、キャラクターモデルとしての性格を強く打ち出しているのが、4色カラー成型で実車の色違いの部分を極力別部品として再現していること。無論、完全な色分けができるわけではありませんが、ライトユーザーの方にも手軽に挑戦していただくためには、絶対必要だと思っています。またトーマスの「目玉」部分は実車では手動で目線方向を変えることができますので、モデルでも完成後目玉パーツを交換することで表情に変化を付けることを可能としてみました。手前味噌ながら、トーマスの表情の再現、これはとても立体的で、しかも可愛らしく出来ていると思います!

20160115172013-be392acec70376e7c46b1d6b013c41096936a9a5.jpg

▲KATO製C11の動力を履かせた状態。取付はスナップ式でOK(若干の擦り合わせが必要な場合があります)。

Nゲージャーとして気になるのは、「Nゲージ走行モデルとすることが可能なのか?」ということでしょう。前作遠州鉄道ではそこまで至らなかったのが弊社としても心残りであり、さりとて経験のない蒸機の走行メカの製作はちと荷が勝ちすぎていました。そこで(株)関水金属/KATO様のご理解の下、同社製C11の下廻りをすっぽり流用することが可能な設計としてみました。ご存じロングセラーの同機は、既に所有している方も多いことでしょうし、また昨秋「かわね路号セット」として再生産されたばかりなので市中での入手も比較的容易。なにより、蒸機モデルとしては極めて安価な割に、走行性能は非常に安定しているのです。一切の加工なしで付け外しが可能(唯一、ライトユニット基板だけは一時的に外してください)なので、「走らせる時だけ動力を借りてくる」こともできます。ちなみに同社のC11はかなり古い製品なので縮尺が1:150よりだいぶ大きくなっております、当然ながらそれに合わせたトーマス号も、大き目となっていることはご了承ください。

20160115172702-825c2bda8b46ced9f5436538422da5f3ab0aa904.jpg

▲オマケのラスティーは、動輪と台枠が一体成型となるなど、簡易的なパーツ構成。

オマケとして、井川線の加藤製DLDB9をベースとした「ラスティー」も簡易なパーツ構成ですが付いてきます。井川線は本線と同じ1067mm軌間ですが車輌限界はナロー並なので、極めて小さな車体です。さすがに9mmゲージでの動力化は困難が予想されますが、例えば6.5mmゲージ(Njゲージなどとも呼ばれる)であれば、挑戦する方も出てきそうですね。ラジエーター部分さえ自作できれば汎用の加藤製DLとして専用線のアクセサリー的に活用もしていただけると思います。

20160115172038-ecf678bd2a1c4259044d0a58b7a2b46aad011b0f.jpg

▲客車セットには、スハフ42(写真上)、オハ47(写真下)が2両ずつセットされます。

トーマス号に牽かせる客車として、グリーンマックス様に特別に成型色替えのスハフ42・スハ43(大井川での形式はオハ47)を作っていただいた「客車4両セット」もご用意しました。目に眩しい黄橙色のボディがきれいに成型されている他、屋根・床板ランナーもダークグレーで成型。さらにTR47台車も4両分セットされているフルキットです。パッケージはトーマス号と客車セットとで統一イメージとしているので、コレクションにも最適だと考えています。

20160115172056-f19d998b5a8ca8b5701357535d8031c4276f63dd.jpg

▲グリーンマックスの通常品とは成型色の異なるランナーを示す写真。

●大井川鐵道きかんしゃトーマス号シリーズNo.1

きかんしゃトーマス号[C11]3,900円+税

→ホビダスでの商品ページはコチラ!

20160115172117-eae8614a4688ff1547a0e0451cc2c3398159c9f9.jpg

●大井川鐵道きかんしゃトーマス号シリーズNo.2

客車4両セット:7,100円+税

→ホビダスでの商品ページはコチラ!

20160115172132-dfa407eb87bfc7feb50bbd83bed3a09511e49d86.jpg

お求めは全国の鉄道模型店、もしくは鉄道ホビダス・ショッピングサイトにて。現在絶賛発売中です!

○C 2015 Gullane(Thomas)Limited.
○C 2015 HIT Entertainment Limited.
大井川鐵道株式会社商品化許諾済

20150310182422-fc324f953b47a8933eb19bd55f3bfe0608fb13a6.jpg

RM MODELSは、

ファンの皆さんが創る模型鉄道専門誌です!



RM MODELSでは現在、下記のテーマでの作品募集を行なっております。また募集中のテーマに限らず、鉄道車輌をはじめレイアウト、ジオラマ、ストラクチャーなどの一般模型作品のご投稿も常時受け付けております。
本記事下部の募集要項をご確認のうえ、奮ってご投稿ください。

★現在募集中の「テーマ別募集」★

★「車庫」作品大募集!(締切:2017年5月15日)締切迫る!
 車庫の情景作品を大募集いたします。大規模な車輌基地から地方私鉄の小さな検車庫まで。そのほかバス車庫や駐車場など、周囲に線路の表現があれば鉄道以外でもOK!

★プラ16番車輌加工作品大募集!(締切:2017年6月15日)
 今、確実に充実しつつあるプラ製16番製品をベースにした加工作品を大募集!軽加工から大改造まで、ベースはプラ製品であればキットでも完成品でもOK!

★国鉄新性能通勤型電車作品大募集!(締切:2017年7月15日)締切延長!
 101系から205系(207系900番代や民営化以降に登場した該当形式・番代・仕様も含む)世代までの新性能通勤型電車作品を大募集!スケールは問いません。

★ブラス作品大募集!(締切:2017年8月15日)
 鉄道模型の王道とも言える真鍮によって製作した車輌作品を募集いたします。金属完成品に追加加工を施した作品でも構いません。

★教えてください メンテナンス&クリーニング!(締切:2017年9月15日)
 「効果的で手軽なメンテナンス方法を知りたい」と皆さん思っていませんか?ここではあなたの裏技的メンテナンス・クリーニング方法を募集します!


★募集要項★
まずは作品を撮影した写真と簡単な製作記事(作品のモチーフ、ベースとした製品、加工内容、アピールポイントなど)を同封のうえ、下記宛先に郵送またはEメールにてお送りください。その際、氏名および連絡先(住所、電話番号、お持ちの場合はメールアドレス)は必ず明記してください

写真の送付方法
・1作品につき全景、見どころ、工夫箇所などできれば5カット程度撮影してください。
・デジタルカメラの場合はLARGE・FINEモードなどの高画質モードで撮影のうえ、画像データをCD-Rなどのメディアに収めてお送りください。郵送の場合は、撮影物のインデックスを自宅のプリンターなどで印刷し、同封してください。メールでのご投稿の場合は、メールに添付いただくか、ファイル転送サービス等をご利用ください(転送サービスご利用の場合、別途その旨をメールでお知らせください)。
・フィルムカメラでの撮影の場合は、2Lサイズ以上でプリントしたものをお送りください。
・いずれも十分な照明の下か、または屋外で撮影ください。

作品説明文
・作品のモデルとなった車輌の形式名、ジオラマやレイアウトの場合は作品名とイメージした情景場所などを簡単に説明のうえ、製作のきっかけや着想点、工夫点、苦労点などを盛り込んだ文章をご用意ください。
・パソコンで書いたものはWord、またはテキスト形式で保存し、写真と同じくCD-Rなどのメディアに収めてお送りください。その際、内容を紙にプリントしたものをご同封ください。メールでのご投稿の場合は、メールへの添付でもOKです。
・手書きの原稿も受け付けております。

作品が採用された場合

・掲載が決定いたしましたら、別途ご連絡を差し上げる場合がありますので、上記の通り氏名・連絡先は必ず記載してください。
・採用の決定と同時に改めて作品をお借りして撮影させていただく場合もございます。

作品応募写真(原稿)について
・メディア(CD-R、USBメモリなど)と原稿は原則的に返却いたしません。また、不採用の場合など個別にご連絡はいたしませんのであらかじめご了承ください。

★宛先はこちら!
〒153-8545 東京都目黒区下目黒2-23-18 目黒山手通ビル3階
(株)ネコ・パブリッシング
RM MODELS編集部 作品投稿係
※テーマ別募集へのご投稿の場合、該当する募集テーマも併せてお書きください。

TEL:03-5745-7815(平日12:00~20:00)
FAX:03-5745-7823
E-mail:rmmodels@neko.co.jp

※弊社への直接の持ち込みはご遠慮ください。

2016年1月   

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

月別 アーカイブ

「RMMスタッフ徒然ブログ」が携帯電話でもご覧になれます。下記アドレスもしくはQRコードを読み取ってアクセスしてください。
http://rail.hobidas.com/blog/rmm/m

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2016 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.