鉄道ホビダス

2015年8月 3日アーカイブ

皆様こんにちは。今回はRMM編集部からの別冊新刊のお知らせです。

20150803223019-67b7578617cc61a18805b3a238041b0b2a6b659a.jpg

実車資料+模型製品・作品で特定の形式を掘り下げるムック『鉄道車輌ガイド』。

第20巻では、国鉄型DLの雄「DD51」を取り上げます。

※当記事末尾にて、本書の内容に関する訂正を掲載しています。本書ご購入の際は、併せてご確認いただけると幸いです。

20150803223040-93f3d19be6e4f8e64e8f73ef82f19d1a1ab3a627.jpg

▲巻頭カラーグラフでは、全国各地に足跡を残したDD51の活躍を地域ごとに振り返る。

1962年の試作1号機登場以来、16年間にわたり649輌が製造されたDD51。かつて高い汎用性を活かして全国津々浦々で活躍した同形式も、近年は徐々に活躍の場を狭めています。今も辛うじて急行〈はまなす〉や一部の貨物列車などに定期運用を残しているものの、それらも遠からず消滅が予想されるなど、彼らを取り巻く状況は予断を許さないものとなっています。

本書では、まず「プロトタイプ篇」でDD51という機関車の成り立ち、製造年次別の形態分類、モデラーの視点から見た興味深い個体差などを、豊富な実車写真を交えて紹介していきます。

20150803223108-03ad5e0eb77eedfe2777aa6ce157be1cdcb4fde7.jpg

20150803223125-c7d958d63158c538057f424a919222ea2b9021aa.jpg

▲プロトタイプ編「DD51とはどのような機関車か」~「DD51の基本的な形態分類」では、本形式の成り立ちおよび製造年次ごとの形態差などについて紹介。ナンバー別の実車写真も多数掲載。

20150803223142-c8d83371f758878d311bfbb0b7802b698beba725.jpg

▲「モデラーの見た気になるDD51」では、RMMでもお馴染みの熊岡正之さんが「モデラー目線」で見た興味深いディテールや変形機などについて解説。あなた好みの1輌が見つかるかも?

続く「モデル篇」では、近年各スケールともにバリエーションを増やしている市販のモデル製品をはじめ、それらをベースとして自分だけのモデルに仕上げた加工作品も掲載。実車・モデルの両面からDD51に迫る一冊となっています。

20150803223300-a4a664c224f7a7e3e74c4ec1fb29743ef02941dc.jpg

▲模型作品記事としては、以前『RM MODELS』本誌や『CRAFT MODELS』に掲載された、安価な市販製品をベースとした加工作例を掲載。これは熊岡正之さんによる天賞堂製DD51(カンタムサウンド搭載)の加工・ウェザリング作例。DLのモデルは、ウェザリングが入ることで「素」のままとは段違いの存在感が発揮されるものだ。また製品カタログページでは、注目のアオシマ製1:45プラモデルをはじめ、ここ10年余りのニューモデルを中心に各社の製品を紹介している。

●鉄道車輌ガイドVol.20 DD51 非電化の万能選手

・B5判/116頁

・2015年8月4日発売

・定価:2,500円+税

※お詫びと訂正※

本書『鉄道車輌ガイドVol.20』 86~87頁掲載の形態分類表につきまして、内容に一部誤りがありました。ここに訂正するとともに、読者の皆様並びに関係各位にご迷惑をおかけしたことを深くお詫び申し上げます。下記リンクより、訂正内容(PDF)が確認できます。

86頁(JR北海道所属機)87頁(JR貨物北海道支社所属機)

20150310182422-fc324f953b47a8933eb19bd55f3bfe0608fb13a6.jpg

2015年8月   

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

月別 アーカイブ

「RMMスタッフ徒然ブログ」が携帯電話でもご覧になれます。下記アドレスもしくはQRコードを読み取ってアクセスしてください。
http://rail.hobidas.com/blog/rmm/m

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2016 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.