鉄道ホビダス

2015年3月アーカイブ

20150331154051-98f35c78b04c5f188201d6226ff215f917544859.jpg

鉄道模型のレイアウトやジオラマを作るために必要なもの。それはベニヤのペラ板をベースにして、紙粘土で山を作って塗装は水絵の具の濃い緑と茶色があれば万全...?
もちろん作られたご本人が良しとすれば、それら材料で問題ありませんが、見応えのある作品を手掛けるためには、もう少し近道を行く方法もあります。


20150331154126-d1667b1750ffd9e015ae02291c4570b30a3509ff.jpg

今回発売の『鉄道模型レイアウト・ジオラマ入門』では、月刊『RM MODELS』誌上のレイアウト紹介記事では、ページ数の都合などから構成上カットされてしまうことの多い、ジオラマやレイアウト制作における、ごくごく基礎の部分に注目しました。


20150331154325-e96ade772e9eec6d9dd2c26eaa02eff6351147a1.jpg

「レイアウトってどんな物?」という製作前の予備知識から材料選び、作品を仕上げるための要となる道具や工程などを、複数のパートに分けた上で可能な限り詳細に解説しています。


20150331154359-a8c1cc155d6eb42c5e0ccbfb67a246199eabedd4.jpg

20150331154419-70ac2dac98ca23ac57e06620cbcdf3c82b45a995.jpg

レイアウトやジオラマを作りたくても作り方が全くわからない、とお悩みの際に、どうぞ本書をお役立てください! 
本書を通じて、超絶な表現力を持った作品をいきなり製作することは難しいかもしれませんが、まずはレイアウト・ジオラマ作りを気軽に楽しんでいただければ幸いです。


●鉄道模型レイアウト・ジオラマ入門
●B5判・100頁/定価1,111円+税

※お求めはお近くの書店またはブックサービス(株):フリーダイヤル 0120-29-9625 までお願いいたします。

RMMスタッフブログをご覧の皆様、こんにちは。鉄道ホビダス商品開発担当です。本日329日(日)、東京都練馬区の、西武池袋線・都営大江戸線練馬駅最寄にある「練馬区立区民・産業プラザ3階ココネリホール」にて、「スワップミート同窓会」なるイベントが開催されました。その模様を速報としてお届けいたします。

20150329225230-7c8a3a553f2c47173abff6752c8abddebd640497.jpg

▲会場は外光・騒音の入らない静かなホール。落ち着いた大人の雰囲気でした。

ここで言う「スワップミート」とは...1980年代に始まった(当初は)アマチュア中心の鉄道模型不用品交換市のこと。当時、外国型鉄道模型をメインで扱っていたショップ数店が共催という形で、主に千駄ヶ谷の郵政会館で長く開催されていました。実はその流れは今も4月の浜松町での「鉄道模型市」につながっているのですが、年月を経る間に主催模型店の面子も変遷、何より出展者と来場者の客層も大きく変わってしまったような気がします。私自身は1990年代半ばに初めて千駄ヶ谷のイベントに行ったのですが、年齢層の高さ、また扱われている品目のマニアックさと値付けの高価さにビビリまくったものでした。翻って現代の「鉄道模型市」では、例えばコレクタブルアイテムの開封販売など数百円で購入できる商品も豊富に扱われ、若者でもそれほど気負いをせずに参加することができる雰囲気であると思います。しかし趣味の世界、それだけではやはり物足りないと感じるベテランも多いわけで、あの「濃い空間」をもう一度、という思いを込めたイベントが、今回の「スワップミート同窓会」という次第です。その仕掛け人は、初期のスワップミート主催店に名を連ねていた新額堂。もちろん「同窓会」というのはシャレのようなものであって、当時出展していたかどうか、などは別に問われておりません。また、扱われるスケールは主に16番/HOおよびナローモデル各種という流れとなっていました。

20150329225302-6bb277c7bfae1cfa6945ef249b6ddca79b90a9f0.jpg20150329225336-0c746f4e5c26383bab0528c5436ad07e06971bbf.jpg

▲スワップのメインは当然ながらプロ・アマを問わない車輌の放出品。じっくり品定めする方、出展者と談義に興じる方などさまざまでした。

会場は練馬駅直結の公的施設内のホールで、絨毯敷きの落ち着いた雰囲気。面積自体はそれほど広くありませんが、出展ブースも約20軒と多くないことから、通路も広く取られ、全体に余裕を感じるレイアウト。参加者の年齢層も高めで、目を血走らせて商品を物色するよりも、商品をサカナに出展者と会話を楽しむような雰囲気が感じられました。

20150329225410-8d3c75387db091ff59fb2ca221eff96084161cd2.jpg

▲トーマモデルワークスの13トンシェイの試作品。

20150329225427-1a17b24cff34a60157336fbcd2a095f51ec4475e.jpg

▲クラシック・ストーリーの新黒井駅ストラクチャーキットの組立見本。

通常の商品販売ブース以外に、やはり目を引くのがメーカー各社の新製品。ここではトーマモデルワークスが鋭意開発中のHOナローのシェイと、クラシック・ストーリーの頸城鉄道・新黒井駅をご覧に入れましょう。

20150329225509-b4d1ffcb3e9ccf71a402a116aa3606ce37d11e34.jpg

▲残念ながらご本人は欠席ながら、水野良太郎氏の展示コーナー。

20150329225536-b5d88599a99d7137398c456fdd78e5774280830d.jpg

▲JAMでもおなじみの、松本謙一氏のアメリカ型HOレイアウト。

20150329225647-231f03ced61226b1ad3ea89185fff669b8c5f0f2.jpg

▲「え、あの宮下洋一さんのアメリカ型!?」と誰もが一瞬驚いた、10.5mmゲージの鉱山風景のジオラマ。

そして新しい試みとして、有名モデラーによるレイアウトの展示も見られました。今回は初の試みということで、地元練馬にゆかりのある、水野良太郎、松本謙一、宮下洋一各氏が出展。本誌連載でおなじみの水野氏は残念ながら体調の問題で作品展示だけでしたが、誌上に掲載されたジオラマやイラスト、模型写真などを展示。松本氏は長年JAMへの出展で連作してきたアメリカ型HOのモジュールを展示。宮下氏は「これまで公に出したことはない」というアメリカ型HOn310.5mmゲージ)のジオラマを展示。これには意外な感を受けたファンが多かったようですが、そのまとまりぶりはさすがでした。

20150329225713-7a3dad7ff7645c6112353149613e2b2172aaa048.jpg

▲1980年代の傑作ナローレイアウト、「七軒村村営軌道」。再出展にあたり、草木の類は全面的に現代的な素材に植え替えたそうです。

さらにペアーハンズでは店主の井上氏がアマチュア時代の1982年のTMSレイアウトコンペで入賞した「七軒村村営軌道」のHOナローレイアウトを補修の上で出展。このストラクチャー類を今回新規でエッチングキット化して限定販売しており、当時夢中で記事を読んだファンの方をおおいに懐かしませていました。

20150329225732-38932afaac2f32125e424307187b0096ce7269d9.jpg

▲管 晴彦さんのミニレアウトには、スピーカーが仕込まれています。これだけのミニレイアウトなら、車輌自体から音を鳴らす必要は感じないとのことでした。

日出生交通の管さんは極端な急カーブを敷き詰めたHOナローのミニレイアウトに、ダージリン風のBタンクを走らせていましたが、このレイアウトには底面にスピーカーが設置されて、KATO製のサウンドボックスの外部出力と接続。リアルな蒸機サウンドを響かせていました。

初の試みとなった今回のイベント、全体にまったりと上質な時間が流れている感じで、参加者の満足度は高めであったように感じます。来年以降も開催されるかどうかは未定ですが、また新たに魅力的なイベントがひとつ誕生、という感想を受けました。

20150310182422-fc324f953b47a8933eb19bd55f3bfe0608fb13a6.jpg

RM MODELS237号 発売!

皆さんこんにちは。今回は、3/21に発売となった『RM MODELS』237号(2015年5月号)のご紹介です。

20150323172621-78b67ccf16bacd575c8d899cae94aae1b54f7f0c.jpg

今月の特集は「完成品ストラクチャーで愉しもう!~模型工作の基本要素満載! 完成品ストラクチャーの魅力再発見!~」

鉄道模型の情景を形作るストラクチャー(建物模型)は鉄道模型の世界では脇役ではありますが、こだわりを持って取り組めば地域感や時代感、時には季節感まで演出できる存在として、レイアウトやジオラマで大きなウェイトを占めます。 Nゲージでは古くから多様な完成品ストラクチャーが発売されています。手ごろな価格帯もあって、模型工作初心者の練習用としてうってつけな上に、少しの加工で大きく雰囲気を変えてくれたりもする奥の深いジャンルです。

20150323173011-37a8760fa8f59d8085ccec0db6ea432ac37f877b.jpg

古くからあるだけに見慣れてしまいがちな定番製品も、ちょっとした加工で大幅なイメージチェンジを図ることができる。

今回の特集では、Nゲージの完成品ストラクチャーを使った加工作例を多数紹介するとともに、その加工を通じて学ぶことのできる、模型工作の基本技法もご紹介します。この機会に、いつも模型売り場で見かける「定番ストラクチャー」をもう一度見直してみてはいかがでしょうか? きっと新たな魅力と可能性が発見できるはずです!

20150323173105-ebaf558adc60322b164275c7179a74ab389ba56a.jpg

▲2013年末に発売され話題となった、グリーンマックス製の「東横イン」。同社スタッフによる競作が行なわれており、イベントなどで目にした方も多いはず。その作品たちをご紹介。

★まだまだあります「今月の見どころ」
20150323174202-641677fb0a74b7e75f13c20faf5cd76bab6fd94e.jpg

▲3Dプリンタ最前線 第1回「3Dプリンタの基礎知識~低価格プリンタの可能性~」

 以前と比べて個人での利用も容易になり、新たなモデリングツールとして大きな注目を集めている3Dプリンタ。別冊『鉄道模型3Dプリンタガイド』(小社刊)でもその魅力と利用法を紹介していますが、今月号から本誌でも、3Dプリンタの最新情報を発信する不定期連載「3Dプリンタ最前線」がスタートします。第1回の今回は「3Dプリンタの基礎知識~低価格プリンタの可能性~」として、低価格帯の熱溶解積層(FDM)式3Dプリンタ2機種での鉄道模型車体の出力を試します。

20150323174604-a9baf56c545dde3d28e70181ea275ff0c50c8cfc.jpg

▲アルモデル「ロングデト」で作った クレーン搭載の電動貨車

 アルモデル製の「ロングデト」。プロトタイプとなる車輌が存在する同製品ですが、気軽に楽しむことができる製品の特長を生かして、自分なりのフリーランス車輌を仕立てるという楽しみ方もあります。ここでは、クレーンを自作することでイメージを変えた作例をご紹介します。

20150323174412-85cc49e9a06102829bc9a30cbd4398268f1b025a.jpg

▲スペシャルショップガイド2015

さらに今月号は2大付録付き! 毎年好評をいただいている「スペシャルショップガイド」の2015年版、そしてバンダイ「Bトレインショーティー」の走行用としてリリースされた「レイアウトベース[N-B4]」の実物大折り込みを収録しています。「レイアウトベース[N-B4]」は、同製品を利用したコンテストも開催決定! その応募要項も本誌に掲載していますので、ぜひぜひチェックしてください!

●RM MODELS237号(2015年5月号)
●A4変型国際判・146頁/定価1,204円+税(税込1,300円)

※お求めはお近くの書店またはブックサービス(株):フリーダイヤル 0120-29-9625 までお願いいたします。

20150310182422-fc324f953b47a8933eb19bd55f3bfe0608fb13a6.jpg

RMMスタッフブログをご覧の皆様、こんにちは。発売から少し時間が経ってしまいましたが、ユニークな別冊が出来上がりましたので、ご紹介いたします。

題して『鉄道模型3Dプリンタガイド』。数年前に発売した『鉄道模型デジタルモデリング』の続編的位置づけですが、今回は3D-CADの作図と、そのデータを3Dプリンタで出力してモデリングするという技法に特化した一冊となっています。

20150310175403-532041ca98735bc8a84b538890eecb4161ef2910.jpg

3Dプリンタは一般社会でも話題の的となっていますが、ホビー分野で言えばまさに「夢の機械」。一般工業製品並の精度・細密度で、個人が立体物を入手することができるようになったという点が、まさに画期的です。しかしその3Dプリンタも玉石混交の様相を見せており、安価なものでは10万円を切るものも出始めていますが、当然ながらその性能や精度には大きな差があります。ユーザーサイドが、それぞれの目的・用途をはっきり持たないで安易に低価格マシンに手を出すのはまだおススメできない局面。むしろおすすめしたいのは、自作データをネット上から送信して3D出力してくれる「出力サービス」にお願いすること。本誌では主にそういう作り方での、最新デジタルモデリングの基礎をご紹介するという内容です。

20150310175426-332e89ec6f6821b165c260569d12ff5d607f4f53.jpg

流れを順に追って内容をご紹介しますと...

【準備編】...必要な機械・ソフト・用具の紹介から、「3Dプリンタとは?」「3D-CADとは?」という基礎の基礎からちゃんと解説。初心者を「置いてけぼり」にしないよう、なるべく噛み砕いた記述とするよう努めました。

20150310175450-e0e0b9bcbd2deacabad90abc324b0e7edfc29ddd.jpg

【入力編1...3D-CADソフトの基本操作を解説。ここではフリーソフトの「DesignSpark Mechanical(デザインスパーク・メカニカル)」を使います。このソフトは、高度な産業用3D-CADを元に、初心者でもわかりやすい直観的な操作を可能としたもの。本章では基本ツールの種類と使い方を学んでいただきます。

【入力編2...3D-CADソフトの実践操作を解説。ここでは題材としてNゲージのフリーランス電車の車体を実際にケーススタディとして作図していきます。すべての工程に鮮明な画面写真を付けていますので、順を追って理解していただけると思います。

20150310175511-ba588a734fdea2475634c8ac4796d7bb244a7f3f.jpg

【出力編】...主な出力サービスの紹介、コンシューマー向けプリンタの機種紹介、そして実際に出力した成型品で作例を完成させるまでのメイキング記事で構成。いわゆる「板状プラキット」的な成型品から、オリジナリティあふれる自由型電車作例を作り上げています。

20150310175527-0d68f71c60785dd2931105973b7340af5af5a98c.jpg

【実践編】...3Dプリンタによる作品集という位置づけで、富士川 梓、阪上知己、岩本英也各氏(掲載順)の最新作を紹介します。ほんの少し前までの「フルスクラッチ」の概念を軽々と飛び越えた精密な作例ばかりで、改めてこの技術的ブレイクスルーの恩恵をまじまじと感じるものです。車体だけでなく、台車や床下機器など立体的な形状にも、大きな可能性があることがご理解いただけると思います。

とにかくこの本では、現時点で最新のホビー用途向け3D-CAD指南書として、過不足なく情報をお伝えすることに心を砕きました。漠然と3D-CADに興味があっても、世にある指南書はプロ向けの教科書的なとっつきにくいものばかり。「好きこそものの上手なれ」ではありませんが、興味のある題材で終始技法を説いてくれる本書なら、「自分にもできるかも...?」というやる気がみなぎってくることと思います。しかもありがたいことに3D-CADソフトは今やフリーで入手できるのです! 作例掲載の3人のモデラーさんは、奇しくも皆さんこのDesignSparkをお使いでした。そして3D出力は、もちろんある程度の費用は掛かりますがそれでも市販の完成品車輌と同レベル。それで自分だけのオリジナルが手に入る恩恵は計り知れないものがあります。

ぜひ最新のデジタルテクニックを身に着けていただき、鉄道模型の新しい世界を広げていただければと思います!

●鉄道模型3Dプリンタガイド

B5判/100頁 オールカラー

201533日発売

・定価:1,500円+税

ホビダスでの通販はコチラから!

20150310182422-fc324f953b47a8933eb19bd55f3bfe0608fb13a6.jpg

2015年3月   

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

月別 アーカイブ

「RMMスタッフ徒然ブログ」が携帯電話でもご覧になれます。下記アドレスもしくはQRコードを読み取ってアクセスしてください。
http://rail.hobidas.com/blog/rmm/m

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2016 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.