鉄道ホビダス

2015年2月アーカイブ

RM MODELS236号2/21発売!

皆さんこんにちは。今回は、明日2/21発売の『RM MODELS』236号(2015年4月号)のご紹介です。

20150220123922-debe3c943f5b73f020dd259a8ef71df918af30e1.jpg

今月の特集は「情景を縮小する"技"~実景を巧みに切り取った珠玉のレイアウトたち~」

鉄道模型ファンなら、その多くが一度は憧れたであろう情景付きレイアウト。作者の個性に応じて、実に多種多様な形に育てていくことができる情景模型ですが、近年盛んに楽しまれているのが、モデラー好みの実景を忠実にレイアウト・ジオラマ内に再現した作品たちです。印象深いシーンをモデル化した作品は、それだけで強い説得力を持つもの。一方で、当然ながら実物の地形や線路配置は模型化を前提に作られているわけではありませんから、実景をいかに切り取るか、違和感なくデフォルメするかといったセンスも求められます。その手法は、架空の風景を「リアルに」作ろうとする場合にも多分に応用できるでしょう。

20150220124746-b36a2252712d692261e47293c3ee1788f7598564.jpg

▲レンタルレイアウトとしては異例とも言えるシーナリー本位の作り込みに圧倒される「Nゲージ天国豊橋店」のレイアウト。この余部橋梁をはじめ、各地の象徴的な鉄道情景が盛り込まれている。

今回の特集では、近年編集部が取材した情景付きレイアウト・ジオラマ作品の中から、こうした実景志向・リアル志向の作品をピックアップ、大判写真でご紹介します。こだわりと情熱をもって作り込まれた情景から、あなたのレイアウト製作へのヒントを見つけていただければ幸いです。

★まだまだあります「今月の見どころ」

20150220134807-0d43e3726768c76188060cbc7ad568ebe70e3500.jpg

▲パナソニック「エボルタ電池鉄道」グラフ&レポート
2009年、惜しまれつつその歴史に幕を下ろした小坂鉄道。廃線から5年を経た2014年、パナソニックによる「エボルタチャレンジ」の一環として「廃線1日復活チャレンジ」が行なわれ、乾電池を動力源とする電車が同線を走行したことは大きな話題となりました。今回は巻頭グラフ&詳細レポートの2部構成で、この「エボルタ電車」とチャレンジの全容に迫ります。

20150220130838-83ec0cf0e154de7f89aa71b4835350eb315d1dff.jpg

▲けいめいの工作机 6.5mmゲージの「壁掛け」HOナロー
西村慶明氏による「けいめいの工作机」、今回は6.5mmゲージの線路を利用して、HOスケールで610mm軌間のナロー鉄道を再現したレイアウトのお話です。独国ブッシュ社の「フェルドバーン」の方式を応用し、線路の下に敷いた鉄材と車輌側の磁石で脱線を防止する構造の本作。それゆえに、機関車はパネルを垂直に立てた状態でも走行可能。思わず「エッ!?」と思ってしまう眺めです。

20150220133107-87c67ed0f7349e259a6d3eec2767429aaf5f43c8.jpg

▲Railで遊ぼう♪第6回
大好評の『Railで遊ぼう♪』、第6回はTOMIXミニカーブレール・ワイドトラムレール、クロスレールを題材に、現役トラム路線・万葉線をイメージした併用軌道・専用軌道の混在するフロアレイアウトを楽しみます。

●RM MODELS236号(2015年4月号)
●A4変型国際判・164頁/定価1,000円+税(税込1,080円)

※お求めはお近くの書店またはブックサービス(株):フリーダイヤル 0120-29-9625 までお願いいたします。

※誌面および本頁でご案内しておりました「ジオコレ」加工作品募集は終了いたしました。ご投稿いただいた皆様、誠にありがとうございました。

※RM MODELS オフィシャルFacebookページは、業務都合のため一旦休止させていただいております。ご了承ください。

いつもありがとうございます、鉄道ホビダス商品開発担当です。本日はRMMスタッフブログの場をお借りして、ユーザーの皆様に謹んでお詫び申し上げます。

と申しますのは、先週末に弊社から出荷させていただきました鉄道ホビダスオリジナルの1:80プラキット「京王5000系先頭車2輌セット」について、一部に窓ガラスパーツが不足していることが判明いたしました。2輌セットでございますので、本来は窓ガラスパーツのランナーが2枚入っていなければならないところが、1枚しか入っていないというものです。お客様には大変ご迷惑をお掛けしております。大変申し訳ございませんでした。

20150203121541-5f3bbc2fcc361ab8cdc1dad205d45a402ee9b3e8.jpg

▲不足しているのは上写真のランナーです。同一ランナーが本来2枚入るのが正常です。

既にご購入いただきましたユーザー様におかれましては、なるべく早急に商品をご確認いただき、もしも不足品であった場合には下記コールセンターまでお電話またはメールいただけますでしょうか。至急にて補充パーツをご自宅までお送りいたします。

■ネコ・パブリッシング ホビダスコールセンター

TEL0120-958-220

(受付時間:平日11:0018:00/土休日休業)

メール:hobidas-market@hobidas.com

この度は発売に遅れにつづく不手際にて、大変恐縮です。今後はこのようなことがないよう、十分に対策を施してまいりたいと考えております。何卒今後とも鉄道ホビダスのオリジナル商品をよろしくお願い申し上げます。

20150201220542-d805402ae1adb98271df6f097be4d2441ed0f6dc.jpg

RMMスタッフブログをご覧の皆様、こんにちは。鉄道ホビダス商品開発担当です。本ブログでも折に触れてご紹介して参りました鉄道ホビダスオリジナルの鉄道模型、1:80の京王5000系ディスプレイプラキットがようやく発売開始となりました。当初のご案内から大幅に遅れての発売となり、期待してお待ちいただいたお客様には大変ご迷惑・ご心配をお掛けしましたが、前作キハ40を超えるクオリティを持たせるべく、スタッフ全員で精魂を込めて商品化致しました。今回は動力やライト関係のオプションパーツも同時に発売となっておりますので、ぜひキット製作に挑戦してみてください!

20150201220340-b9668cae1d45cbf06bd795ebc3b88f76723610ae.jpg

下記商品名をクリックすると、鉄道ホビダス・ショッピングサイトの商品ページにジャンプします。

京王5000系 先頭車2輌セット

京王5000系 中間車2輌セット

京王5000系用・中間車セット用M+T車ユニットセット

京王5000系用・先頭車セット用T車ユニットセット

京王5000系用・先頭車セット用ヘッドライト・室内灯ユニットセット(2個セット)

京王5000系用・中間車セット用室内灯ユニットセット(2個セット)

鉄ホビカラー・TH02・京王アイボリー

現時点で、弊社直売分についてはM車+T車ユニットセットおよびT車ユニットセットが品切れになっております。ご迷惑をお掛けしますが、追加生産の準備が整うまで、市中の模型店などでお探しいただければと思います。

標準的な京王5000系(4輌編成)を16番鉄道模型として製作する場合は、先頭・中間のキットを各1セットと、M車+T車ユニットセット、T車ユニットセットを各1セット、さらにパンタグラフとしてエンドウのPT42パンタおよび碍子(2基分)、あとカプラーはエンドウから新発売されたエンドウ伸縮カプラーを6個必要とします。これにライトを追加する場合は、2種のライトユニットセットをやはり各1セットお求めください。あと専用の鉄ホビカラーについて、「なんであんなに高いの?」というお客様の声をお聞きしました。これ実は50mlの大ボトル入りなんです...。引き合いに出して申し訳ありませんが、グリーンマックス鉄道カラーは18ml入りですので、その約2.7倍の容量。16番の4輌編成でも1本で十分塗装できるはずです。

20150201220506-750a54b21dff52606186f69f3047c0cd499a940a.jpg

▲1:80の車体と並べて、ボトルの大きさを伝えようとしています。車輌はNゲージじゃありませんよ!

バリエーション展開についてのご要望もすでにたくさんいただいておりますが、今のところ具体的な予定にはなっておりません。むしろお客様の声次第で企画がスタートする場合もございますので、弊社宛のお便りなどでご意見お聞かせいただければ幸いです。

さて、ホビダス事業本部での模型商品と同時進行で、弊社新企画編集部から『鉄道車輌ディテール・ファイル017 京王5000系』も発売となりました。前回の『016 キハ40』につづいて、本と模型商品をリンクさせることで、より皆さんに楽しんでもらうこと。これこそが本来出版社である弊社がオリジナルの模型商品を出す一つの大きな理由です。内容としては...

○カラーグラフ

○京王5000系とは?(概説)

5000系の変遷(次車ごとの特徴を詳説)

○車歴表・編成表

○ディテール・ファイル5022F

○冷房装置の分類

○台車の分類

○生き続ける京王5000系(地方譲渡車について)

...などとなっております。なんとメインコンテンツは弊社の青柳カメラマンが執筆! 何しろ、青柳さんを鉄道趣味に引き込んだ張本人的車輌こそが、地元で鮮烈なデビューを果たしたこの5000系だったのです。まさに渾身の書き下ろしとなっています。「台車の分類」では30種を超える台車のバラエティを、惜しくも2点だけを除いて真横写真を収集。ものすごく資料価値が高いページです。さらに決定版的な資料となる「装備一覧表」は、表組形式で車番ごとに台車、パンタ、クーラーの形式を記載。もちろん台車・クーラーを途中で交換したものについてもそれを漏らさず記してあります。ほとんど執念を感じさせるような熱い一冊になったと、手前味噌ではありますが感じております!

20150201220609-4f0a6be07d1aa838b8a116610dcceaec11df040f.jpg

▲貴重な初期の「ネコヒゲ」時代を含むカラーグラフ。

20150201220630-581841dbaff97920ee8e8c195d6e05f6ca08d6eb.jpg

▲次車ごとに特徴を詳説した「京王5000系の変遷」。

20150201220648-df08410366e5c24cdc6ba05bb2293e3865024618.jpg

▲台車の真横写真だけ28点のコレクション! これが全部5000系で使用実績のあるものというから改めて驚きます。

20150201220709-7a1a76f230b498e69565fa2c7eca50798b280fe7.jpg

▲恐らく後世に残る決定版的資料となりそうな「装備一覧表」。モデラーが作りたい仕様を検討するのにも最適な資料です。

今回の1:80キット製作にも絶対の資料となりますが、もちろんNゲージャーがグリーンマックスのキットなどに取り組む際にも、きっとお役に立つ資料です。ぜひ一度お手に取ってご覧ください!

B5判・84

○定価:1,800円+税

○好評発売中

→ホビダスでの商品ページはコチラ

2015年2月   

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

月別 アーカイブ

「RMMスタッフ徒然ブログ」が携帯電話でもご覧になれます。下記アドレスもしくはQRコードを読み取ってアクセスしてください。
http://rail.hobidas.com/blog/rmm/m

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2016 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.