鉄道ホビダス

2014年9月20日アーカイブ

RM MODELS231号発売!


※お詫びと訂正※
●231号本文記事「JAM2014で見つけたNEW MODEL」内に下記の誤りがございました。
 ・116頁 右段下から2番目の写真見出し
 (誤)「【16番】165系冷房改造車(カツミ)」
 (正)「【16番】181系山陽特急(カツミ)」

以上の通り訂正し、読者の皆様ならびに関係各位にご迷惑をおかけしましたことをお詫び申し上げます。


皆様こんにちは。本日は、9月20日発売の『RM MODELS』最新刊、231号をご紹介します。


RMM231_h1_500.jpg


今月の特集は「鉄路の王者 新幹線」

231_018-019.jpg

今から50年前の1964年10月1日、従来の国鉄路線にない規格、流線型のスマートな車輌とともに颯爽と開業した新幹線。時速200km以上で走り抜ける列車の姿は、日本の鉄道に新時代が訪れたことを人々に強く印象づけました。その後も、新在直通を含む新路線の開業や新形式の導入を続けながら成長してきた新幹線は、世界有数の高速鉄道として日本の鉄道の「顔」となっています。

231_032-033.jpg
▲市販のNゲージ新幹線モデルをベースに、プラ板からの自作部分を組み合わせて作られた952・953形「STAR21」。実車の登場当時、その未来的な姿に憧れたファンも多いだろう。

鉄道趣味の世界でも昔こそ「新幹線は面白みがない」と言われたものですが、路線や車輌形式の増加もあって、現在では鉄道模型においても有力なカテゴリーのひとつとなりました。今回は、東海道新幹線開業50周年を記念して、各方面から新幹線の楽しみ方を大紹介。最新のTOMIX製0系モデルのインプレッション、Nゲージプラ工作で再現した「STAR21」といった車輌記事をはじめ、フロアレイアウトで新幹線の迫力を楽しむ方法や、新幹線ならではの情景を的確に再現したモジュールレイアウト・ジオラマ作品など、新幹線模型の魅力満載でお届けします。

231_040-041.jpg
▲16輌フル編成が直線で収まる圧倒的な存在感と、ため息モノの夜景演出で魅せる新幹線駅モジュール。

まだまだあります「今月の見どころ」

231_JAM.jpg
▲JAM2014会場を彩ったスゴ技情景!
今夏も開催された鉄道模型ファンの祭典・JAMコンベンション。231号では巻頭グラフとして、当日東京ビッグサイトに集ったMP(モデラーズ・パフォーマンス)出展ブースの中から、特に本誌が注目したレイアウト・ジオラマ作品をピックアップ。大判写真でご紹介します。

231_044-045.jpg
▲黄昏の、「俺」ストラクチャー
本誌225号で、独特の世界観に基づく車輌作品を発表された荻原友也氏。今回は同氏がやはり独自のコダワリを持って製作した、ちょっとディープなストラクチャー作品たちをご紹介しましょう。色合いは地味でも、どこか異様な存在感と説得力を感じさせる作品群には、建物ひとつといえども、侮りがたし...と思わせられます。

231_050-051.jpg
▲鉄ホビ・遠州鉄道ED28 2は遊べるのか?
小社「鉄道ホビダス」オリジナル製品として発売された、Nゲージサイズのディスプレイモデル「遠州鉄道ED28 2」。この記事では同キットをベースに、いち早く改造・グレードアップを施した4輌の作例を掲載。これから組立を始める方にも参考にしていただけるでしょう。キットは走行非対応ですが、記事では「ユーレイ」方式で走行可能にした作例もありますよ!


●RM MODELS 231号
●特別定価1,000円+税


お求めはお近くの書店またはブックサービス(株):フリーダイヤル 0120-29-9625 までお願いいたします。

【お知らせ】※RM MODELS オフィシャルFacebookページは、業務都合のため一旦休止させていただいております。ご了承くださいませ

最近の記事

2014年9月   

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

月別 アーカイブ

「RMMスタッフ徒然ブログ」が携帯電話でもご覧になれます。下記アドレスもしくはQRコードを読み取ってアクセスしてください。
http://rail.hobidas.com/blog/rmm/m

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.