鉄道ホビダス

2014年6月アーカイブ

RM MODELS228号発売!

皆様こんにちは、編集部(左)です。
本日は6月21日発売の『RM MODELS』最新刊、228号をご紹介します。


RMM228H1_500.jpg


今月の特集は「大人の鉄道模型入門 ~テーマを決めて楽しみ尽くす~」

古くから大人の高級趣味のひとつとして嗜まれている鉄道模型。最近は車輌製品や線路システムも充実、誰もが手軽に楽しめる趣味となってきました。
鉄道模型の楽しみ方は、車輌の運転をはじめ、コレクションやキットの製作、そしてジオラマやレイアウトの製作など実に多様ですが、その楽しみ方全てに言えるのが、特定した「テーマ」が存在すること。この「テーマ」こそが、趣味としてのこだわりと楽しみを見出すための重要なポイントとなります。

RMM228tokushu.jpg
▲よくレイアウトなどで言われる「タタミ一畳」というサイズ。ことNゲージなら何でもできそうな気がしてしまうが、実際どのくらいなのか? 実際に和室に線路を敷いて検証してみた。

本特集のタイトルでは「入門」と謳っていますが、これから鉄道模型を始めようと考えている方はもちろん、改めて「大人」ならではの楽しみ方を「入門」する意味も込めてお送りします。
よく言われる「タタミ一畳」でできるフロアレイアウトの検証や、様々な楽しみ方を実践しているファンの紹介、フロアレイアウトに組み込めるジオラマの作例、自らオリジナルの鉄道を創作する楽しみ方など、モデルライフを楽しむためのヒントが満載です!

RMM228tokushu-2.jpg
▲いきなり大きなレイアウトは無理でも、フロア運転にワンポイント的に組み込むジオラマはどう? 編集部員自ら製作した「油槽所」ジオラマを例に、その魅力を紹介。


まだまだあります「今月の見どころ」


RMM228-sapporo.jpg
▲四者四様の"市電改"~フジミ・札幌市電3300形から生まれた5輌(前編)
2013年に発売されたフジミ製札幌市電3300形プラモデル。初登場はラッピング仕様の「雪ミク電車」でしたが、車輌自体の作り込みも「本気」で話題を呼びました。今回はこの札幌市電キットをベースに、4人のモデラーが腕をふるった競作作品をご紹介。まずは2作品を掲載します。


RMM228-80kei.jpg
▲元祖湘南電車80系を作る~アクラス製16番プラキット組立ガイド
いよいよ発売となるアクラスの16番・80系300番代プラキット。「実際どうなの!?」と気になっている方も多いことでしょう。RMMでは発売に先駆けて、この新鋭キットのインプレッションを掲載。組立やディテールアップのポイントを解説します。キット購入予定の方は必見!


RMM228-JNMA.jpg
▲第20回JNMA事前リーク情報
毎年夏の恒例行事となったJNMAフェスティバル。記念すべき第20回となる今年は2日間開催となり、多数のメーカーがマニアックなアイテムを取り揃えて出展します。今月号では事務局・各メーカーのご協力を得て、会場発売新製品等の事前情報をお届け。お買い物の参考にぜひどうぞ!


お求めはお近くの書店またはブックサービス(株):フリーダイヤル 0120-29-9625 までお願いいたします。


【お知らせ】
※RM MODELS オフィシャルFacebookページは、業務都合のため一旦休止させていただいております。ご了承くださいませ

最近の記事

2014年6月   

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

月別 アーカイブ

「RMMスタッフ徒然ブログ」が携帯電話でもご覧になれます。下記アドレスもしくはQRコードを読み取ってアクセスしてください。
http://rail.hobidas.com/blog/rmm/m

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2016 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.