鉄道ホビダス

2013年11月アーカイブ

みなさんこんにちは!
寒くなってきた今日この頃、いかがお過ごしでしょうか
先日発売になったRMモデルズ221号を見て熱くなっていただけたら幸いです。

今回は、今月末発売になる新刊2冊をご紹介させていただきます。

0001.jpg

▲『片野正巳の吊掛電車プロファイル~日本の旧性能電車60年358形式の歴史~』(片野正巳 著)

RMM連載「懐かし車輌展示館」でおなじみの片野正巳氏。かつての名著『陸蒸気からひかりまで』『私鉄電車プロファイル』(機芸出版社刊)の流れを受け継ぐ、新たなNゲージ統一サイズのイラスト集です。明治後期から昭和中期まで活躍した吊掛電車たちの歴史を、片野氏のイラスト・解説文でまとめています。

0002.jpg

▲精密なイラストや軽妙な文章に加え、片野氏が撮影した昔の写真も掲載されています。ページ下部の鉄道関連の歴史情報も要チェックです。

0003.jpg

▲「昭和の電車編成万華鏡」のページ。旧型車輌の編成組成を8ページにわたって図解しています。戦前から戦後の関東、関西の省電・国鉄・私鉄電車たちの編成をお楽しみください。

我が国の電車の誕生から吊掛電車最後の世代である国鉄80系まで、358形式を収録している本書。鉄道模型製作の参考にしてください!

【判型】B5判オールカラー
【ページ数】全132頁(オールカラー)
【定価】2,286円+税


0004.jpg

▲『写真とイラストで見る国鉄急行型電車のすべて』

 北陸新幹線の開通を2015年春に控え、最期の活躍を続ける475・457系。国鉄急行型電車たちはついに終焉を迎えつつあります。長距離電車の始祖80系から475・457系まで、その生い立ちを、形式・番代ごとの精密なイラストと全盛期の貴重な写真で振り返るのがこちらの本です。

0005.jpg

▲「急行型電車の面影を訪ねる」。今なお健在の北陸本線の交直流急行型電車や富士急行の2000系をレポートしています。終焉迫る急行型電車の雄姿をお楽しみください。

0006.jpg

▲「国鉄急行型電車図鑑 455・475系」のページを一部ご紹介。形式・番代ごとのイラストと文章のみでなく、往時の写真も目を楽しませてくれます。

0007.jpg

▲国鉄急行型電車の栄光の時代の編成、ご存知でしょうか。最盛期の編成を、イラストで振り返ります。

戦後の電化区間を駆け抜け特急列車を補完した64形式217タイプの国鉄急行型電車を扱った本書、ぜひお手に取ってご覧ください。

【判型】A4判オールカラー
【ページ数】全100頁
【定価】1,238円+税

全国の書店でお買い求めいただけます。
通信販売はこちらから

nekoichi-001.png
▲今週末11月30日(土)、12月1日(日)はネコ・パブリッシング本社1階でネコ市開催です。通常のホビダスダイレクトおよび鉄ホビで扱う製品がセール価格で販売するほか、『RM MODELS』バックナンバーB本など取り揃え中です。
詳しくはこちらから

daina01.jpg


全国高等学校鉄道模型コンテスト実行委員会が、来年へ向けて高校生への参加の呼びかけなど「鉄道模型コンテスト」の啓発活動の一環として、ショッピングモール「小田原ダイナシティ」にて、作品展示及びミニジオラマ工作教室のイベントを開催しました。今日はその様子をお知らせいたします。


daina02.jpg
▲鉄道模型コンテスト参加作品以外にも16番の運転体験コーナー(手前エンドレス)やポポンデッタによる、中古・ジャンクNゲージ車輌などの模型・グッズ販売も行なわれた。

今年の夏に行われた「全国高等学校鉄道模型コンテスト2013」では、女子生徒の活躍が注目されました。実行委員会では将来的に「鉄道模型が家族で楽しめる共通の趣味」になることを願い、今まで鉄道模型には触れたことのない女子学生達へ、鉄道模型に関心をもってもらうとともに、来年以降の「全国高等学校鉄道模型コンテスト」へ関心もってもらうため、今年、上位に入賞した女子による作品を展示。会場では最優秀賞受賞校と優秀賞受賞校の二つの女子校から現役部員たちも駆けつけ、作品の説明や親子ミニジオラマ工作教室のサポートにあたるなどしました。


daina03.jpg
▲最優秀賞を受賞した横浜富士見丘学園 地理研究部の作品と同部の昨年の作品。


daina04.jpg
▲左から大阪女子短期大学高等学校、共立女子中学高等学校(昨年の作品)、東京女子学園のモジュールレイアウト。


daina031.jpg
▲白梅学園清修中高一貫部の今年と来年の作品。


daina021.jpg
▲16番のレイアウトは4線のエンドレスを用意。「西村企画」の手により外側2線では体験運転コーナーを。内側2線では「相模大野模型クラブ」の有志により展示運転が行なわれた。


daina08.jpg
▲親子向け「ミニジオラマ工作教室」では最優秀賞受賞校と優秀賞受賞校の生徒たちが工作をサポート。Nゲージのミニジオラマを完成までのレクチャーが受けられ、持ち帰れる。(工作体験は有料:2,700円)


netto011.jpg
▲「全国高等学校鉄道模型コンテスト2013」のすべてを記録した『熱闘 鉄道模型』、会場でも発売中。


会場では「全国高等学校鉄道模型コンテスト2013」のアルバム『熱闘 鉄道模型』、模型的情景や模型車輌の資料に最適で、コンテストにも参加の関東学院六浦中学校・高等学校の江ノ電レイアウトが掲載される『江ノ電模「景」』も販売中です。


このイベントは明日、11月24日(日)も同じく「小田原ダイナシティ・イースト」1階吹き抜けにて10時より17時まで行なわれます。

小田原ダイナシティ・イベント情報はここから
小田原ダイナシティ・アクセス情報はここから


それではまた。

RM MODELS 221号発売!

『RM MODELS』221号では特集:「年末、狙い目のモデルはコレだ!」と題しまして年末に向けて予定される各社入魂の目玉商品から、編集部が厳選した数々のアイテムをピックアップし、みなさまの「物欲」を刺激いたします!


RMM221.jpg


RMM221-2.jpg

KATOからはHOモデルのE5系〈はやぶさ〉と、注目のNゲージモデル飯田線の旧型国電 、TOMIXでは16番の〈トワイライトエクスプレス〉などプラ量産メーカー各社の新製品のほか、1番ライブスティームメーカー・アスターホビーの製品をご紹介。さらに、10月に行なわれた全日本模型ホビーショー、11月の日本鉄道模型ショウ2013をレポートいたします。欲しい!と思う製品をたくさんみつけて今後の趣味生活を充実させてください!


★まだまだあります「今月の見どころ」

●第2特集「三重のナロー電車たち」
221_124-125mie.jpg
 今回第二特集として、三重交通に端を発するナロー電車の今昔を二人のモデラーが魅せます。また、往年の三重交通松坂線、北勢線、内部・八王子線、湯の山線実物写真も多数掲載。

●「PREMIUM16 EF13〔造形村〕」
p14-15.jpg
 人気の「PREMIUM16」では、造形村のスーパーレールシリーズの第3弾として登場したEF13凸型を取り上げます。本形式は第二次大戦末期の1944年に登場した機関車で31輌が製造されました。
記事では製品への基本的なパーツの取り付けからディテールアップまで、EF13の遊び方を紹介します。

●「庭園鉄道はじめました!スペシャル」
p142-143.jpg
 編集部スタッフが自宅庭にGゲージの庭園鉄道を敷いてゆく不定期連載。今回は既にGゲージを楽しんでいいらっしゃるお庭に訪問。ひとつは箱根・仙石原の「ガーデンレイルウェイ・カフェ」、そして横浜の個人宅へも訪問いたします。


●「昭和幻灯館 青梅駅周辺ジオラマ」
p4-5.jpg
昭和レトロをコンセプトにしたテーマ博物館「昭和幻灯館」に、昭和30~40年代の青梅の街並みを再現したNゲージジオラマが登場しました。そのジオラマの製作現場の写真を交え紹介いたします。


今号も内容盛りだくさんでお送りいたします。
『RM MODELS』221号のお求めはお近くの書店またはブックサービス(株):フリーダイヤル 0120-29-9625 までお願いいたします。
インターネット通信販売はこちらから

 1925年12月25日~1989年1月7日までの長きに渡り続いた昭和。そんな昭和の時代を生き抜いた古い建物や街並みが、現在もまだ全国に点在しています。

 時代の流れに応じるかのように、それらも加速度的に姿を消しつつある感は否めませんが、失われる前に訪れ・留めておきたいという視点から、全国に残る風情あふれる街並みをまとめたムック本『昭和 街並探訪』が11月5日に発売されました。


NTTM13-s.jpg


 この夏、東京・お台場のビッグサイトで開催された「第5回全国高等学校鉄道模型コンテスト」。その全出場校の作品と、コンテスト会場での出場学生たちの様子などをアルバム的にまとめた別冊が発売となりました。

nettm001.jpg
▲上位入賞校は1ページごとの紹介。


 今年は全国から111校の出場校を数え、約2100名がビックサイトの会場に集結しました。
 特に女子の活躍が目覚ましく、最優勝受賞校をはじめ上位入賞校中3校が女子校です。
 そんな、明日の鉄道模型の世界を担う若者たちの斬新で柔軟な発想から繰り出される独創的なジオラマ、レイアウト作品を紹介。また今年の最優秀賞を受賞した横浜富士見丘学園の生徒たちへ、、鉄道ジャーナリストの史絵.さんがジオラマ製作の苦労や込めた思いなどインタビュー。

nettm006.jpg
▲賞の順位にかかわらずリアルな作品をグラビア調にピックアップした「情景旅行」のコーナー。

nettm003.jpg
▲一畳レイアウトの部門も作品と部員の集合写真などを掲載。

nettm0051.jpg
▲来年の参加を目指す高校にも役立つテクニックコラムは必読の内容。


 このほか、来年出場を目指す高校生へ向けたテクニック・コラムや出場方法の案内、歴代出場校入賞内容など今後出場を目指す学校の生徒にとっては必携の内容となっています。


『熱闘 鉄道模型』
B5判
1,143円+税

【判型】B5判
【ページ数】全100頁(うちカラー84頁)
【定価】1,143円+税
全国の書店・模型店で発売中です。
通信販売はこちらから

kamata2013-A.jpg
▲会場の大田区産業プラザ(PIO)1階大展示ホール。写真は11月1日の夕方時点で、設営が終わった頃。

明日11月1日より日本鉄道模型連合主催の日本鉄道模型ショウが大田区産業プラザ(PIO)にて開催されます。設営中の会場をちょっとのぞいてきましたので、まだスタッフが残って作業していたブースに写真を撮らせてもらったので、ご紹介しましょう。

kamata2013-B.jpg
▲アルモデルのブースより、「雨宮2軸ガソリンカー(16番)」を会場より新発売。

kamata2013-C.jpg
▲ポポンデッタのブースより、JAM会場で発表になったNゲージ貨車ワキ5000の試験塗装などをはじめ、「ポポンデッタクラフト」の樹木シリーズなどを販売。


kamata2013-D.jpg
▲モーリンのブースより、16番用トンネルポータルやコンクリート橋脚、橋台各種を販売。


kamata2013-E.jpg
▲さかつうのブースより、バックマン製のアルコ2-6-0蒸機、と0-6-0サイドタンク蒸機を炭鉱鉄道風に軽改造した見本を展示。


kamata2013-HI.jpg
▲いこま工房のブースより、阪急や富山地鉄など特製品各種を販売。


kamata2013-H.jpg
▲天賞堂のブースより、プラ製16番、コキ5500やEH10、EF57を展示。そのほか発表したばかりのキハ58も展示。

kamata2013-G.jpg
▲韓国から初登場のメーカー先進精密。1:16スケールのビックボーイを参考展示。ひときわ目立っていた。


■■■■■イベント データ■■■■■

第34回 日本鉄道模型ショウ2013
会場:大田区産業プラザ(PIO)
 1階大展示ホール

所在地:東京都大田区南蒲田1-20-20
交通:京浜急行蒲田駅東口より徒歩4分
   JR京浜東北線蒲田駅より徒歩12分

日程:11月2日(土)10:00~18:00
    11月3日(日)10:00~17:00
入場料(当日券):1000円
*保護者同伴の小学生以下無料


以上、第34回 日本鉄道模型ショウの会場からでした。

こんにちは、(み)です。本日は11月末に発売が予定される『ジオコレ完全マニュアルvol.4』の取材も兼ねて、埼玉県さいたま市にあるTOMIX WORLD(トミックスワールド) ~TEC STATION(テックステーション)~に行ってきました。


DSCF0034.JPG
▲JR大宮駅西口から徒歩でおよそ3分、「大宮センタービル」の1階にTOMIX WORLD はある。ビル街の谷間なので、初めてだとちょっとわかりにくいかも。

TOMIXのショールームとサービスセンターを兼ね備えた役割を持つTOMIX WORLDは、今年4月に埼玉県さいたま市の大宮駅にほど近い場所に誕生しました。大宮と言えばJRの東北・上越新幹線をはじめ、東北本線(宇都宮線)、高崎線、湘南新宿ライン、京浜東北線、埼京線、川越線、そして東武野田線、埼玉新都市交通が交わる交通の一大要衝。駅からは徒歩圏と、アクセスも至便な立地です。

店舗の外観は控えめな感じですが、一歩足を踏み入れるとそこは鉄道模型ファンならずとも心躍る、魅力的な展示であふれています。

DSCF0090.JPG
▲店内に設置された体験運転用のNゲージレイアウト。TOMIX自慢の特急列車など各種の列車を自分で運転することができる。

DSCF0094.JPG
▲壁面には多彩なTOMIX製品(Nゲージ・16番)が端から端までズラリと並ぶ。もちろん在庫があるものはその場で購入することが可能。

DSCF0098.JPG
▲TOMIXと同じトミーテック発売の「ジオコレ」製品ももちろん豊富に取り揃え中。現在は企画展示として、過去のバスコレ製品を一堂に並べて展示中。

 これまで常設ショールームのなかったTOMIXにとっては満を持して誕生したTOMIX WORLD。単にTOMIXやジオコレといったトミーテック製品を展示販売するのみでなく、Nゲージ体験運転レイアウトの設置やジオラマ作例などの展示、オリジナル品の発売や修理受付など幅広く対応しています。また、ショーで展示されるような発売前製品の試作品を見ることができるのも大きな魅力です。

DSCF0092.JPG
▲オリジナル品の販売や修理対応など、サービスセンター的な役割を果たす"TEC STATION"は修学旅行電車を模したモックアップ内に設置される。右側の多目的ホールでは「ジオラマ製作教室」などが開催される日も。

 TOMIX WORLDでは、修学旅行電車をかたどったモックアップの中に多目的ホールを設け、「ジオラマ製作教室」「Nゲージ車輌組立教室」といったイベントも随時行なっています。事前予約制(定員になり次第受付終了)ですが、参加費用は材料代・受講料込みながら大変にリーズナブル。詳細はウェブページでご確認ください。


DSCF0105.JPG
▲TOMIX WORLD ではこんな意外なお土産も。「カステラ焼(カスタードクリーム入)」。8個入735円。

TOMIX WORLD ~TEC STATION~
トミックスワールド ~テックステーション~

■営業時間
平日 12:00~20:00
土・日・祝日 11:00~19:00
■定休日:火曜日(ただし祝日の場合は営業)
■場所:埼玉県さいたま市大宮区桜木町1-9-6 大宮センタービル1F
■URL http://www.tomixworld.jp/


DSCF0102.JPG
▲大宮駅西口をできるだけ南側(上野方向)から出て、まずは「そごう」を見つけることが早道。そごう右側のデッキを進み、突き当たりより左方向(ソニックシティと反対側)の階段を降りれば「大宮センタービル」まですぐ。

2013年11月   

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別 アーカイブ

「RMMスタッフ徒然ブログ」が携帯電話でもご覧になれます。下記アドレスもしくはQRコードを読み取ってアクセスしてください。
http://rail.hobidas.com/blog/rmm/m

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2016 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.