鉄道ホビダス

2012年12月15日アーカイブ

こんにちは、編集長はねへんです。ちょっと時間が経ってしまいましたが、先月11月4日、岩手県奥州市で開催された「鉄道フェスタ2012 in Zホール」に、RMMとしては初めて取材に行ってきました(当日Facebookでも軽く触れています)。このイベントの主催は「岩手鉄道模型仲間の会」。16番とN、両方を楽しんでいるクラブで、会員にはJR東日本の職員の方もいて、展示の規模やクオリティも、一地方の枠を超えた立派なものでした。その模様は、12月21日発売のRMM210号でレポートしていますので、お楽しみに!

20121215_01.jpg
お店は白亜の二階建て。入り口の踏切警報機・遮断機は多分本物を移設したものでしょう。

さて、その取材ついでといっては失礼ですが、同市内にある有名なショップ「宝島模型」さんにもお寄りしてきました。HPによると「『もけい』のことなら宝島模型」とあるように、鉄道模型だけでなくRC、プラモなどまで取り揃えた総合模型店です。実は前述の「岩手鉄道模型仲間の会」もこちらのお店には非常にお世話になっているそうで、クラブ所有の器材類を、敷地内の物置に収納させてもらっているとか。このあたり、スペースに恵まれた地方ならではかもしれませんが、それでもどこのお店でもできることではないでしょう。

20121215_02.jpg
2階に設置されたNゲージレイアウトは、お客様が利用できるもの。

20121215_03.jpg
同じく2階では16番レイアウトも建設中。

お店は駅からは少し離れた街道沿いにあり、駐車スペースもたっぷり。建物は2階建てのかなり大きなもので、1階が店舗、2階にはお客様が使えるNのレイアウトなどがあります。同時に16番のレイアウトも工事中でしたので、近々両スケールが楽しめるようになることでしょう。

20121215_04.jpg
Nゲージ完成品が多数陳列されたガラスケース。

20121215_05.jpg
中古品も扱っているので、こまめにチェックしたくなります。

お店は社長ご夫妻と息子さんの3人で切り盛りしており、現在は息子さんが張り切って主に店頭に立たれているそうです。お母様にお話を聞くと、「創業して今年で33年だったかしら。最初のお店は10坪、次に30坪、今は2階を入れたら100坪よ。これもみんなお客様のお蔭ね」と感慨深げに語っておられました。

20121215_06.jpg
レイアウト用品は、TOMIX、KATOを中心に各種取り揃え。

鉄道模型の品ぞろえは、N、16番のプラ製完成品が中心で、新製品は予約販売がメイン。線路・シーナリー関係も充実しているあたりは、やはりスペースに恵まれたお宅が多いからかな?と想像します。また、塗料や接着剤、工具の品ぞろえもご立派です。特に、プラモも扱っている強みで他ジャンルの塗料が揃っているので、意外な色を発見したりする楽しみもあるでしょう。

20121215_07.jpg
塗料の品ぞろえは一見の価値あり。各種ブランドから選べます。

20121215_08.jpg
工具類も豊富な品ぞろえ。

地元モデラーにとっては頼りになる本拠地。そして、他の地方のモデラーにとっても、もし鉄道撮影などでクルマで近くまで行くことがあれば、ぜひ訪ねてみてください。きっと何かめっけものが見つかりますよ。

SHOPデータ
●所在地 〒023-0841
 岩手県奥州市水沢区真城字中林63-1
●電話・FAX 0197-25-4129
●営業時間 10:00~19:00
●定休日 毎週火曜
●URL http://users.catv-mic.ne.jp/~misomiso/

2012年12月   

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

月別 アーカイブ

「RMMスタッフ徒然ブログ」が携帯電話でもご覧になれます。下記アドレスもしくはQRコードを読み取ってアクセスしてください。
http://rail.hobidas.com/blog/rmm/m

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.