鉄道ホビダス

2011年3月アーカイブ

white.gif

 3月11日の震災は甚大な被害をもたらしました。編集部一同、衝撃を受け、言葉もありません。心ならずもお亡くなりになった方のご冥福をお祈りすると共に、もしも今もまだ瓦礫の下で救助を待っている方に、一刻も早く救いの手が差し伸べられることを願っております。

 また幸い被害の少なかった方も、しばらくは趣味どころではないかもしれません、ですがいつかきっとまた楽しい話題で語り合える日が来ることを信じて、いつまでも私どもはお待ちしていたいと思っております。

 このような中、当社を案じてくださる方もたくさんいらっしゃいました。幸い私どもに大きな被害はありませんでした。そのような中で、微力ながら私どもに何ができるか、考えていきたいと思っております。

 最後に繰り返しになりますが、編集部一同、一刻も早い復興を心からお祈りいたします。

平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震で罹災された皆様に、謹んでお見舞い申し上げます。


広告担当800です。
 今回は、西多摩地区にオープンする、レンタルレイアウト店の紹介です。その名も「ファインクラフト」。Nゲージのレンタルレイアウトと一部販売も手がけるそうです。
 場所は西多摩郡瑞穂町、最寄り駅はJR八高線箱根ヶ崎駅か、JR青梅線の羽村駅ですが、やや距離がありますので、無料駐車場を利用して車で.......。おっと急いてはいけません。「ファインクラフト」は4月中旬のオープンに向けて開店準備中。現在レイアウトの製作が急ピッチで行われているのです。


RIMG0233.jpg

RIMG0240.jpg


 詳細はこちら。http://finecraft-ekicho.blogspot.com/ 
 駅長さんブログはなんと毎日更新。作業の進捗状況が手に取るように分かりますね。

詳細は、「ファインクラフト」ホームページか、3月19日発売RMMODELS 189号をご覧ください。

住所 東京都西多摩郡瑞穂町箱根ヶ崎西松原12-29
電話/FAX 042-556-3085
ホームページ http://www.n-finecraft.com

 こんにちは、副編まるはねです。本日のブログは、京都にオープンした新しい鉄道模型施設について、地元の高橋 脩ライターが取材に行ってくれましたので、その模様をお届けしましょう。

20110305_01.jpg
レイアウト中央部に設置されている橋から見た光景。このEF66から体験運転ができるのは嬉しいことだ。

去る2011年3月1日、嵯峨野観光鉄道トロッコ嵯峨駅に隣接している日本最大級のジオラマ付きレイアウト「ジオラマ・京都・JAPAN」がオープンしました。このレイアウト施設は嵯峨野観光鉄道のお客、嵯峨・嵐山観光に来られたお客が楽しく過ごせるように、トロッコ嵯峨駅の無料休憩所横に設置されています。

20110305_02.jpg
嵯峨野観光鉄道トロッコ嵯峨駅の入り口。案内板に従い進むと巨大レイアウト施設が見えてくる。

20110305_03.jpg
EF66の運転台から見たレイアウト。ダッシュボード部には小型テレビが取り付けられ、現在運転している機関車からのカメラカーの映像が見ながら運転することができる。

施設の利用料金は横にある「鐵風感」のSL展示場と共通で大人500円、子供300円。レイアウトのスケールは1:80、16.5mm(16番)、大きさは上側(212㎡)と地下線(ヤード部72㎡)を合わせて284㎡となっており、これは前述したように日本最大級(編註:ちなみに大宮・鉄道博物館のレイアウトは約200㎡)。

20110305_04.jpg
昔の嵯峨駅をモチーフにした駅。手前のバスは自動で動くシステムになっている。

20110305_05.jpg
梅小路蒸気機関車館がモチーフとなっている情景。

最大の特徴は実物のEF66を今回の施設用に改造した運転台が2台用意されているところです。この運転台は有料で(3~4名で15分1,000円)目の前に広がる大レイアウトを走るブルートレインを運転することができます。なお、EF81のマスコンとブレーキを使った運転台も用意されており、こちらはコイン式で手軽に体験運転ができるようになっています。

20110305_06.jpg
コイン式の体験運転台。6台設置されているコントローラーはEF81のマスコンとブレーキが使われている。

20110305_07.jpg
レイアウト中央部に設置された橋。この手のレイアウトを上から見られるのは貴重な体験だ。

レイアウトの中央部には橋が架けられており、この手のレイアウトでは珍しく、上からレイアウトの情景を楽しむことができます。
詳しくはRMM189号でご紹介しましょう。

「ジオラマ・京都・JAPAN」
●所在地:嵯峨野観光鉄道トロッコ嵯峨駅(JR嵯峨嵐山駅に隣接)
●TEL:075-861-7444(自動音声案内)、075-871-3997(直通電話)
●営業時間:9時~17時30分(最終入場は17時)
●営業期間:3月1日~12月29日(水曜日定休)
●入場料金:大人一般500円、子供一般300円
(各種割引料金設定あり)

PHOTO & TEXT:高橋 脩

嵯峨野観光鉄道公式HPはコチラ

2011年3月   

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

月別 アーカイブ

「RMMスタッフ徒然ブログ」が携帯電話でもご覧になれます。下記アドレスもしくはQRコードを読み取ってアクセスしてください。
http://rail.hobidas.com/blog/rmm/m

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2016 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.