鉄道ホビダス

RM MODELS 188号発売!

RM MODELS188号(2011年4月号=2月21日発売号)の特集は、『コンテナ、気になるあれこれ!』です。

今や完全に貨物列車の主流であるコンテナ列車。目にする機会も多いですが、よくよく考えてみると、実は知らないことばかり!? 今回の特集では、そんな素朴な疑問に答えつつ、コンテナ最新事情に迫ります。


冒頭では、貨物列車最新のトピックスである、EF510-500番代が牽引するコンテナ列車のサイドビューをお送りします。これは昨年末より従来のEF81に代わって常磐線方面の貨物列車で運用が始まったもので、これまでと違い、〈北斗星〉〈カシオペア〉といった特急塗装機が新たに貨物列車の先頭に立つようになったのです。そして企画としては、ある日の2095レ、カシオペア機が先頭に立った列車を、コンテナの種類まで極力忠実にNゲージで再現してみました。コンテナ製品がこれだけ充実している中、容易にコトが進むかと思いきや意外な落とし穴が...(この先は誌面にて!)


rmmEF510.jpg

アイコムから好評発売中の、「光るコンテナ」や「ISOタンクコンテナ」を使ったクラフト記事もあります。そして特集中最大のボリュームを占めているのが、「JR世代のコンテナ製品カタログ」として、現在入手可能な現代(JR化以後)のコンテナの総カタログをお送りします。全アイテム写真付き、総点数213点! 圧巻の保存版的資料となっています。

cotalog.jpg


★まだまだあります「今月の見どころ」

●下北南部電鉄モジュール作品集 PART2
本誌187号でPART1をお届けし、大きな反響を呼んだHO電化ナローのモジュール作品集。今回も4名4作品について、たっぷり大判の写真をフル活用し、グラフィカルにお届けします。架空の「下北南部電鉄」について、徹底的な実物的設定を行ない、どの情景もまるで実在するような説得力をもって構築されているのが見どころです。なお、当初2回連載の予定としていましたが、誌面の都合により、あと1回、続きます。


記事中 106ページから109ページまでの稲生町モジュールの動画は「今日の一枚The Movie」

nannbu.jpg

●DD13改造ミーティング PART1
トラムウェイから発売となったプラ製16番のDD13。高いコストパフォーマンス、良好な走行性、加工に向いた製品仕様などから、モデラーの食指が動くアイテムです。誌面で呼びかけた競作に、9名のモデラーが応えてくださり、計10作品が集まりました。今回はPART1として6作品をお送りします。


DD13.jpg


●ロクハンレール「クラシックトラック」で作った!テーブルトップレイアウト
昨年末にロクハンより市販が開始された、Zゲージ用の本格的システムレール「クラシックトラック」。果たしてそのポテンシャルは、そしてZゲージの将来性に及ぼす影響は...? ということで、さっそくこのレールを使ったレイアウトの製作レポートをお送りします。テーブルトップサイズで複雑なプランを組むことができ、ある程度の長編成が可能なのはやはりZならでは。新しい魅力を発見してください。


Zge-ji01_edited-1.jpg


rmmodels188.jpg
●A4変形国際判・196ページ
●1,100円(税込)
●2011年2月21日発売
お求めは全国の書店さん、またはホビダスの通販でも購入できます。

2011年2月   

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28          

月別 アーカイブ

「RMMスタッフ徒然ブログ」が携帯電話でもご覧になれます。下記アドレスもしくはQRコードを読み取ってアクセスしてください。
http://rail.hobidas.com/blog/rmm/m

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.