鉄道ホビダス

RM MODELS 181号、発売中です!

全国的にほぼ梅雨が明けたようですね。いきなりの酷暑で、体調を崩されている方にはお見舞い申し上げます。さて、毎月21日頃にお届けしている恒例の新刊紹介、RM MODELS181号(2010年9月号)の内容をお知らせいたします。

20100722_01.jpg

●特集「現場のプロの情景作り~鉄道マンだからできる、こだわる、鉄道標識&表示類設置法」
今回取り上げたのは、Nゲージクラブ「奥武蔵鉄道道楽会」の皆さんが作った電車用のヤードモジュール。実はこのクラブの会員には電車の運転士さんや鉄道の助役さん、構内作業の関連会社社員の方など、まさに鉄道現場を知るプロの方が多いことから、ヤードを作る以上はそのプロの目から見ておかしくないもの、理に適ったものを作りたいという思いがあったとのこと。例えば架線の電流を部分的にカットする「断路器」や、架線終端部に見られる「線終端標」など、普段我々ファンレベルでは視野に入っていても見落としているようなものまで、今回の特集ではその存在理由とともに、設置のルール、模型化のヒントなどが語られています。極力「何も知らない」方でも理解できるよう、噛み砕いた文章を書いていただきましたので、きっと目からウロコ、模型化実寸図まで入っていて、保存版としてお役立ていただける一冊となっております。

20100722_02.jpg

20100722_03.jpg

20100722_04.jpg

●キハ40・48で遊ぼう!
今年春にTOMIXから発売となったキハ48、および昨年発売されたキハ40をベースに、素敵な作品として仕上げた記事を載せました。北海道在の二人のモデラーさんが作った作品で、一つはかつて急行〈宗谷〉で活躍したキハ400・480、もう一つは、そのキハ400系が急行運転終了後、格下げ改造されて現在札沼線で活躍しているキハ40 330、キハ48 1330としたもの。窓埋めや屋上の冷房取付などが目立つ改造点で、他に細かいディテールアップも施しています。また2作品とも塗装が抜群に美しく、その独特のマスキング法について、今回途中写真付きで記事をお届けいたします。

20100722_05.jpg

●第16回JNMAフェスティバルレポート
7月4日に行なわれた、恒例のJNMAフェスティバルのレポートももちろん掲載! ガレージキット、特製完成品、そして様々なアイデアが見られるパーツやレイアウト用品まで、目移りしそうなブース群のうち、今回は実に58ブースを取り上げています。あの熱気ムンムンな会場の雰囲気をお届けできたらと思います。

20100722_06.jpg

●なる早モデリングSPECIAL「JR西日本新地域色作品集 第1弾」
昨年秋からJR西日本管内で始まった国鉄時代からの引継ぎ車輌に対して行なわれている地域単位での単色塗装。今回は第1弾として、これまで投稿いただいた読者作品から、北陸地域色の475系。広島地域色の115系2種。和歌山地域色の105系を紹介いたします。

20100722_07.jpg

●関西私鉄キャンペーンPart4「阪急電車に見せられた男たちがここにも!」
去る5月1~3日、大阪・梅田にある梅田スカイビルで開かれた「鉄道カーニバルin新梅田シティ」の会場で、阪急沿線を再現したモジュールレイアウトを展示公開した阪急モジュールレイアウトクラブ(HMC)。関西私鉄キャンペーン4回目となる今回は、このHMCの阪急沿線モジュールレイアウトを詳しくご案内いたします。 

20100722_08.jpg

●東京鉄道クラブ運転会レポート
Nゲージのプラ製品に慣れ親しんだ世代である20~30代の人達にとって、最近のプラ量産品モデルが充実しつつある16番の状況は、自然と"改軌"しやすい状況と言えます。そんななかプラ製品ベースに旺盛に車輌改造を行なう若いメンバーが多数所属している、異色16番ゲージクラブ「東京鉄道クラブ」の運転会にお邪魔してきました。

20100722_09.jpg

●New Model PREMIUM
今月は、E259系、小田急9000形、313系8500番代、伊豆急2100系、キハ140系〈はやとの風〉他、300系新幹線を取り上げます。今回は、奇しくも室内シートへの色入れや人形を乗せるという作例が複数見られました。確かに、最近の製品では外観的にはアマチュアレベルが手を入れられる箇所は極めて少なく、おのずとこういう方向に目が向くものかと思われます。人形を乗せて室内灯も点ければ、これはどんなディテールアップよりもわかりやすい個性化になるでしょう。レンタルレイアウトなど、人目に触れる場での運転では、それが何より効果的かもしれません。

20100722_10.jpg

レンタルレイアウトと言えば...今月は付録つき! 昨年、本誌で特集した「レンタルレイアウト120%活用法」は、たいへんご好評いただきました。そこで今回、日本全国の時間貸しレイアウト店を一堂に集めた小冊子『レンタルレイアウトガイド2010』を制作しました。掲載店舗は全82店。自慢のコレクションも、たまには眺めるだけでなく運転させてあげたいもの。より一層の趣味の充実に、貸レ屋さんはアリな選択肢ですよ!

20100722_11.jpg

20100722_12.jpg

RMM181号は7月21日より発売中です。付録付きで特別定価1,300円。全国の書店、模型店などでお求めください。
また、鉄道ホビダスによる通販も承りますのでどうぞご利用ください。

2010年7月   

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

月別 アーカイブ

「RMMスタッフ徒然ブログ」が携帯電話でもご覧になれます。下記アドレスもしくはQRコードを読み取ってアクセスしてください。
http://rail.hobidas.com/blog/rmm/m

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.