鉄道ホビダス

忘れられたターミナル 汐見橋駅

siomi001.jpg

先日、関西Nゲージ合同運転会の取材に行く途中大阪の街に立ち寄りました。昨年関西圏の交通地図を塗り変えた、阪神なんば線や京阪中之島線の開業。そんな新規開業線に乗りながら向かったのが南海電鉄の汐見橋駅です。

siomi002.jpg
▲頭端式のプラットホームへと続く駅出入口。電車は日中30分おきに発着する。

siomi003.jpg
▲昨年開業した阪神なんば線桜川駅は汐見橋駅のほぼ直下、出入口も隣に接するものの駅名は汐見橋駅より東寄りに以前からあった大阪市営地下鉄千日前線の桜川駅と同一とした。


siomi004.jpg
▲時代を感じさせる駅舎内部には昭和30年代の南海の路線網を案内する「観光案内図」が。

siomi005.jpg
▲左隅には「この地図は昭和30年代のもので・・・」と言う断りが。

siomi006.jpg
▲現在では使われなくなり掲示板に塞がれてしまった出札窓口。

この汐見橋駅は同駅から岸里玉出までを結ぶ、南海電鉄の通称汐見橋線の始発駅です。本来は南海高野線の一部で、現在も名目上は高野線の起点となっています。しかし、1985年の南海本線の大阪市内連続立体化で、岸里玉出を境に高野線と線路は分断され、南海本線との回送用の連絡線を残し、運行は完全に独立したものとなって現在に至ります。
現在のたたずまいは高野山への玄関口というよりもローカル線の終着駅のような雰囲気なのです。

siomi008.jpg
▲高速道路やビルなど、都会の建造物に埋もれてしまいそうなプラットホーム。



▲岸里玉出との間を結ぶ30分おきの電車。車輌は2200系、通称「角ズーム」現在は専ら支線区の主。

 汐見橋駅がターミナルとしての機能を失ったのは、高野線の前進、高野鉄道が南海鉄道と合併したことによります。1925年、岸里(現在の岸里玉出)に高野線から南海本線難波方面への連絡線を設置、このときに高野線のほとんどの列車が大阪中心部に近かった南海難波発着に変更され、それによって汐見橋駅の玄関口としての機能は失われたと言えます。
 現在の駅舎は戦後に建てられたもので、その完成時点にはこの駅のターミナルとしての機能はなく、戦前から名実ともに南海各線の玄関口として機能していた難波と比べると、駅舎の作りはあまりにも質素。しかし、駅舎の内部や隅にはかつて南海の2大幹線の一方の玄関口であったことを示すように、大きな観光路線図や趣のある出札窓口が今も残り、この駅の過去を物語っています。

siomi009.jpg
▲通称汐見橋線の沿線は下町風情の残る住宅や小さな工場が密集する町並みを走る、どこか長閑な路線。将来新線の開通でこの路線も幹線に戻れる日が来るのだろうか。


将来この汐見橋駅を含め汐見橋線をルートの一部に組み込んだ通称「なにわ筋線」構想があります。これは大阪市を南北に縦断する「なにわ筋・新なにわ筋」の地下を通り大阪のキタとミナミ結ぶ鉄道線の構想なのです。現段階では南海難波へ接続させる意見もあり、必ずしも汐見橋につなぐとも限りませんが、もしもこの路線が開通すれば、阪神西大阪線がなんば線に発展し幹線になったように、汐見橋線も幹線へ返り咲く日が来るのでしょうか。

2010年5月   

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

月別 アーカイブ

「RMMスタッフ徒然ブログ」が携帯電話でもご覧になれます。下記アドレスもしくはQRコードを読み取ってアクセスしてください。
http://rail.hobidas.com/blog/rmm/m

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.