鉄道ホビダス

グリーンマックス・ザ・ストアーPartsProShop 横浜店オープン

GM-Y01.jpg


Nゲージ車輌派モデラーの強~い味方となってくれる、メーカー系ショップのグリーンマックス・ザ・ストアー Parts Pro Shop。久々の新店舗として、横浜店が1月16日にオープンします。


GM-Y09.jpg


▲場所は横浜駅みなみ西口最寄り、横浜ビブレや東急ハンズが建ち並ぶエリアの一角。
そう、このエリアといえば近年急激に鉄道模型専門店の出店が相次いでいる激戦区で、
ざっと数えて6店舗もの鉄道模型店が狭いエリアに共存する場所なのです。


 

GM-Y10.jpg
▲店舗スタッフの南條店長(右)、小出スタッフ。


そんな、激戦区ともいうべきエリアに出店することについて、南條店長を始めスタッフの方に伺うと、
「横浜駅は神奈川県内の各地からのアクセスは抜群ですし、いろいろなショップさんが出店されていることで、各お店を見て回るお客さんの流れがあり、それがこのお店にも来てくれればと思います。」


「当店は車輌パーツ中心の商品構成なので、おのずと車輌系モデラーの方の利用が多くなると思います。また、お店の性格上、線路は扱っていないのです。その点、先に出店してらっしゃる周辺の店舗さんは、レイアウトシーナリー系、外国型、16番モデルなどそれぞれ個性と強みを持っていますので、お客様は必要に応じて、お店を選んで回ってくれることでしょう。単純に競合と言うより、お客様には鉄道模型の全てがそろう便利なエリアとして認識していただいて、その中の一つが当店であればと思っています。」


GM-Y02.jpg
▲そしてParts Pro Shopとしては初の試みとなるレンタル工作スペース「アトリエ」。


GM-Y03.jpg
▲鉄道模型としては業界初? レンタル塗装スペースも完備。近所や家族に気兼ねする塗装環境から開放されることだろう。


さて、この「グリーンマックス・ザ・ストアー Parts Pro Shop 横浜店」の大きなウリの一つに「アトリエ」と称したレンタル工作スペースがあります。
ここは1工作台30分/300円から利用可能で、標準貸し出し工具はニッパー、デザインカッター、ステンレス定規、ピンセット、ヤスリセットのラインナップ。これ以外の工具は各自の工作に応じて持ち込みとなり、工作の対象はNゲージプラ、金属キットのみ(ただし金属キットのハンダゴテの使用は禁止)だそうです。塗装ブースは各工作台のレンタル料金に含まれているそうです。


GM-Y04.jpg
▲もちろんParts Pro Shopの強みであるNゲージ車輌用各種パーツ・コンバージョンキットも信頼の品ぞろえ。


GM-Y05.jpg
▲自社グリーンマックスのキット・完成品のランナー、パーツ単品売りも車輌工作派には欠かせない。

GM-Y06.jpg
▲各種キット組立品や改造作例などの展示も、ショップの魅力のひとつ。


GM-Y7.jpg
▲他メーカーのバラ完成品も販売。「あの車輌のここだけがほしい」なんていう欲張りなモデラーにはうれしいサービス。

オープンは明日1月16日AM10時よりです。横浜模型店めぐりの新たなスポットが増えますね。それでは~。

2010年1月   

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

月別 アーカイブ

「RMMスタッフ徒然ブログ」が携帯電話でもご覧になれます。下記アドレスもしくはQRコードを読み取ってアクセスしてください。
http://rail.hobidas.com/blog/rmm/m

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.