鉄道ホビダス

2009年10月アーカイブ

RM MODELS172号発売中!

172top.jpg
 日に日に木々が色づき、四季の移り変わりをまじまじと感じるこのシーズン。花見とかワカサギの穴釣りとか海水浴とか、半ば屁理屈の混じったやつを除けば大体何をしても堪能できちゃうのが秋の魅力。鉄道模型の世界で秋といえば、「工作の秋」が代表されますね。そんなところで、今月の特集は工作の中でも、根強い人気を持ち、とりわけ涼しい時期に旬を迎えるとも言われる「金属工作」にスポットを当てました。秋の夜長、本誌を傍らに、ひとつ金属キット製作に勤しむなんてのも悪くないですよ。

それでは、RM MODELS172号のみどころをダイジェストでお送りします。

ブログ読者の皆さん、こんばんは、(まき)です。今夜は鉄道模型イベントのご案内です。

001.jpg
▲各社あらかた準備を終えて人影もまばらな1階大ホール会場内。

明日24日(土)、25日(日)、京急蒲田駅近くの大田区産業プラザPIOにて、日本鉄道模型連合会(JMRA)主催の「日本鉄道模型ショウ」が開催されます。
今回でちょうど30回目となる歴史あるイベントで、16番ブラスモデル系メーカーが多く集うことでお馴染みですね。

今日はその搬入日でした。19時半頃に現場から帰って来ました。
弊社ブースでは鉄道ホビダスが16番系商品多数を取り揃えているほか、営業部が鉄道関係の本を販売します。
ちなみに鉄ホビでは、最新特製品の「木造ワム・トータルキット」(16番)と、16番KATO製ワム90000対応の交換ドアパーツをご用意して、皆様のお越しをお待ちしています。

002.jpg
鉄ホビ特製品最新版「木造ワム・トータルキット」(16番)も販売します。写真はその組立見本。弊社ブースにて現物をお確かめください。9,800円(税込)です。

003.jpg
そしてこちらは16番のKATOワム90000対応の交換用ドアパーツ2種(写真は装着見本)。こちらもぜひご覧ください。補強リブなし2枚+Xリブ2枚のセットで2,500円(税込)です。

実はこの2点、先ほど先行ロット少量が弊社に入荷したばかりの出来立てホヤホヤで、目下、鉄ホビ店長のB滝がせっせと箱詰めしているところです。

004.jpg
もちろん、好評いただいている「鶴首コテ先」も販売します。1,200円(税込)です。


弊社ブースがどのような雰囲気なのかご覧に入れたかったのですが、商品運搬便の到着が予定よりも大幅に遅れてしまったので、今日の段階では写真のような状態…。

005.jpg
弊社ブースは22日18時半に荷物が届いたところで本日の時間終了。23日朝が大変ですね、これは…。机上の線路は特製品見本を展示したり走らせたりしようと置いてみたもの。こんなにスペース取れるのでしょうか?

弊社ブーススタッフは、明朝は10時のオープンまで準備に追われることでしょう(間に合うのかな…)。

ところで今回のイベントでは、鉄道好き女性タレントがお二方登場します!
鉄道大好きタレントの中嶋春香さんと、鉄道アイドルの木村裕子さんです。
中嶋春香さんは24日(土)、25日(日)それぞれ14:00~14:30にトークショーを開催。
木村裕子さんは25日(日)12時よりミニライブ&鉄道クイズ大会を開催します。
皆さんブース巡りでお忙しいとは思いますが、このひと時は足を止めて、「鉄子」さんによるトークショーやライブを楽しんでみてはいかがでしょうか。

というわけで、この土日はぜひ日本鉄道模型ショウにお出かけください。
弊社スタッフ一同、皆様のお越しをお待ちしております!

●開催日時
10月24日(土)10:00~18:00
10月25日(日)10:00~17:00

●入場料
1,000円(保護者同伴の小学生以下無料)
※入場券で「2009年版鉄模連カタログ」(写真)が1部もらえます。

●開催場所
東京都大田区南蒲田1-20-20
大田区産業プラザ(PIO)
1階大展示ホール、2階小展示ホール
※京急蒲田駅東口より徒歩4分/JR京浜東北線蒲田駅より徒歩12分

こんばんは(龍)です。
去る10月18日に上毛電鉄の大胡車庫で開催された「上毛電鉄感謝フェア」に行ってきました。
ここ数年開かれているこのイベントの今年の目玉は、東急長津田工場からやってきた電気機関車デキ3021です。当日には、上毛電鉄の職員さん達の手によって再びきれいな姿に復元された同機を見ることができました。

jyomo01.jpg
▲左から上毛電鉄の主力700型、デキ3021、デハ104。会場となった大胡電車庫では、普段は入れない線路上も多くの人出で賑わった。

▲今回の目玉、元東急のデキ3021。

さて、気になるのがデキ3021の整備状態ですが、東急の社章が入っていた運転台側面の同じ場所には上毛電鉄の社章がペンキ書きで入れられ、ボンネットの検査標記も「21-10上毛列車区」と書き加えられました。イベント会場で接客係をしていた職員の方に訪ねると。「今回、機械的な整備をしましたが営業用を前提としたものではないです」とのことで、検査標記は法的な意味のものではなく整備を記念したものらしいです。



▲上州の野武士ことデハ101。今回のイベントにあわせ西桐生~中央前橋間を2往復運転された。上泉~赤坂間 09.10.18



▲こちらも今回初めて展示となった東武5700系、クハ700が履いていたTRK53台車。


▲そして、こちらも会場初公開となった銚子電鉄デハ101が履いていた台車。

ブログ読者の皆さん、こんばんは、(まき)です。

DSC00042.JPG

突然ですが、表題のとおり弊社1階に「鉄ホビ」のアンテナショップを明日21日(水)オープンします。
その名も「鉄ホビ・ヤード」。
鉄道ホビダス取り扱いアイテムや、弊社発行各誌の新刊などを直接お確かめのうえお買い求めいただけます。最新刊を一刻も早く見たいというご要望にお応えします。
(誠に申し訳ございません。RMM最新172号は目下弊社に在庫がございません。追って入庫の予定です)

DSC00051b.JPG
▲弊社刊の雑誌や書籍も直売。

鉄ホビのストックヤードが本来の機能であるため、文字どおりの倉庫然とした雰囲気ながら、品物はジャンル別に仕分けして極力見やすく配置し、通路も十分なスペースを取っておりますので、お好みの商品をゆっくりと吟味しながらお選びいただけます。

DSC00065.JPG
▲各種パーツ類も充実。

tomuwamu.jpg
▲鉄ホビダイレクト特製品を購入できるチャンス!

また、アンテナショップとしてお客様からの鉄道ホビダスや特製品へのご要望など、情報収集に努めて参りますので、どうぞお気軽にショップ係員にお声がけください。

営業時間は平日の12時~19時。土日祝日の営業は11月中旬14・15日からスタートの予定です。
これら営業形態の変更、あるいはセール開催等の情報については、順次当ブログやRMM誌にて告知して参ります。

ぜひ一度、遊びに来てくださいね!

※お願い
弊社1階ロビーは業務用打ち合わせスペースとなっております。
鉄ホビ・ヤードへお越しのお客様は、立ち入りをご遠慮いただけますようお願い申し上げます。

神鉄の運転台付ホッパー車

こんばんは。このところ新学期だったり学園祭だったり色々あって、電車に乗りに行けていない甘木です。

6000.jpg

この夏一度出掛けてきた中に、今まで面白いところだと聞いて気になりながら、なかなか乗る機会のなかった神戸電鉄に初めて乗車してきました。
その時には加古川線と接続する粟生から鈴蘭台を経由して、神戸高速鉄道に連絡する新開地までの乗車でしたが、アップダウンやカーブの多いアクロバティックな線形、田園から山中へ、街中へと移り変わる沿線風景には、普段車輌にばかり気を取られている私も「おおっ」と思わされることしきり。車輌にしてもどこか小田急を思わせる顔の鋼製車からアルミカー、最新のステンレスカーまで色とりどりで、50‰の急勾配に備えた各種装備も目を惹かれるところです。

今回はその訪問の途次、鈴蘭台車両工場の片隅で見た事業用車輌をひとつ。


(写真はすべて2009年9月、鈴蘭台車両工場敷地外から撮影)

bosyu01.jpg

2009年10月   

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

月別 アーカイブ

「RMMスタッフ徒然ブログ」が携帯電話でもご覧になれます。下記アドレスもしくはQRコードを読み取ってアクセスしてください。
http://rail.hobidas.com/blog/rmm/m

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2016 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.