鉄道ホビダス

2009年3月24日アーカイブ

鉄路を離れる京王3000系

どうもこんばんは、甘木です。

IMG_5402.JPG

昨年12月、今月と上毛電気鉄道へ渡った京王3000系の姿をお伝えしましたが、本家の京王井の頭線では各部を刷新した1000系5次車の入線に伴い、着々と3000系リニューアル車の廃車が進んでいます。
1983~87年、軽量ステンレス車体に設計変更のうえ投入された第20~29編成は多くの車輌が転出を決めているようですが、1000系増備再開の時点で4編成が残存していた、マイナーチェンジ前の1970年代生まれの編成は、どうやら天寿を全うしたということになるようです。

同系初の界磁チョッパ制御車で、パノラミックウィンドウとなったリニューアル車の中では最若番だったアイボリーマスクの第16編成(吉祥寺←3716-3016-3066-3116-3766→渋谷、1975年製)も、トップを切った第20編成に続いて昨年12月に引退しました。
今回はこの編成の搬出時の姿をご覧いただきましょう。
(2008年12月11日撮影)

2009年3月   

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

月別 アーカイブ

「RMMスタッフ徒然ブログ」が携帯電話でもご覧になれます。下記アドレスもしくはQRコードを読み取ってアクセスしてください。
http://rail.hobidas.com/blog/rmm/m

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.