鉄道ホビダス

2009年2月アーカイブ

こんにちは。今日は、明日27日発売の新刊を
皆さんに宣伝させていただきます。書名は、
『模型鉄道でよみがえる 
昭和の鉄道と暮らし~エコーモデル・その世界』

です。この本は、16番(1/80、16.5mm)の模型鉄道
レイアウト「城新(じょうしん)鉄道」の製作を発端として
現在盛業中のエコーモデルへとつながる、モデラー
阿部敏幸さんのモデルワールドを1冊にまとめたもの。
16番鉄道模型専門店のエコーモデルがコンセプトに
掲げる「ちょっぴり懐かしい昭和時代の鉄道と暮らし」を
グラフィックに展開した、レイアウト&ジオラマのための
製作モチペーション喚起本と言える1冊です。
↓表紙の画像です。

↑この本では、エコーモデルから発売中の多種多様な
ストラクチャー&アクセサリーパーツを使用したジオラマ作品や、
欲しくなったら 鉄道ホビダス・ダイレクト ですぐにお買い求め
いただけるビジュアル・カタログ等も掲載しています。

↑名鉄の揖斐・谷汲線「北野畑」駅の駅舎も、エコーモデルが
取り扱うM'sコレクションの製品として発売されています。
このジオラマは駅舎の組み立て品を組み込んだ見本。
実際に車輌の運転が可能なレイアウトやセクションは
作りたいが荷が重い……という方には、思い出深いシーンを
こうしたジオラマに切り取ってお手元に留め置くという方法が
お勧めです。駅舎のみならず、各種のアクセサリーパーツが
エコーモデルからはリリースされていますので、それらを
効果的に配置すれば、素晴らしい作品を仕上げることが
簡単に出来てしまうのです。
ストラクチャー&アクセサリーパーツ群のお買い求めは、
★ ここをクリック ★  ←ぜひご覧になってみてください。

『模型鉄道でよみがえる 
昭和の鉄道と暮らし~エコーモデル・その世界』
は、
明日27日に全国の書店さんで発売です。東京板橋にある
エコーモデルでは、昨日から発売しておりますので、
お近くの方はぜひ。1冊2,400円です。

みなさんこんにちは、T.I.です。
「冬のSLと石炭のマチ・釧路」ツアー参加レポートの続き、ツアーの3日目と番外編をお送りしましょう。

IMG_0359.JPG

▲日本離れした雄大な景色の中を進むシャトルトレイン。09.2.21

キヤ97を目撃

こんにちは(龍)です。先日東海道線の静岡方面に行きました。線路際でいろいろロケハンしていると、列車の接近してくるかすかなジョイント音とともに黄色い車体と、排気の陽炎を上げながらこんな列車がやってきました。JR東海のレール運搬車キヤ97です。

この車輌はそれまで「チキ」など長物車+機関車で運んでいた保線用レールを、効率の良い自走式車輌へと置き換えを目的に、昨年4月に登場した車輌です。
先頭部に運転台キャブが付き、車体後部はフラットな荷台とした珍妙なスタイルの気動車です。
モデルでは、本誌RMM160号『キャラメル-Nで七変化』内で高橋弘樹さんによる作例が掲載されていますのでそちらもチェックしてください。


こう言うイレギュラーな列車を事前に知らず目撃することがよくあるのですが、だいたいカメラを持ち合わせない時か、レンズの届かない遠い彼方の線路を走っている姿を目撃するだけで、きちっと捉えることはほとんど無いのです。
しかし、この時はカメラも姿勢も試し撮りに待ち構えていたものですから、準備万端、側面も多少ブレていますが、撮ることが出来ました。

クモルなど配給電車のような姿と、エンジン・マフラーから発せされるエグゾーストノートとがなんとも違和感のある車輌でした。通過したあと、冷静になると、へんてこさに笑いがこみ上げてくるような一時でした。



▲熱海寄りキヤ97-3。この2輌編成は25m定尺レールの運搬用で、このほかに200mロングレール運搬用のキヤ97-200番代(13輌編成)が存在。200番代は美濃太田車両区に所属。



▲米原寄りキヤ97-103。定尺レール用2輌編成は現在4編成が活躍中で全車、名古屋車両区に所属している。


文章中の長物車をホビダスで探してみる。

みなさんこんにちは、T.I.です。
今回は「くしろ圏広域観光推進コンソーシアム」企画の「冬のSLと石炭のマチ・釧路」に、ツアーの一員として参加した模様をレポートいたします。
コールマイン構内車輌
▲敷地外からかいま見た釧路コールマイン構内軌道の車輌達。職員さんのサービスでバテロコも右に並ぶ。09.2.21

RM MODELS164号(2009年4月号=2月21日発売号)の特集は、
『これぞ実物大の模型鉄道! 秩父鉄道PART1』です。

私鉄では数少なくなった貨物列車が走り、新性能電車の始祖、元国鉄101系電車が活躍を続け、またオンシーズンには蒸機列車も走る秩父鉄道。その沿線風景や車輌のバラエティはまさに模型鉄道のよう。沿線風景や貨物設備など織り交ぜつつ今回は、近々年の車輌を中心に、魅力あふれる秩父鉄道を徹底的に模型化します。


★今月の表紙は、「長瀞の鉄橋を行く鉱石列車」です。
rmmodels164.jpg

撮影名所として有名な、長瀞の荒川橋梁をフルスケールで再現したNゲージモジュール。16番で見事に再現された、国鉄・JR・東急からの譲受車輌。Nゲージによる1000系(元国鉄101系電車)4色およびオリジナルカラー、5000系(元都営地下鉄6000系)に急行用6000系(元西武新101系)を再現。Nゲージで実物が登場したばかりの7000系(元東急8500系)の製作記事、さらに実物のロケーションガイドから1000系(関西線色)のDETAIL FILEと思い出の車輌達のグラフまで内容たっぷりで紹介。

RMM164P28.jpg

RMM164P34.jpg


★まだまだあります「今月の見どころ」

●ヨコハマ鉄道模型フェスタ2009レポート
去る2月6~8日に横浜ランドマークプラザで開催された、年明け最初の鉄道模型イベントレポート。参加各社がこの春予定している新製品サンプルを中心に会場の様子などを速報的に紹介します。

●相鉄讃歌 相鉄ファン2人のセッション
現在、青系の帯へと塗装変更が進む相鉄車輌たち。印象深い赤帯時代の2形式を相鉄ファン2人によりNゲージで再現。前頭部が特徴的な9000系と、平面的な造形ながら印象の強い7000系をご紹介します。

●Nゲージレイアウトモジュール記事、2本
今月はクラブポッポ屋による、単線ローカルのモジュールと江ノ電モジュール運転会の模様。路モジコーナーでは自作の人形などで活気あるコーナーモジュールを作り込んだ山﨑一男氏の製作記事をお届けします。

●ガイアノーツのステンレスシルバー 特権の銀
遂に発売された、ガイアノーツのライトステンレスシルバーとダークステンレスシルバー。今回は本物の微妙な質感の違いをより良く再現する為、実際の例を織り交ぜながら、使いこなしを追求します!

連 載
NEW MODEL PREMIUM …4
模“景”を描く 西村慶明 …50
片野正巳の吊掛讃歌 第83回 …52
ヨーロッパ・エクスプレス 第29回 野村昌志 …56
NEW MODEL …60
ヨーロッパの鉄道チョットいい話 石塚純一(PPL) …79
新・鉄道模型考古学N 山下貴久雄 …118
ちょっとだけハンダ漬け 高橋隆(RMM) …133
STOP PRESS …148
MODEL FORUM …180


お求めは全国の書店のほかWebでも購入できます。 よろしくお願いいたします。


さて、別冊発売のお知らせです。昨年2008年1年間のNゲージ各社の新製品をほぼ全て網羅したNゲージ年鑑『Nゲージ大図鑑2009』が発売となりました。
daizukan2009.jpg

車輌だけでなく、レイアウト・ジオラマ用品やサードパーティによる各種パーツ類まで収録、さらに見逃せないコレクタブルアイテムについてもフルに紹介。
「いつこの製品が出たのか、製品仕様は変わったのか、このモデルの価格はいくらだったのか?」
などなど、そんな?に製品字引代わりにお使いください!


今回も製品紹介以外に充実の記事内容です。

●特集:アプローチいろいろ! Nゲージレイアウト
 ・“プラレール”から“模型鉄道”へ
 ・やだもん鉄道 完成!!
 ・フル編成なんてへっちゃらだ!!
 ・0.54㎡の夢空間

●お手軽レイアウトを作ろう!
 ・1万円コース&3万円コース
 ・最新製品SUPER REVIEW
 ・RM MODELSが送り出した製品
 ・最新製品情報ダイジェスト
 ・充英アート・ディスプレイキャビネット
 ・A train in the scenes:RMM誌面を飾った名シーンから

など、これからNゲージを始める人にも、ベテランNゲージャーにもお役立ちの一冊です。

こちらも全国の書店、またはWebでご購入ください。

こんばんは。
ホビダス鉄道担当の大モリです。

昨日に引続き、今日も鉄ホビ・ダイレクトのお買い得情報を
ご紹介いたします。

その3 特製完成品スペシャル企画!
大好評の鉄ホビ・セレクション 特製完成品ですが、
寝台特急「富士・はやぶさ」の引退を記念して、TOMIX
EF66(PS22B付)をベースにした「16番 EF66 ブルトレ牽引機(51号機)」を販売いたします。
まずはサンプル画像をご覧いただきましょう。

▲クリックするとポップアップします

こんばんは。
ホビダス鉄道担当の大モリです。

鉄ホビ・ダイレクトでは今週末にかけていろいろ企画を実施します。
お買い得商品からレア物まで、まさに必見の品々ばかり。
そんな情報を今日と明日の2回に分けてご紹介いたします。

その1 爆安セールアイテム追加!
先日、(B滝)店長から告知があったように、2/23(月) AM10時
まで爆安セールを実施中です。
ただ、あまりにも注文が入りすぎてしまったため、売切れた商品や
在庫が少なくなった商品が多くなったため、急遽セール商品を
追加しました。

ここでは追加したセール商品を少しだけ紹介いたします。
商品名や価格はここでは掲載しません。ぜひいろいろ
探してみてください。いろいろお買い得アイテムがありますよ~
MIMT2440_1.jpg
▲クリックすると商品の詳細ページにリンクします

こんにちは(龍)です。『RM MODELS』の巻末、モデルフォーラム内の投稿情報で募集しています「第3回 鉄コレにまつわるエトセトラ」ですが、〆切は12日後の3月2日(月)必着となっています。
応募予定の皆さんは準備よろしいでしょうか?


今日は今までに届いた作品のなかでレイアウト・ジオラマの作品の一部をピックアップして紹介します。

花粉シーズンを前にモチベーションが下がり気味かも知れない製作欲を、ビリビリ刺激してみましょう。


▲高架線を行く「まつしろ交通 3000形」製作:梅原 亮さん。地方私鉄への譲渡車をイメージしたもの。爽やかな色合いが更新改造車の雰囲気が出ています。



▲太鼓橋を渡る併用軌道の「新川電鐵路面軌道線」。 製作:大橋誠司さん。『ジオラマコレクション完全マニュアル』われらジオコレ派で掲載された新川電鐵は、現在では33枚に及ぶ大モジュールレイアウトに成長したそうです。



▲バスでにぎわう駅前ターミナル。製作:レヴァノン花田さん。レヴァノンさんは今回で「鉄コレ・・・」3回目の投稿。徐々に拡充してゆくレイアウトにはにぎわいと混沌とが同居する都会の姿がにじみだしていますね。


▲庄内交通の風景を再現したという松本晃さんが製作したのは講談社『昭和の鉄道模型をつくる』をベースに拡張させたもの。



▲ジオコレで再現した漁港。製作:平柳 聡さん。レイアウト関連の特集では常連のベテランモデラー平柳さんが製作したのは漁港モジュール。写真の漁港以外にも漁村らしい風景が散りばめられている。


さて、もっと見たい!もっと全体を写した写真は!?とお思いの方も多いかと思いますが、それは誌面掲載時までお待ちください。

さて、募集要綱をもう一度掲載します。

●募集作品
A.トミーテック「鉄道コレクション」の車輌を改造した作品の写真。
B.トミーテック「ジオラマコレクション」を改造したストラクチャーの写真。
C.トミーテック「ジオラマコレクション」を使用したジオラマ・レイアウトの写真。
(※取り付けるパーツは他社のものでも構いません。またジオラマ・レイアウトの作品に他社のストラクチャーが含まれていても構いません。)

■締切
2009年3月2日(月)編集部必着
(掲載は2009年3月以降を予定)


●応募要項
○全ての作品は写真(画像)での応募受付とさせていただきます。作品の直接送付や弊社への持込はご遠慮ください。
○改造車輌・ストラクチャーの作品には作品名、ベースとなったものを明記の上、使用したパーツや塗料、工夫した点など記載した簡単な製作記もお添えください。
○ジオラマ・レイアウト作品には作品名、ボード寸法、情景のテーマを明記して、同時に簡単な製作記もお書き添えください。

○写真はデジタルカメラの場合、LARGE・FINEモードなど高画質モードで撮影の上、データとプリンターで印刷したもの(普通紙への印刷で構いません)の両方をお送りください。またフィルム式カメラでの撮影の場合は、プリント写真にてお送りください。
《アドバイス》:カメラ内臓のストロボ利用による室内での撮影よりも、日中屋外で自然光を利用して撮影した方がきれいに撮れる確率が高く、作品もリアルに見えるので、是非トライしてみてください。

○未完成状態の作品(未塗装、レイアウトの未整地など)は応募対象外となります(完成作品の製作途中の写真は歓迎いたします)。また応募多数の場合は掲載を見送らせていただく場合もございます。
○特に優秀な作品は改めて作品を拝借、原稿執筆いただく場合がございます。原稿執筆をいただいた場合には薄謝進呈いたします。


○掲載された方には掲載誌をお送りいたします。また、応募いただいたCD-Rやプリント写真は原則返却いたしませんのであらかじめ、ご了承ください。

●送付するもの
上記画像データや説明文章をコピーしたCD-Rなど記憶媒体。
上記の作品のプリント写真(データーがある場合は普通紙に印刷したものでも構いません)説明文章。(パソコンがない場合はプリント写真、説明文だけで結構です)。
お名前、郵便番号、住所、電話番号、メールアドレス(お持ちの方のみ)を明記したメモ。


●応募先
〒152-8545
東京都目黒区碑文谷4-21-13
(株)ネコ・パブリッシングRM MODELS編集部「鉄コレにまつわるエトセトラ」係

まだ取り扱っています・・・新装版『ジオラマコレクション完全マニュアル』はこちらで購入可能です。

ジオコレ各製品をホビダスで探す。

鉄コレ、車輪、動力パンタグラフ

DE10 1666牽引の東急5000系11輌
▲DE10 1666に牽引されて長津田検車区を目指す東急5000系11輌。09.2.17
みなさまこんばんは、T.I.です。
今日は、車輌製造工場から鉄道会社へ向かう新車の回送列車をご紹介いたします。

熊電情景1


▲熊電の起点藤崎宮前から黒髪町までの間に存在する併用軌道区間。軌道線として開業した時代の名残で、20m級の大型ステンレスカーが走行する姿は他の往来を圧する雰囲気。


こんにちは(龍)です。先日、熊電こと熊本電気鉄道に乗りました。熊電と言えば、現役ではここだけとなった元東急5000系や、藤崎宮前~黒髪町間の併用軌道区間などレイルファンの間では注目されていますね。

私も併用軌道区間を行く元都営三田線6000系の姿を撮りたくて起点の藤崎宮前から黒髪町間を歩いていると、こんな情景に出会いました。


▲藤崎宮前駅付近で見つけた墓地。墓参するのに線路側からしか入れない構造になっているらしく、こんなところにも、軌道線時代のおおらかさだろうか。


突然お墓の写真で少々縁起が悪いですが、墓石の表面に人影が・・・
と言う話ではなくて。線路とお墓の珍しい位置関係の霊・・・ではなくて、例として写真を撮ってました。

場所は藤崎宮前からほど近い古くからの住宅や商店が混在する地域の踏切。
線路内立ち入り禁止の札がありながらも、お墓の入り口は線路内を向く少々“?”な情景です。


▲墓地の反対側には寺の本堂がある。境内を縦断するように線路ができた結果なのだろうか。


最近ではNゲージの情景用に墓地など、昔では考えられなかったアイテムもでているので、そんな墓地のストラクチャーの活用法の一例でした。ではまた。


ホビダスでお墓の模型を探す。

ファイントラックミニレールあります。

ジオコレをホビダスで探す。

深夜のコンビニで・・・

こんにちは(龍)です。ただいま編集部では本誌と別冊の〆切への追い込みの中で非常に忙しい状態です。


さて本日紹介するものは、近年コンビニが火をつけて注目される恵方巻・・・ではなくて、あんロール。(←巻物つながりです)
 深夜の帰宅時にコンビニの店頭で目が留まりました「がんばれ!銚子電鉄」とキャッチの効いたパッケージには銚子電鉄の801形のイラストと路線図が、そしてその名も「銚子電鉄醤油あんロール」とあります。ものは試しに買ってみました。
 
 一見相反する味の組み合わせの食べ物のに多い「意外とよく合う」と言う驚きを越して、どちらかと言えば、普通…。塩辛さが特別際立つことも無く、ほのかに醤油が香るくらい。塩大福やスイカに塩をかけて食べるのと同じで、逆に甘味が引き立つような感じでした。

インターネットで調べてみると「銚子電鉄コラボレーション第2弾」とあって、良くはわかりませんが第1弾もあったようです。

と、まぁこの食べ物で銚子電鉄が末永く走り続けることを恵方に向いて願いましょうかね。


銚子電鉄関連商品をホビダスで熱烈検索!

お久しぶりです。
ホビダス鉄道担当の大モリです。

最近は(B滝)店長に出番を奪われ、いなくなったと思われた方も
いらっしゃるかもしれませんが、ちゃんと仕事していますよ~
(まき)編集長からもお知らせがありましたが、明日から
ヨコハマ鉄道模型フェスタ2009』が始まります。
昨日も(もう日が変わってしまいましたが)遅くまで会場となる
ランドマークで準備していて、ようやく帰宅できたところです。

前置きは長くなりましたが、今回のオススメアイテムをご紹介
しましょう。まずはこちらから、

RMM00040_1.jpg
▲クリックすると商品の詳細ページにリンクします

ブログ読者の皆さん、こんにちは、(まき)です。
早くも2月。
月始めは締切でバタバタしている編集部ですが(いつも?)、2月といえば「ヨコハマ鉄道模型フェスタ」です。
今回で5回目を迎えるこのイベント、横浜の観光スポットとしてお馴染みのランドマークタワーのお膝元、ランドマークプラザ内「ランドマークホール」にて今年も開催されます。

http://www.festa-yokohama.jp/

毎年、出展鉄道会社さんの限定品狙いで開場前から長蛇の列となることもお馴染みですが、弊社ブースは今回、そんな鉄道会社さんブースと横並びの位置となりました。正面入口から入って左手の壁の中央あたりです。
弊社発行書籍類のほか、鉄道ホビダスチームが鉄道模型や鉄道グッズを豊富に取り揃えてお待ちしておりますので、ぜひお立ち寄りください。

ちなみに、昨年好評だった「鉄道模型体験教室」や、映像ホールの大スクリーンを使った迫力の動画放映、各スケールのレイアウトによる車輌の展示走行も例年通り行なわれます。
皆様のご来場をお待ちしております!

●開催概要
6日(金) 11:00~18:00
7日(土) 11:00~19:00
8日(日) 11:00~17:00
●開催場所
横浜ランドマークホール(横浜 ランドマークプラザ5F)
●最寄り駅
桜木町駅、みなとみらい駅
●入場無料

◆昨年の模様はこちら

2009年2月   

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

月別 アーカイブ

「RMMスタッフ徒然ブログ」が携帯電話でもご覧になれます。下記アドレスもしくはQRコードを読み取ってアクセスしてください。
http://rail.hobidas.com/blog/rmm/m

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2016 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.