鉄道ホビダス

2008年12月アーカイブ

こんにちは、副編まるはねです。今日は11月28日付けブログに続き、モデラー/ライターの熊岡正之さんに、コンテナ車に関するディープな話題を語っていただきます。メインテーマは、先日TOMIXより16番で新発売となった、コキ106形についてです。それでは熊岡さん、よろしくお願いします!(全ての写真はクリックすると拡大されます)


P:青柳 明(RMM)

今月発売号のRM MODELS162号のNEW MODEL SPECIALに製品の紹介をさせていただきましたが、まだまだ書きたいことはたくさんありました。そこで今回はこのコーナーをお借りして記事では紹介できなかった実物について写真を交えてご紹介させていただきたいと思います。誌面とと併せてご覧くだされば幸いです。

■コキ106について
コキ106は、本格的な海上コンテナ対応車として1997(平成9)年から10年間に渡り、1,162輌も製造されたコンテナ積載貨車です(ちなみにエンドウやKATOで製品化されているコキ104は元私有車5000番代と瀬野八自動解放用10000番代を含んで2,948輌)。TOMIXから発売されたのは当初、405番まで採用されていたブルー塗装と、識別のためにグレー塗装になった406番以降(近年、ブルーもほとんどグレーに塗り替えられた)の2種類。ところで、この2種の塗装、模型でははっきりと違うのはあたり前なのですが、実物は汚れてくるとどっちの色なのか見分けが付かないことがよくありました。
以下に示す画像は21番で、どう見てもグレーに見えますが、実はブルー色が汚れや退色などによって一見、グレーのように見えてしまっているのです。撮影時、肉眼ではグレーと信じ、パソコン画面で拡大して見て始めてブルーと気づいた・・・という次第でした。


コキ106-21。2005.9.23 札幌貨物ターミナル

ところでコキ106は10年間にも渡る増備にもかかわらず、ほとんど外観上の差が見られませんでした。唯一の違いは、増備途中から写真に示すような手ブレーキをかけた時に表示板が横に突き出す「緊解表示装置」が取り付けられたことくらいでしょうか。


突放禁止の白文字の左隣が「緊解表示装置」。コキ106-1058。2008.6.3 札幌貨物ターミナル 

当然、TOMIXのコキ106は前期型でこの装置は付いておらず、説明書には600番までと書かれていますが、私が見た限りでは、製造ロットも加味して555番以降に「緊解表示装置」が取り付けられたと考えています。となるとTOMIX製品には554番までを付番するのが良いようです。参考までに「緊解表示装置」の付いた555番の実車写真も掲げておきます。また同説明書では、当初からグレー色となった405と406は避けるように書かれていますが、これは同車落成時に車軸端に滑走検知器が取り付けられていたためで、現在は取り外されているようです。


コキ106-555。前の写真とは反対サイドのため、形式・ナンバーの右側に「緊解表示装置」が見える。 2005.9.23 札幌貨物ターミナル

またコキ106は、根岸~陸前山王などの海上コンテナ列車(20輌編成)や一部列車の末端区間の単編成などを除けば、そのほとんどがコキ104をはじめとする他の100系コンテナ車と併結されています。まだ16番の海上コンテナやISO規格のタンクコンテナ類が製品化されていない現状では、エンドウやKATOのコキ104と併結して楽しむのがお勧めです。

・どうしても欲しいパーツ
今回製品化された20フィートコンテナなどの大型コンテナ積載時には、12フィート用の緊締装置は不要となり、その緊締装置を車体手前に270度回転させていますが、この状態の緊締装置をパーツとして、どこかのメーカーに発売していただければ嬉しいのですが・・。結構目立ちますので…。


車体外側に270度回転させ、車体側面と平行となった12フィート用の緊締装置は良く目立つ。ちょうど緊締装置の底面(接地面)が見えるような状態となっている。コキ106-780。2006.9.1 大宮駅

 
■19Gコンテナについて
19Gコンテナは、片側面と片妻面に扉を持つ、現在も19Dとと共に増備が続けられているJR貨物主力コンテナのひとつです。実物ではKATOが模型化した19Dが25,810個に対して19Gは10,694個と半分以下ですが、模型的には、側面・妻面と4面とも顔が違うので載せ方によって色々と楽しめるのが魅力です(いずれも個数は20年3月18日現在、2008貨物時刻表より)。また、実物は最初からスローガン文字ステッカーが貼られていますが、製造時期により3種あり、TOMIXではご丁寧に3種とも製品化しているの驚きです。また、若番号の中には更新を受けて更新塗装となったものも見かけるようになってきたので、ぜひとも模型で再現したいところです(実物写真は前回の熊岡の投稿ブログ参照)。


初期のスローガン文字。 2008.5.17 富士


中期のスローガン文字。エコマークステッカーはまだ貼られていない頃。 2004.9.4 富士


後期のスローガン文字。 2008.6.4 苫小牧貨物


19Gの扉の無い側の側面と妻面で、全く別モノに見えてしまう。ただ、ほぼ同形態の19F(4隅に船舶積込み用の隅金具がない)には扉の無い側面に大きく分けて4種のバリエーションがあるが、19Gには変化がないのが残念。 2005.9.4 富士


こちらはモデルの19G。ここに写っている15個はすべて番号違い。販売は3個セットなので、5種類あるということになる。パッケージには窓があいているので番号をよく確認して購入すると良い。またスローガンの文字は3種あるが、実物の比率からしてか、15個中10個は後期タイプの文字なので注意したい。P:RMM


とりあえず、扉ロック装置やフォークリフト抜き差し位置などに黄色のラッカーで色差しを行ってみたが、ほぼ単色のコンテナが引き立ってきた。この後、ウェザリングを施す予定。ちなみに今回の製品は、凸凹したディテールのあるコンテナ表面にもかかわらず、ほとんどカスレが見られないロゴマークや帯などの印刷技術には驚かされる。

■30Aコンテナ
北海道から大阪ならびに東京方面に運転されたワキ5000による紙輸送列車をコンテナ列車(コキ50000)に置き換えるために登場した20フィートコンテナです(現在では一部線区で紙輸送以外でも使用)。TOMIXでは色違いで3種もラインナップされていて嬉しい限りですが、黒・赤のツートンカラーのものは、実物でも数か少なく(28個)、製品でもブルー塗装のコキ106のみでの販売となっています。


左側の赤いコンテナはいわゆる赤色(208~)の30A-299。写真のように後期のものには左端の社名が大きな文字で「JR貨物」と書かれ、19Gのようなスローガンステッカーも貼られている。中央は青色だが製品化されたものではなく、1~9の試作タイプで扉にリブがあるのが特徴。右端は数の少ない黒・赤塗装(180~207)。 2005.9.24 北広島


いろいろと写真を探したが、私が撮影した中で唯一コキ106に搭載されていた30A。中央は30Aでも1000番代の1047番で、反対サイドには扉のない「側面片扉・妻面片扉」のもの。製品のものとは異なる。両隣は製品にある青塗装(10~179)のもの。ちなみに青塗装のものは最近では見かける機会が少しずつ減ってきているようだ。 2005.11.28 北広島


手前の2個が数の少ない黒・赤ツートン(180~207)の30A。その奥の赤塗装の211番と比べて右上の大きなJRFマークが一回り大きくなっているのがおわかりいただけるだろうか?残念ながらモデルでは赤塗装と同じ小さなものになっている。 2005.4.29 苫小牧貨物

■今後のTOMIXに期待!
今後の予定としてコキ50000系が発表されていますが、こちらは国鉄ならびにJR貨物とも両方に楽しめるコンテナ貨車として期待しています。また、コンテナそのものについてもラインナップの拡大を予告するなど目が離せません。12フィート級では良く見かけるJRの通風コンテナや白塗装の「JOT」コンテナ各種、コキ106ならではの海上コンテナやISO規格の大型タンクコンテナもぜひとも模型化して欲しいところです。ISO級のタンクコンテナの中には「コキ106」を指定するつわものもあるのですから。
また、モデルについては海上コンテナ積載や他形式に化かす工事を始めています。今回はその一部もご覧に入れますが、機会があればRMMへ記事の掲載する予定ですのでお楽しみに。


モデルでぜひ再現したい40フィート級海上コンテナの積載。1/87スケールでは、外国製でかなりの種類の海上コンテナが製品化されているが、16番では何とひとつも無い状態。これは私の友人が彫刻機を駆使してプラ板を彫り上げたものを組み立ててみたもの。バックは塗装待ちの40と20フィート海上コンテナ。


これも同じく友人の彫刻機によるもの。このコンテナは他の100系でも積載可能だが、こんな30フィート級の大型コンテナの製品化もぜひとも期待したいところ。バックはコキ106への積載を待つ大型コンテナ群の一部。ちなみにこのブルーのコキ106、写真では見づらいかもしれないが、何かに改造予定で側面の2箇所の縦補強を削り取っている。さて何に化けるのでしょう…。

■番外編 コキ107


最近製造されたコキ50000置き換え用のコキ107(-40)も北海道でも見かけるようになった。コキ106と同じグレー塗装ながら側面台枠の傾斜角度が少し緩くなっている。その他にも手ブレーキが妻面デッキに移動しているなどの変化があるが、コキ106の改造でなんとかモノになりそうな予感・・・。JOTコンテナもぜひとも製品化を望みたい。 2008.11.23 追分

TEXT & PHOTO(特記以外):熊岡正之

熊岡さん、ありがとうございました。鉄ホビ・ダイレクトでのショッピングも引き続きお楽しみください!

【16番】
・TOMIX コキ106(ブルー・コンテナ付き)
・  〃  19Gコンテナ(3個入り)
・  〃  30Aコンテナ(青色 2個入り)
・  〃  30Aコンテナ(赤色 2個入り)

土電沿線風景ダイジェスト

こんにちは(龍)です。気が付けばクリスマスも過ぎお正月はもう目のまえ。
夏の終わりに行ってきた高知の土電の話はズッと前の出来事になってしまいました。

記憶があやふやになる前に、土電の情景をダイジェストでご案内して、このシリーズを締めくくりたいと思います。



▲伊野線朝倉~朝倉駅前間。右に見えるのは高知大の校舎。高知空港行きアクセスバスが発着するバス停があるため、大型高速バスとのすれ違いも多く見られる。

鉄道コレクション第9弾発売

0831.jpg

 投稿はお久しぶりになります(み)です。今回はトミーテックより新発売となりました「鉄道コレクション」第9弾について、写真にてご紹介いたします。

 すでに誌面でも紹介していますが、今回の第9弾はいずれも20m級電車のシリーズで、主に国鉄の戦時設計車モハ63形をルーツとしたグループです。戦中戦後の物資欠乏の時代ゆえに車輌製造を最大限効率化するため、国鉄線はもとより20m車の入線可能な私鉄線…というよりは逆に63形入線に備え線路改修を実施してまで各線に割り当てられ活躍しました。

 しかし1951年に発生した桜木町事故以降、国鉄はもとより各私鉄でも改良工事がたびたび行なわ
れ、鉄道ごとや改造年ごとにさまざまなスタイルの車輌へと生まれ変わりました。

 そんなロクサン派生形式の一部を、今回の鉄道コレクションでは楽しむことができます。詳しくは写真をご覧ください。

1800s.jpg
P1030817s.jpg
▲小田急電鉄 デハ1802+クハ1852

みなさまこんにちは、T.I.です。台湾一周紀行の最終回になります。

花蓮の民宿は新築間もない建物で、快適さはビジネスホテルに匹敵し近くに飲食の露店も揃っており、そして1人1000元(およそ3000円に相当)という安さでした。
ご主人は片桐さんという日本の方で、5年前に会社員を定年退職されてから中国語の勉強に台北へ留学に来られ、そのあと花蓮で民宿を開かれたそうです。

花蓮の街は各種の保存車がある鉄道公園、また現役の工場専用線や廃線跡があり、海辺にあって太魯閣(タロコ)渓谷のふもと、あらゆる観光の拠点として価値ある地でした。
tw_pc.jpg
▲花蓮車站に進入する朝の旧型客車列車。08.11

syounan001.jpg
▲東海道線平塚駅の駅ビルラスカ。ここから歩くこと約5分の至便な所に「railways湘南ライン」 がある。


こんにちは(龍)です。

今日は平塚駅近所にできた鉄道模型専門店「railways湘南ライン」 さんをレポートいたします。

syounan002.jpg
▲お店の外観は地元東海道線E231系をイメージしたもの。帯の太さまでも実車に合わせたものだとか。 奥に見えるバス通りが駅前に通じる大通り。


 20年ほど前、有名専門店の閉店により、その後鉄道模型を扱う店がなく、趣味人にとっては模型車輛はもちろん、材料を買いに行くにも隣街、さらに遠くの街へ行かなくてはならなかった平塚の街に、去る9月20日に「railways湘南ライン」 さんはオープンしました。

 店長の山本さんいわく、「この地域にはレイルファンが多く住む環境があるにもかかわらず、専門店が少なかったのです。 私は1年程前より鉄道模型の通信販売会社「ツーイチ」として鉄道模型の販売を開始。このほど販売拠点として、まったく専門的に扱う店のなかった平塚にお店をオープンすることにしたのです。おかげ様で「近所に専門店なくなったことで、鉄道模型の趣味から離れていたお客様が、『この店のオープンを機会に復活できた』 と言うお客様などもいらっしゃいます」。とのこと。

syounan003.jpg
▲店内は明るく、家族連れでも入りやすいたたずまい。

syounan004.jpg
▲NゲージのレールならTOMIX、KATOとも充実。人気のファイントラックのミニカーブやユニトラックのカント付きレールももちろん取り揃えています。お座敷運転でチョットレールが足りないなどと言うときも気軽に対応してくれそうだ。16番のレールはKATOユニトラックを用意。

syounan005.jpg
▲レイアウト製作中の情景派にも各種シーナリー素材で対応。今後さらに強化してゆくとのこと。

山本店長いわくお店をオープンしたところ、レールやストラクチャーなどレイアウト・ジオラマ素材を買い求めるお客様が意外に多く驚いているとのことで、今後強化してゆきたい分野だとか。


syounan006.jpg
▲Nスケールコンテナも充強力に取り扱い。TOMIX、KATOはもちろんのこと、朗堂、プラッツの製品も充実。個性的でカラフルなコンテナ編成がコーディネートできます。

 貨物列車といえば今や旅客列車よりもカラフルで彩りに富んだコンテナ列車。もちろんこちらでも色々な種類を取り扱い。店長に最近の売れ筋を聞いてみると、「JR貨物所有のワインレッドのものが、断然たくさんでますね」。とのこと。

syounan007.jpg
▲チビッコからモデラーまで一緒に遊べる人気のBトレも各種用意。


syounan008.jpg
▲もちろんNゲージの車輛は地域のものを中心に充実の品揃え。16番もプラ完成品のみながら天賞堂製品も扱う。


駅から近いので、通勤・通学途中に模型製作のプロセスにあわせて、ちょっとストラクチャーを1つ、レールを数本、なんて立ち寄れる気安のあるお店です。


syounan009.jpg
▲平塚駅、駅ビルラスカ北口より徒歩約5分。地図の★印がお店の位置です。


SHOP DATE
railways湘南ライン
〒254-0035 神奈川県平塚市宮ノ前5-24 門倉
第二ビル1F
■TEL:0463-20-9002
■営業時間:平日13:00~20:00
      日曜日13:00~18:00
      定休日:毎週水曜日
最新の入荷状況は下記URLへ
http://www.tsuichi.co.jp


年内は29日(月曜日)までの営業。
年始は3日(土曜日)が営業、4日(日曜日)が休業で5日より通常営業とのことです。湘南地区のモデラーは一度お立ち寄りあれ!

ブログ読者の皆さん、こんにちは、(まき)です。
先般よりご案内して参りました、初めての弊社社屋開催イベント、
第1回 NEKO ホビダス感謝DAY
が、本日より開催となりました。

081220_14.JPG

ご覧いただいているのは20日(土)の午前中のイベント会場です。
11時のオープンから、熱心な読者の皆様が駆けつけてくださいました。
中にはお馴染みのモデラーさんの姿も。

081220_05.JPG

1階ロビーでは鉄道関係の展示・販売を行なっております。
展示作品の内容は・・・

081220_19.JPG

西村慶明氏の連載“模「景」を描く”のスペシャル、16番機関区セクション「碑文谷機関区」

081220_15.JPG

同じく西村慶明氏がRMM141~147号に連載したOナロー・ミニレイアウト「熱海軽便鉄道」

081220_25.JPG

RMM161号に掲載の畑中博氏製作HOモジュール「たまでん西太子堂駅」

081220_24.JPG

RMM151号に掲載の編集部製作Zゲージレイアウト

081220_26.JPG

RMM各号および「ジオラマ・コレクション完全マニュアル」に掲載の編集部製作Nゲージ・ミニレイアウト、ジオラマ等々となっております。

081220_13.JPG

その対面には「鉄ホビ」が販売ブースを構え、「鉄道ホビダス一周年記念特別セール」と銘打って、Nゲージ完成品各種、16番プラ製品各種、Bトレ、鉄コレ、そしてNゲージ&16番のディテールパーツ類、さらには鉄道グッズ類を豊富に取り揃え、皆様のご来場をお待ちしています。

081220_03.JPG

ディテールパーツ類は普段はWEB上の写真でご覧いただいていますが、実際にお手に取って、どんな大きさ、形状かを確認いただける絶好のチャンス。ぜひこの機会にご覧ください。

081220_09.JPG

もうひとつの会場、地下会議室では、「モデル・カーズ」編集部によるバス&ミニカー関係の展示・販売を開催。長尾編集長自らが製作したクルマ用ジオラマの展示などもございます。
また、弊社営業部による書籍類の販売ブースも設営。鉄道関係、バス・ミニカー関係の書籍類を豊富に取り揃えて、皆様のお越しをお待ちしております。
なお、RM&RMM最新12月20日発売号は1階鉄ホビブースで販売中。

081220_12.JPG

明日21日(日曜日)も午前11時~午後5時まで開催します。
皆様のお越しをスタッフ一同お待ちしております!

みなさんこんにちは、T.I.です。
台湾の鉄道に乗ってきたお話の2回目です。

午前中は高雄の街を地下鉄で普通に観光します。開通したばかりの2番目の路線です。ちなみに車内はこうなっています。
高雄MRT見付
▲日本の地下鉄とはかなり異なります。08.11
椅子はホームにあるようなベンチそのまま、そして前方は一切見えません。
日本の車輌と相当に違いますが、実は世界の地下鉄を見渡すと、車内はこちらの作りの方が多いのです。
また車内は喫煙はもちろんの事、飲食も禁止で高額の罰金が課せられています。

162001.jpg

ブログ読者の皆さん、こんばんは。(まき)です。
本日、RMM最新162号が印刷所から刷り上って参りましたので、その内容をざっとご紹介させていただきます。

162003.jpg

今回の特集は蒸気機関車C62。
元々蒸気機関車特集を組もうと思っていたのですが、いささか間口が広すぎるので、昨今特にOJ方面で話題豊富なC62に絞ってみました。

162004.jpg

Nゲージ蒸機の精密加工で本誌ではおなじみの吉村紅氏の旗振りによるC62競作では、N・TT・16番で合計18輌のC62作品が登場します。

162005.jpg

また、C62を集中的に集めているという熱烈なC62ファンのホビールーム紹介や、今や貴重な東海道時代のC62の写真、現在なんと3社が競作しているOJを中心とした最新C62製品の話題、そして、鉄ホビで買えるC62関連製品カタログなどで構成してみました。

162002.jpg

また表紙および巻頭記事として、つい先ごろ最後の花道を飾った0系新幹線をフィーチャー。
最後に残ったJR西日本R編成3本のうちのR67編成をKATO製Nゲージ改造で作った力作です。

GG6O3208.JPG

このほか、1年間に渡って製作過程を追ってきた16番機関区セクションが一応の完成を見たことによる完成披露グラフ、筆者が個人的に昔からファンだったギタリスト・高中正義さんと鉄道模型が結びついた話など、盛りだくさんな内容となっています。

GG6O7947.JPG

ぜひ、書店・模型店店頭にてご覧ください。(まき)

なお、鉄ホビではクリスマスセールということで、従来からご好評いただいているディテールパーツを続々アップ中!
また、年末年始ならではの目玉商品を豊富にご用意しております。
この機会にぜひ覗いてみてくださいね。

☆そして!この土日は先日来ご案内している通り、鉄道ホビダス一周年記念イベント「第1回 NEKO ホビダス感謝DAY」を弊社にて開催します。
1階ロビーが鉄道関係、地下会議室がバス関係の展示および販売コーナーとなります。

DSC99004.JPG

昨日、編集部瀧口と地下の資料倉庫に行って、何か掘り出しものがないか見てきました。
ありました!我々社員でさえ存在を忘れていたような大昔の書籍や模型が…。
この機会に放出しますので、ぜひいらしてくださいね!
なお、長期保管品につき、多少の傷・ヨゴレはご了承ください。
存在していること自体貴重ですので…。

DSC99001.JPG

ではではお待ちしています!

tk4h1.jpg

毎度、当ブログをご覧いただき、ありがとうございます。
先月末から制作を進めていたNEKO MOOK1227『吊掛讃歌4』が本日印刷所から刷り上って来ました。今回は東武鉄道・江ノ島電鉄・京阪電気鉄道編です。

tk4p2627.jpg

tk4p6869.jpg

著者・片野正巳さんによる縮尺1/100(一部1/150)の美しいフルカラーイラストと共に、時代背景にまで及ぶ解説によって、愛すべき吊掛電車たちが生き生きと走っていた情景が、例え実物を見たことはなくてもくっきりとイメージできるのが本書の素晴らしいところです。

tk43233.jpg

tk46263.jpg

今回もまた貴重な当時の写真によるコラムも随所にちりばめました。
東武5700系ネコひげ時代や、京阪往年の流線型特急車1000形の写真も入っています。
イラストと併せてお楽しみください。

書店店頭発売は12月17日(水)、定価は2,300円です。
お手に取っていただければ幸いです。

kansyaday-hobico.jpg

台湾へ行ってきました

THR02.jpg
皆さんこんばんは、T.I.です。
さて、冒頭から台湾新幹線700Tの写真を掲載していますが、これはNゲージ製品。今回の旅行の記念に台北駅前の模型店で購入したものです。
それでは以下、道中の模様を綴って参りましょう。

上毛700形のバリエーション

どうも、こんばんは甘木です。随分間が開いてしまいました。それで前回放ったらかした続きをやるのかと思えばそうでもないのだから性質が悪い。無論あちらも、このまま闇に葬り去ろうというのではなく近々再開するつもりですが、今回はそれとは違った話題です。


そうそう、その前に目出度いニュースがひとつ。以前RM MODELS誌上にて「列車紳士録」を連載された池田邦彦さんが、講談社による漫画賞「第54回ちばてつや賞」にて大賞を受賞されました。
受賞作はかつての飯田線沿線を舞台とした「RAIL GIRL~三河の花~」。簡易委託駅に住む女の子を主人公とし、人々の織り成すドラマを温かく描き出しています。
作品は発売中の「モーニング」1月1日号(講談社)に掲載されています。ぜひお手にとってご覧ください。池田さん、おめでとうございます。


101.JPG

さて、開業80周年を記念して11月、古豪デハ101を営業運転し話題を呼んだ上毛電気鉄道。私も現地を訪ね、80歳の電車の姿にふれてきましたが、今回はその話でもありません。イベントへの行き帰りの足として皆さんお世話になったであろう、700形電車についてです。

2008年12月   

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

月別 アーカイブ

「RMMスタッフ徒然ブログ」が携帯電話でもご覧になれます。下記アドレスもしくはQRコードを読み取ってアクセスしてください。
http://rail.hobidas.com/blog/rmm/m

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2016 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.