鉄道ホビダス

「昭和電車絵巻―吊掛讃歌3」ご紹介

はじめまして。今年度よりアルバイトとしてこっそり編集作業の末端にからんでおります、甘木と申します。

本日は、せんだって発売となった「昭和電車絵巻―吊掛讃歌 3」について、舌足らずながらご紹介させていただきます。
前回の「吊掛讃歌 2」から半年、今回は「院電・省電・旧型国電」がテーマとなっています。

tsurikake_01.jpg

時代に伴う車輌の移り変わりを目で追って実感できるのは「吊掛讃歌」シリーズの魅力のひとつですが、今回は一号がまるまる費やされた大きなテーマゆえ、その眺めもひときわ壮観。甲武鉄道の2軸電車にはじまり、1950年代、新性能国電誕生前夜の70系・80系に至るまでの主だった院電・省電・国電の系譜を一冊のうちに見渡すことができます。
プリミティヴな味わいの木造車からだんだんと洗練され、おなじみの国電スタイルが確立されていく様子、戦中・戦後の63形・80系登場時の斬新さなど、こうして同縮尺のイラストでずらりと並べられて、改めて実感されるように思います。

tsurikake_02.jpg

同形式の製造時期による差異、時代ごとの変化ももちろんカバー。両開き扉試作車サハ75021など、趣味心をくすぐる異端車もしっかり収録されますし、院電・省電時代の姿はカラー写真はもとより記録を目にする機会そのものが少ないだけに、今回のカラーイラストはむしろ新鮮な趣すらあります。

tsurikake_03.jpg

随所に挟まれた往年の実物写真とあわせて、モデラーには想像力や創作意欲を刺激してくれる趣味のよき友となること請け合いです。

またもちろん、著者・片野正巳氏による“大人のための電車絵本”のコンセプトのとおり、モデラーでなくとも、こうした電車たちに通じていなくとも、かつて電車に心惹かれた思い出があるなら、本書の鮮やかなイラストの数々には必ずや引き込まれるものを感じるでしょう。本書を通して旧型電車の魅力に触れ、趣味の世界への入口とすることもできるかもしれません。見て楽しい、知って楽しい、広くおすすめしたい一冊です。

定価2,500円、好評発売中です。ぜひお手に取ってご覧ください。
なお、「吊掛讃歌 1」「昭和電車絵巻―吊掛讃歌 2」も引き続き発売中です。こちらは国電とはまた違った、カラフルな私鉄電車の魅力が満載。併せておすすめいたします。

2008年8月   

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

月別 アーカイブ

「RMMスタッフ徒然ブログ」が携帯電話でもご覧になれます。下記アドレスもしくはQRコードを読み取ってアクセスしてください。
http://rail.hobidas.com/blog/rmm/m

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2016 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.