鉄道ホビダス

2008年6月 5日アーカイブ

沼尻軽便鉄道の線路跡

 大変ご無沙汰しておりました、(み)でございます。2008年4月28日付けの当ブログにて紹介いたしました4月26~27日開催の「沼尻軽便鉄道」の現地運転会ですが、この際にせっかく現地に来ているのだからということで、急ぎ足ではありますが軽便モジュール倶楽部の会員様のご厚意で、川桁~沼尻間の廃線跡に連れて行っていただきました。

 ここでは起点であり磐越西線との接続駅でもある川桁駅から終点の沼尻駅へ向けて、ダイジェストで追ってみましょう。撮影は2008年4月27日(み)です。

DSCF2445.JPG
▲沼尻軽便鉄道と磐越西線との接続駅でもある川桁駅。その駅前には近年になって「沼尻軽便鉄道記念碑」が建立された。この地域にあった鉄道を忘れまいという、地元の人々の意志の現われだ。碑に書かれているのは、この鉄道がモチーフとなった「高原列車は行く」の歌詞だ。

DSCF2534.JPG
▲川桁駅前からこの斜めに進む道が線路跡だそうだ。カーブも勾配もゆるやかに続く道は、いかにも線路跡らしい。

DSCF2537.JPG
▲今回の運転会場近くの観音寺川に掛かる鉄橋跡地。写真の鉄骨の橋が架かっている位置に軌道の鉄橋があったとのことだ。

DSCF2544.JPG
▲白津停留場跡を示す標識。地元有志の尽力により、白津に限らずすべての駅跡地にこのような「駅名標」が建てられていて、毎年のように廃線跡をたどるウォーキング会も実施されている。

DSCF2552.JPG
▲会津下館駅跡に現在でも残る、当時の駅便所。沼尻鉄道に関わる建造物の中で、そのままの形で現存するものはこれだけだそうだ。

DSCF2595.JPG
▲木地小屋から終点沼尻へと向かう線路跡は現在林道とされ、比較的当時の面影を留めている。林の中を走るさまはまさに「高原列車」だ。写真手前が沼尻側で木地小屋側を見る。

DSCF2577.JPG
▲終点・沼尻駅跡に残る元駅舎を使用した建築物。実際には当時の駅舎とは向きが異なるとのこと。地元の観光会社が使用していたが、現在は空き家となっている。

 かつては沼尻駅名物のデルタ線があった場所も現在では道路の交差点とされ、今ひとつ現役当時の面影が感じられない場所となっていましたが、それでも移築はされていたものの旧沼尻駅舎や近隣の倉庫の一部が残るなど、モジュール上において認識していた空間が実物大に広がる光景には感動を覚えました。
最後に沼尻鉄道で使用されていた車輌を見に、「猪苗代緑の村」へ向かいました。

DSCF2610.JPG
▲数少ない保存車輌である3輌。手前の機関車がDC12形、後ろ2輌がボサハ12形ボギー客車。

 前回も書きましたが、旧沼尻鉄道の沿線には現在でも「当時の軽便の記憶を消さないように」と活動されている方がたくさん居られます。廃線そのものは残念ですが、今でもこうやって地元の人々に、地域のシンボルとして愛され続けている鉄道は幸せに思います。ゆくゆくはこの沿線に資料保存館のようなものも造りたいとのことで、その実現を期待したいと思います。

さて話題は変わりますが、東京でのイベント告知です。

■「エコーモデル・その世界」展 絶賛開催中!

 昭和を題材とした模型や写真が多数出品された「エコーモデル・その世界」展が、東京駅丸ノ内北口前の丸善にて好評開催中です。

maruzen1012b.jpg
▲エコーモデルご店主・阿部敏幸さんの作品の一つ「城新鉄道」の一コマ。(み)もこのレイアウトには大変憧れたものである。P:名取紀之

本誌でも公募しておりました「エコーワールド2008/ジオラマコンペティション」の受賞作品が展示されているほか、本誌でもお馴染みの宮下洋一氏をはじめとした有名ジオラマ作家の作品展示、「三丁目の夕日」コーナーや昭和の情景写真展示など、大変充実した内容です。

特にこの週末である7(土)~8(日)日には、弊社『レイル・マガジン』誌・名取編集長の司会進行で、ジオラマ作家の宮下洋一氏・諸星昭弘氏をお招きしてのジオラマ製作を題材としたトークショーも開催されます(各日14時頃より約30分間)。お誘い合わせのうえご来場ください。

■開催日時:2008年6月4日(水)~12日(木)
9:00~21:00(最終日のみ15:00閉場)
■場所:丸善・丸の内本店4階ギャラリー
(JR東京駅丸の内北口 徒歩約1分)
■入場料:無料
■主催:エコーモデル

※ホビダスブログ・6月4日付「編集長敬白」にて、会場の模様が紹介されています。どうぞご覧ください。

2008年6月   

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

月別 アーカイブ

「RMMスタッフ徒然ブログ」が携帯電話でもご覧になれます。下記アドレスもしくはQRコードを読み取ってアクセスしてください。
http://rail.hobidas.com/blog/rmm/m

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.