鉄道ホビダス

2008年5月アーカイブ

こんにちは、副編まるはねです。今日のブログでは、先日まで編集作業でかかりっきりだった『Q&A 鉄道模型Nゲージ超入門』(5月31日発売)を紹介させていただきます。

080530_01.jpg

本書発刊の目的は、昨今の鉄道ブーム、鉄道模型ブーム(?)によって激増していると言われるNゲージ入門者に向けて、今後も長くこの趣味を楽しんでもらうために本当の初歩レベルからNゲージを詳しく解説した入門書が必要ではないかということでした。そのためにテーマの選別や、用語の取捨選択(ちょっとでもひっかかると思われる用語には、同一頁内で注釈を付けるようにしています)には、例月のRMM本誌以上に気を遣っています。また、読みやすさを意図して、全編に渡って「Q&A形式」を採用。興味あるトピックを「つまみ読み」していくだけで、自然にNゲージの知識が身に付く寸法です。

080530_02.jpg

興味深い内容としては、KATO全面協力による「Nゲージのできるまで」や、本誌で「鉄道模型考古学N」を好評連載中の山下貴久雄氏による「SINCE1965 Nゲージの辿った軌跡」、2大メーカーから発売されているスタートセット、レールセットの展開例を、実例写真を交えてお届けする「スタートセットから始めよう!」といった記事が挙げられます。特に「スタートセット~」の記事は、カタログや説明書でプラン図でのみ取り上げられているプランを、実際に展開して車輌を載せた状態で撮影していますので(商業誌ではこれまで意外に少なかった企画だと思います…)、ご自分の好みのプランがきっと見つかり、今後のレール増備計画にも役立つのではないでしょうか。

080530_03.jpg

またレールメンテナンス、車輌メンテナンス、別付けパーツの取り付け方、塗装済キット(GM製201系体質改善車)の組み立て方といった記事も収録。実はこれは本誌の名物企画、別冊付録の「はじめての~」シリーズからの再構成記事となります。既にお持ちの方には恐縮ですが、一部号は絶版になっていることもあり、今回再録させていただきました。入門者の方にとってもベーシックなノウハウとして、長く役立てて欲しいと思っています。

そして最大の目玉企画が、編集部根本が製作・記事執筆を担当した「碑文谷電鉄線製作記」。約1200×900mmサイズのボードに、通常のレイアウトで考えられるおよそすべての工作要素を盛り込み、その製作工程を豊富なメイキング写真で解説する大型企画です。普段は自己流の激速モデリングが売り物の根本が、極力基本に忠実に、初心者が安全かつ確実に取り組めるよう考え抜いて解説(そのために彼としてはじっくり時間をかけています、といっても完成までわずか2週間…。私には真似できません)していますので、まさに必見の記事に仕上がっていると思います。この記事だけは入門者だけのものにしておくのはもったいない、ベテランの方にも一見の価値がある一本と言えるでしょう。

巻末にはショップガイドとしてModels IMON各店、ポポンデッタ各店、ジョーシンスーパーキッズランドなどを徹底取材して紹介。東京秋葉原と大阪日本橋の鉄道模型店MAPに、全国模型店リストまで収録。とにかく1冊あれば買い物からレイアウト製作まで、あらゆるNゲージ生活に便利に使えます。

●定価980円
●国際判(RMM本誌と同じ)132頁
●5月31日発売

cover.jpg


 RM MODELS155号(2008年7月号=5月21日発売号)の特集は、「京阪神 俊足ランナーの系譜」です。

 1930年代から国鉄/私鉄各鉄道会社がしのぎを削る大阪、京都、神戸の路線網。約75年間に渡る歴史の中で、各社はより多くの乗客を獲得するべくアイディアを絞り合い、数多くの革新的な電車を送り出すなど、上質な輸送サービスの提供に努めてきました。
 本特集では、そんな京阪神エリアにスポットを当て、貴重な実車写真や、おなじみ「吊掛賛歌」のスペシャル版を交え、戦前から現代までの象徴的な車輌たちをモデルで集結させます。


★まだまだあります「今月の見どころ」

●関西Nゲージクラブ合同運転会
開催9回目を迎えた関西地方Nゲージサークルの祭典「関西Nゲージクラブ合同運転会」のレポート。今年も会場には参加メンバーが持ち寄った力作が勢ぞろいしましたが、その中でも注目度の高かった作品をピックアップしてご紹介します。
●キハ07とその仲間たち(上)
2007年にマイクロエースから発売されたキハ42500/キハ07は、プラ製量産品としては異色の存在といえ、良好なプロポーションも相まって発売時には話題となりました。この特集では、マイクロエース製キハ07を大改造、ローカル線や地方私鉄で活躍していた膨大な同形式バリエーションの一部を再現してゆきます。同時掲載の実車写真と併せてご覧ください。
●アルモデル とても簡単な工作のススメ
接着剤がなくても組立可能なアルモデルの金属キット「とても簡単な…」シリーズ。かねてより、この「とて簡」を用いた作品を募集していましたが、このたび37名の方から何と59点が集まりました。見る者の想像力に訴えかける刺激的な作品たちを、今月号と次号に渡って紹介します。
●ニュルンベルク・トイメッセ2008 PRAT3
ドイツのトイショー「ニュルンベルク・トイメッセ」レポートの最終回。引き続き新製品の紹介と、会場にて展示・発表された予定品をリスト形式にてダイジェストでお伝えします。PART1からのレポート内に記述された各種専門用語の解説集も収録。

★今月の表紙は、「歴代俊足ランナーの面々」です。

●2008年5月21日発売
●定価1,000円(税込)
●全国の書店でお買い求めください。
ホビダスでも購入できます。


よろしくお願いいたします。

既にインターネット上に情報が散見され、いささか旧聞に属する話題ではございますが、4月中旬に開催されたトミーテックの業者・小売店向けの新製品・予定品説明会「スプリングセールスミーティング」や、27日に開催されたトミーテック「バス祭り」の会場にて展示・発表された、今後のジオコレ関連製品をご紹介いたします。5月17日(土)・18日(日)には静岡市のツインメッセ静岡に於いて、「第47回静岡ホビーショー」が開催される予定ですので、これら製品の進捗状況がどうなっているのかも大きな見どころになるでしょう。特記以外は「スプリングセールスミーティング」で展示・発表された予定品です。
(※画像はすべてクリックするとポップアップします。)


「サ・カーコレクション80」の新作「トヨタクラウンヒストリーVol.1」がパネルで発表されました。製品化予定車種は、1959~62年に販売されたトヨペットマスターラインバンRS26VB、1967~69年に販売された3代目クラウン(MS56)ピックアップ、1973~74年に販売された4代目クラウン(MS60)後期型オーナーデラックス(いわゆる「クジラクラウン」)、2005~08年に販売された12代目クラウン(JZS180)後期型ロイヤルサルーン(いわゆる「ゼロクラ」)。


 

「ザ・バスコレクション80」第2弾の日野ブルーリボンRUの京阪バス。前扉(グライドスライドドア)と後部(バンパー直上の出っ張り部分)を新規に起こしているとのことです。


同じく「ザ・バスコレクション80」第2弾の日野ブルーリボンRUの富士急行。


「ザ・カーコレクション」Vol.6の試作モックアップ。「コンパクトカー編」と銘打ち、ホンダフィット、トヨタヴィッツ、日産マーチ、マツダデミオが製品化予定。現代をモチーフにしたレイアウトやジオラマを飾るアクセントにはピッタリです。


 

こちらは「バス祭り」会場にて展示された「ザ・バスコレクション」第12弾の未塗装試作サンプル。第12弾は日野RV730P高速・観光バス(左写真)と日野RC301路線バスを製品化。フロントマスクやドアの位置などを作り分けます。また今回、モノコックの路線バスでは初めて、窓ガラスがオールハメ込みとなりそうです。


「鉄道コレクション」第7弾は塗装済試作サンプルが展示されました。写真は三岐鉄道クモハ601形。


 

同じく「鉄道コレクション」第7弾の大井川鐵道モハ1000形(写真左)と南海電気鉄道1521形です。


 

「情景コレクション/情景小物シリーズ」の新作は「A 田舎型バス停セット」と「B 都会型バス停セット(左写真)」。「建物コレクション」では鉄道関連施設が充実! 写真右の「建物コレクション」の「駅B都会近郊風駅舎」は都市近郊の私鉄の駅をイメージしたもので、駅舎と20m級2輌対応単線ホームからなります。写真のように「駅複線化対応ホームセット」により複線対向式ホームへの展開も可能です。


 

「建物コレクション」の「駅A田舎風駅舎(左写真の下)」も舎と20m級2輌対応単線ホームからなります。また、「電車庫A(左写真の上)」も製品化。A1と色違いバージョンのA2のラインナップが予定されています。そして、「建物コレクション」の「駅C」は倉庫と貨物駅のセット。こちらもC1と色違いバージョンのC2のラインナップが予定されています。

NEKO_PUB.JPG

4月21日(月)発売の月刊『RM MODELS』154号奥付やネコ・パブリッシングのインターネットサイトNEKO WEBにて、告知させていただいておりますとおり、RM MODELS編集部では業務拡張につき、常勤の編集アルバイトスタッフを募集しております。

<募集内容>
待遇:アルバイト
交通費:全額支給(上限月額5万円まで)
給与:当社規定による。給与額は面談により決定。
勤務時間:基本9:30~18:30(応相談)
休日:完全週休2日(土・日)・祝日
勤務地:東京都目黒区

鉄道模型が好きな方は大歓迎。編集経験の有無は問いませんが、ご希望の方は下記の条件などをご覧のうえ、履歴書(写真添付)などの必要書類をご郵送下さい。ご応募お待ちしております。

<条件>
・鉄道模型が大好きで、自分でもよく作る。
・Word、Excelは普通に使える。
・HTMLもある程度分かる。
・編集部に1時間程度で通える。
・年齢30代前半まで。
・週4日以上勤務可能な方。

<応募方法>
履歴書(写真貼付)、職務経歴書及び簡単な自己PR文を弊社総務部宛にご郵送下さい。また、ご応募の際には、封筒に「RM MODELS編集アルバイトスタッフ応募係宛」と必ず記載して下さい。ご応募いただいた後、書類選考のうえ、面接を順次行ないます。面接日時は追ってご連絡いたします。

※応募書類はご返却いたしませんので、予めご了承下さい。採用決定次第、募集は終了させていただきます。

<提出期限>
2008年5月30日(金)

<採用書類送付先>
〒152-8545
東京都目黒区碑文谷4-21-13
株式会社ネコ・パブリッシング
総務部 人事HP担当「RM MODELS編集アルバイトスタッフ応募係」宛

<交通・連絡先>
東急東横線「都立大学」駅 徒歩8分
TEL:03-5723-6000(総務部人事担当直通)
E-Mail:saiyou@neko.co.jp
※なお、誠に勝手ながら業務多忙につき、本件に関してRM MODELS編集部へのお問い合わせはご遠慮いいただきますようお願い申し上げます。

 こんばんは、(み)です。このところ大型連休中とあって各地で鉄道模型イベントが目白押しですが、ここでは5月2日より東京・渋谷で開催される「東急東横線80周年記念・鉄道フェスティバル」について簡単にご紹介しましょう。

_MG_8279.JPG
▲東急東横線といったら忘れられない電車がこれ。本誌144号にも掲載のOJゲージ「青ガエル」5000系モデル(日暮昭彦氏作)。1954年の登場以来、およそ四半世紀に渡って東横線で活躍した看板車輌だ。ぜひともお見逃しなく。

_MG_8277.JPG
▲各駅の様子や沿線風景の懐かしい写真、また貴重な部品が所狭しと並ぶ。

 今回は東急線各線の中でも特に東横線にスポットを当て、駅や沿線風景の移り変わりや想い出の古い車輌を写真や模型で振り返るという企画展です。いささか懐古調になりがちな内容ですが、親子連れでも楽しめるよう、実車と同じワンハンドルマスコンを使用した運転台型シミュレーターや東急線に関わるクイズ大会、そして鉄道趣味界でのミュージシャンとして外すことのできないスーパーベルズ&向谷 実氏によるトークショウやライブ演奏など、豊富なメニューが用意されています。

_MG_8282.JPG
▲ハイビジョンを使用した実写映像版のシミュレーター。写真のように実車タイプのワンハンドルマスコン使用機が5台、他にゲーム機器用マスコン使用機が2台用意される。いずれも整理券による受付となる。

IMG_8196.JPG
▲路面モジュール規格で作られた東急線ジオラマ。東急線の利用者には見慣れた風景がたくさん再現されている。写真は北野 誠之氏作の渋谷駅モジュール。

 さて今回、我がRM MODELS的にイチ押しなのが「路モジ」規格で作られた東急線モジュールレイアウトです。実景を箱庭的に凝縮する「路モジ」の手法で東急線を料理するといかなる展開となるのか、じっくりと展示をご覧いただきたいと思います。

 東急東横線80周年記念・鉄道フェスティバルは2日より開催されます。また会場限定の記念品も各種発売されますので、詳細は東急百貨店のイベント紹介ページをご覧ください。

■東急東横線80周年記念・鉄道フェスティバル
■主催:東京急行電鉄・東急グループ
■場所:東急東横店 西館8階 特設会場
■日時:2008年5月2日(金)~7日(水)10:00~20:00
(2日は21:00迄、7日は17:00迄。入場は閉場時間の30分前迄)
■入場料:500円(税込・小学生以下無料)

CRAFT MODELS 3発売

全国の16番ファンの皆様、お待たせしました!!『CRAFT MODELS 3』が発売となりました。


CM3.jpg

今回の記事中82ページ~91ページでは、「16番ペーパーモデル入門 紙で作るクモヤ145-100」と題して、ペーパーでのフルスクラッチをわかりやすく紹介しています。

CM3-145.jpg


この記事のクモヤ145-100のケガキデータを以下からダウンロードできますので、A4サイズのt0.4ケント紙や、いさみやのペーパー車体用方眼紙(B4サイズ)をA4サイズに切り出して、家庭用プリンターで印刷してください。

A4サイズはこちら↓
145A.jpg

145B.jpg


LIPS02.jpg
▲PDF印刷時には「ページの拡大・縮小」は「なし」に設定を、お願いいたします。


製作方法はもちろん『CRAFT MODELS 3』の82ページ~91ページをご覧下さい。



この度、「クモヤ145-100のケガキデータ」が、4月30日の発売日時点でPDFデータに不具合が起きたことにより、データアップロードができなかったことをお詫び申し上げます。心待ちにしていたお客様には大変ご迷惑をお掛けしました。


 
発売は本日4月30日(水)、定価2500円です。お近くの書店、模型店にてお買い求めください!

よろしくお願いします。

2008年5月   

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

月別 アーカイブ

「RMMスタッフ徒然ブログ」が携帯電話でもご覧になれます。下記アドレスもしくはQRコードを読み取ってアクセスしてください。
http://rail.hobidas.com/blog/rmm/m

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2016 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.