鉄道ホビダス

バー銀座パノラマ、初体験!

ご無沙汰しております、副編まるはねです。実は私、あの有名な「バー銀座パノラマ」さんに先日初めてお邪魔したんです。今日はその感動などをお伝えしたいと思います。

20071024_01.jpg

一応念のため「バー銀座パノラマ」さんをご説明しますと、その名の通り東京・銀座にある洒落たショットバーなのですが、キャッチフレーズが「鉄道模型と書のバー」とある通り、店内にはオーナーの趣味である鉄道模型と書道の作品が飾られているのが特徴。鉄道模型のディスプレイとしてはなんとカウンターを周回するNゲージレイアウトがあって常時4列車が同時運転されており、また壁面にもズラリとコレクション(コレ一部は売り物、つまり模型店でもあるのです、ココは)が陳列されているのです。レイルファンにとっては実に居心地の良い空間として既にすっかりお馴染みとなりつつありますが、私は普段お酒は飲まず、ましてや「銀座」でなんてとてもとても…と気が引けてこれまでお邪魔する機会がありませんでした。今回は「ある理由」もあって「新・鉄道模型考古学N」の筆者である山下貴久雄氏からのお誘いを受けてお邪魔させていただいた次第です。

はたして大パノラマレイアウトはどんなものかと期待にわくわくしていたのですが、実は当日は週末ということもあって満席となってしまっており、特別に階下の「パノラマ小部屋」に案内されました。これはたった6席のまさに「小部屋」なのですが、鉄道の他に1970年代っぽいアニメやアイドルの小道具が散りばめられており、「趣味要素の凝縮」という点では本階の上を行く感じ。初パノラマ体験がこちらのディープなお部屋とは…(笑)。これも貴重な体験、「パノラマ」さんには行ったことあっても、この「小部屋」にはまだ入ったことない方も多いのでは?(自慢) もちろんカウンターのレイアウトはこちらにも用意されていますが、さすがに周回は無理で自動往復運転のみ、ただしNと16番の両方が快調に走行しておりました。

20071024_02.jpg

小部屋の雰囲気写真。他のお客様の迷惑にならないように撮影したので、あまり全体像がわかるカットはありません。悪しからず。壁際に飾られているのはレーザーディスクのジャケットで、リクエストすれば鑑賞することができます。今回は山口百恵の引退コンサートに浸りました。

「パノラマ」さんの名物メニューといえば、鉄道を題材にしたカクテルです。特に満鉄=南満州鉄道をイメージしたという「グリーン」「スカーレット」の2種のカクテルは人気メニュー。お味は共に甘口で、お酒のあまり得意でない私もすっきり味わうことができました。また「宇宙戦艦ヤマト」をイメージしたという「ヤマトカクテル」なんてのもありましたよ。もちろん各種おつまみ類も充実、「これが銀座の味か…」なんてね(笑)。

(左)満鉄カクテルのスカーレットとグリーン。小部屋ですとこのように普通のグラスですが、本階で注文すると、当時実際に満鉄で使われていたというグラスで味わうことができるそうです。(右)ヤマトカクテル。SF感を演出するため、グラスはビーカーを使用。

さて山下氏が私を「パノラマ」さんに誘った理由、それは同店が企画を担当したNゲージの「名鉄1000系パノラマsuper・ブルーライナー」が発売となり、予約しておいた商品の引き取りがてら一杯でも…、という趣旨だったのでした。グリーンマックス製造・宮沢模型発売の本モデルですが企画の発端はこの「バー銀座パノラマ」さんだったそうで、それもそのはず、店名の「パノラマ」は実は名鉄パノラマカーにちなむものなのだそうですから、記念すべき初企画製品にはまさにぴったりだったのですね。同店で発売されるモデルには、特典として、ブライトチップス社に加工を依頼する際に使えるクーポン券が同封されています。ブライトチップスは鉄道模型イルミネーションのオーソリティで、高輝度にして色味も極めて統一された各種LEDを供給していますので、室内灯なども市販品とは一味違う高級感ある点灯を楽しむことができるはず。「銀座で買った模型には、それにふさわしい高級な仕上がりを」と考える向きにはうってつけのサービスと言えそうですね。

20071024_05.jpg

暗い部屋で感度一杯に上げているので見づらいですが、製品は基本的にはGM製品の塗装替えです。肝心のラッピング塗装は非常に良く出来ています!

『名鉄1000系パノラマsuper・ブルーライナー』
〈バー銀座パノラマ仕様〉
企画:バー銀座パノラマ
製造:グリーンマックス
発売:宮沢模型
価格:24,150円(税込) ※一般流通品と同じ
特典:ブライトチップス社加工クーポン券付き

20071024_06.jpg

「パノラマ仕様」に添付される、ブライトチップス社加工クーポン券と、パノラマのショップカード。製品のスリーブにもパノラマのシールが貼付されるのが識別点です、考古学的には。

今回2人で2杯ずついただき、多少のおつまみも交えて料金は一人アタマ約6,000円でした。飲食だけでなくこの雰囲気を楽しめたことを考えればこれは大サービス価格! 皆様にも是非オススメ致します!

●ショップデータ
所在地:東京都中央区銀座8-4-5
電 話:03-3289-8700
営業時間:18時~4時(土曜23時まで)
店休日・本階:年末年始、ゴールデンウイーク、夏季のみ休業
     小部屋:日曜・祝日休業
URL:http://www.ginza-panorama.com/

2007年10月   

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

月別 アーカイブ

「RMMスタッフ徒然ブログ」が携帯電話でもご覧になれます。下記アドレスもしくはQRコードを読み取ってアクセスしてください。
http://rail.hobidas.com/blog/rmm/m

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.