鉄道ホビダス
  • TOP
  • RMMスタッフ徒然ブログ

RM MODELS268号、10/21発売!

皆さんこんにちは。本日は10月21日発売の『RM MODELS』268号(2017年12月号)のご紹介です。

20171017181149-cdc2b175301ce257a371c86d65b04d25f6f6bae4.jpg

20161219172505-98ef0ef6132509c944a2df27c4f131ed07ed2a55.png

▲屋舗 要さんセレクト「Nスケールナンバープレートカード」がもらえる定期購読キャンペーン実施中!詳しくは上のバナーをクリックしてください。

20160121150542-152ade6291210cab2620fd23ff52dbeea4144772.jpg

RM MODELS 268号の特集は...
実景模写 ~憧れの景色をレイアウトに~」。

20171017181419-7004a89cd44895214f0998dc3a297bdc0c3e1f7a.jpg

▲特集冒頭を飾るのは、東北本線松島駅をモジュールレイアウト方式でかなり忠実に再現した作例(製作:菅井 洵さん)。自宅の限られたスペースで実感的な情景を楽しむために駅部分以外をスッパリと隠し、自動運転によって時折現れる列車を眺めて楽しむという趣向のレイアウト。

あなたが鉄道模型を始めたきっかけは、旅先で出会った列車の思い出からでしょうか? それとも、地元を走る列車の力強い姿からでしょうか? どちらにせよ、心に残る列車との出会い、そしてその舞台となった鉄道風景の記憶が、この趣味の根底にあるのではないでしょうか。感動のシーンを手に触れられる姿で残したい、再現したいという思いから、レイアウト製作を志す方も多いことでしょう。

20171017181439-91a36e7e9ed2702fc0fa21bcdf48a6dcc038feb3.jpg

▲作り込まれた実景再現セクションで、JAMコンベンションなどのイベントでも注目を浴びている「麦レ~ル」。今回は同サークルの近作レイアウトから、昨2016年のJAMでお目見えした京葉臨海鉄道の分割式レイアウトを紹介する。家庭用3Dプリンタを最大限活用したストラクチャー・アクセサリーや、工業地帯を走る実物のエッセンスをうまく凝縮した構成に注目。

「実物の姿をありのまま小さく、手もとに」という模型への根源的な願いは誰もが描くものですが、実際にはスペースや費用、時間...などなど様々な理由から、実物の鉄道をまったくそのまま再現することは不可能。今回は実物の風景を巧みに切り取ることで、限られた条件の中でその夢を実現した作品を見ていきます。スペースに収めるためのデフォルメをかけつつも実際の風景らしく見せるエッセンスはどこにあるのか、それぞれの作品からあなたなりのヒントを見出していただければと思います。

★まだまだあります「今月の見どころ」

20171017181501-cee12a009674d17fb1b8fcb83211f7d3dba06ef0.jpg

▲第13回軽便鉄道模型祭
年に一度のナローゲージャーの集い、軽便鉄道模型祭が今年も開催されました。2日目の本祭では、これまでで最多となる720名の来場を記録した今年の「軽便祭」から、誌面では各クラブの出展した注目の作品群を中心にレポート。メーカーブースで見かけたニューモデルも併せて紹介します。

20171017181519-6a6ca9e2aa3ce359b7277d5e610ca2654624de01.jpg

▲鉄道ホビダスキット競作 阪急八〇〇〇系 其之一
鉄道ホビダスからキハ40、名鉄7000系に続く16番プラキットとして発売された阪急8000系。鉄ホビ的にはなかなか力を入れたアイテムと聞いていますが、さて、地元関西の反応やいかに...? ということで、今回は阪急電車に造詣の深い関西在住のベテランモデラーが本キットを競作。ちょっと「辛口」なレビューも含め、本キットの率直な印象と、より良い作品に仕上げるためのポイントを実践とともに語っていただいています。これから組まれる方、ご検討中の方はご一読を。

20171017181538-af3da98c67c0e674a1371429cecb3a8dd4fe6de7.jpg

▲第26回 鉄道模型大集合 in OSAKA
通称「関西合運」と呼ばれる、16番系を中心とした関西のモデルクラブによる合同運転会。今年もJORC関西、日本トロリーモデルクラブ、HOJC、京都隧道倶楽部(京都トンネルクラブ)、脱線会、13ミリゲージ同好会(十三クラブ)、GTC(ゼネラル・トレインズ・クラブ)、鉄道模型交友会(T.M.K.C)、鉄道模型同好会 どうりん、KTMC(関西鉄道模型クラブ)の10団体により開催されました。誌面では昨年同様、会場に集った辣腕モデラー各氏の作品をレポートします。

その他にも全日本模型ホビーショー新製品レポートや、先般受付の終了した『「猫屋線」改造コンテスト』の選考結果発表&情景部門受賞作品グラフなど注目記事を満載。連載『New Model PREMIUM』ではマイナー形式ながら2社競作となったキハ91系〔KATO/マイクロエース〕の超マニアック加工作例、一見地味ながら実は奥の深い京成3500形の軽加工作例〔マイクロエース/鉄道コレクション〕を取り上げます。『昭和模型工作室』では前号に引き続き、Aclass製ベースの80系(今回は宮下洋一さん自身の16番作例!)および西武3扉車作品集をメインにお届け。情景・車輌ともに充実の一冊です!

●RM MODELS268号(2017年12月号)

●A4変型国際判・180頁/定価1,000円+税(税込1,080円)

※お求めはお近くの書店へ。またお近くに書店がない場合のご注文はカスタマーセンター: 04-2944-4071 までお願いいたします。

20150310182422-fc324f953b47a8933eb19bd55f3bfe0608fb13a6.jpg

RM MODELS267号、9/21発売!

皆さんこんにちは。本日は9月21日発売の『RM MODELS』267号(2017年11月号)のご紹介です。

20170919191748-1cc23056595b86f2af756e2e02f8811656c38b94.jpg

20161219172505-98ef0ef6132509c944a2df27c4f131ed07ed2a55.png

▲屋舗 要さんセレクト「Nスケールナンバープレートカード」がもらえる定期購読キャンペーン実施中!詳しくは上のバナーをクリックしてください。

20160121150542-152ade6291210cab2620fd23ff52dbeea4144772.jpg

RM MODELS 267号の特集は...
制御機器最前線 ~もっと運転は楽しくなる!~」。

20170919191808-2ff720d939f692e946d91037f5a2e7cd1d990d78.jpg

▲265号で速報をお届けしたTOMIXの新制御システム「TNOS」。アナログDCを基本としつつも高度な閉塞運転の可能な本システムについて、今回は試作品をお借りしての速攻レビューを敢行! 発売よりひと足先に、その基本構成や操作方法を紹介します。

このところ、各社から従来とは一線を画す制御機器のリリース・開発発表が相次いでいます。スマートフォンやタブレット端末などの最新情報機器とリンクして列車の遠隔操作を行なえるものや、小型化・高性能化されたカメラと通信技術で運転台からの風景を実車さながらに楽しめるもの。あるいはこれまで以上に容易かつ本格的に楽しめるサウンドシステムや、同時に複数列車を制御する閉塞運転システムなど...。従来まったく不可能ではなくとも専門知識・技術が必要だった愉しみ方も、一般ユーザーレベルで手軽に扱えるようになり、かつてないほどの豊かな運転が可能となりつつあります。

20170919194221-7c2b3a59c7b752be0670efcc9f42c60b31eaf333.jpg

▲2014年の発売以来、年々音源のバリエーションを増やしているKATO「サウンドボックス」。誌面ではユーザー的に気になる「他社製制御機器との組み合わせ」や、活用の幅を拡げてくれる「今後の新機能・関連アイテム」を含め、改めてその魅力を詳解。また別記事では、本製品と連携可能な新しいサウンド製品にも迫ります!

本特集ではこうした流れを踏まえて、最近登場したばかり、または登場目前の「制御」関連製品を主軸として、その使い方、愉しみ方を紹介していきます。夏の暑さも引き、過ごしやすくなってきた今日この頃。今年は「工作の秋」に加えて「制御の秋」も楽しみませんか?

20170919194157-0c7a5a26a3aeb89743072547702f45592d6be47b.jpg

▲スマートフォンを操作盤とし、1台でアナログDC・DCCの両方を制御できるロクハン「e-Train controller」。発売されたばかりの本製品、メーカー直撃取材と松本吉之さんによるトライアル・インプレッションで実力を拝見!

★まだまだあります「今月の見どころ」

20170919191831-346d2869512b6dde9bdcdd0e13678ec6e59df53f.jpg

▲PickUp Scenery's JAM2017
毎年恒例、夏の一大鉄道模型イベント「国際鉄道模型コンベンション」(JAMコンベンション)が今年も開催されました。誌面では多岐に渡る出展物の中から、モデラー出展(MP)ブースで見つけた注目の情景作品を中心にピックアップしてレポートします。今回紹介しきれなかったMPや各種コンテストなどについては、年末に刊行予定の『JAM2017 公式記録集』で網羅的に紹介する予定ですので、そちらもお楽しみに!

20170919191854-3c7c8134ec50cc649b766938401c5e3f13491a62.jpg

▲マニ50 華麗なる変身/東西2つの元京王線
前号に引き続いての鉄道ホビダス16番プラキット・マニ50の改造作例集。今回は荷物輸送の廃止に伴い、新たな任務のために改造された後年の姿を中心に紹介します。また同じく鉄道ホビダス製プラキット加工モノで、富士急行1000系キットをベースとした富士急リバイバルカラー車・ことでん1100形の作例も掲載。モデリングの参考にぜひ!

20170919191912-001adf0e502d0218865b7cbc2fbb42e836610461.jpg

▲昭和模型工作室
今回の「昭和模型工作室」は旧性能電車を中心とした車輌系記事が満載。注目はAclassから近日発売となる80系200番代キットのテストショット作例(多摩川 泉さん製作)および製品解説で、製品のポイントはもちろん、実車の概要やモデル的に面白い編成例なども紹介、旧国モデラー必見の内容となっています。続いて宮下洋一さんの西武赤電作例集も前号に続き掲載。そして宮下さんと若手モデラー谷川晃介さんとで進行してきた「Chitetsuゼミ」では最終回として、谷川さんによるNゲージ旧国作品の完成した姿をご覧に入れます。

また連載「鉄道模型進化論」では番外編として、同連載著者にして超ベテラン漫画家でもある水野良太郎先生に自らの作家・趣味人としての半生を伺う特別インタビューを掲載。他にも前号に続く鈴木英一さんの13mmレイアウト「己亥鉄道」探訪記事の後編など、多彩な記事が満載です!

●RM MODELS267号(2017年11月号)

●A4変型国際判・180頁/定価1,000円+税(税込1,080円)

※お求めはお近くの書店へ。またお近くに書店がない場合のご注文はカスタマーセンター: 04-2944-4071 までお願いいたします。

20150310182422-fc324f953b47a8933eb19bd55f3bfe0608fb13a6.jpg

2017年10月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

月別 アーカイブ

「RMMスタッフ徒然ブログ」が携帯電話でもご覧になれます。下記アドレスもしくはQRコードを読み取ってアクセスしてください。
http://rail.hobidas.com/blog/rmm/m

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2016 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.