鉄道ホビダス
  • TOP
  • おうちで読み物! PLAY BACK Rail Magazine
■廃車わずか3両!峠越えの通勤車  2410系は大阪線・名古屋線向けに導入した通勤車2400系の増備車として1968年〜1973年に製造され、空気ばね台車とラインデリアを装備している。また、155kWの主電動機採用により1M1T編成を実現し...
■京都線の採寸を変えた?地下鉄直通車  阪急電鉄3300系は大阪市営地下鉄(現・Osakaメトロ)堺筋線への乗り入れに備えて、1967年に登場した京都線向けの通勤車であり、1969年までの2年間で総勢120両が一斉投入された。 また、直通先...
■強靭なステンレスボディが長生きの秘訣?!  6000系は南海の4扉車として初めての高性能車として1962年〜1969年に72輌が東急車輛で製造された。大きな特徴としてはオールステンレス車体を採用しており、これが長寿命の決め手となっている。...
■複々線を駆ける!車体60歳の元スーパーカー  2600系は1978年に登場した通勤車。このうち30番代は新造され、0番代は1959年に登場した高性能車2000系"スーパーカー"の車体を改造して流用している(書類上は新造扱い)。なお、この2...
■数々の映像作品に出演!江ノ電のマスコット  300形は江ノ島鎌倉観光(当時)が1953〜1955年に導入した2車体3台車方式の連接車である。現存している305編成は1955年に京王デハ2000形の台枠を流用して、⾞体は東横車輛電設・台⾞は...
■~房総ノスタルジー~ 響けDMH17形エンジン  キハ200形は小湊鐵道で活躍している気動車であり、国鉄キハ20形に準じた2扉車体と京成3100形(初代)に準じたシールドビーム2灯の前面デザインを持ち、車内はオールロングシートとなっている...
■引退近し?ステンレスボディのヒルクライマー  現在、長野電鉄で走っている帝都高速度交通営団(営団→東京メトロ)日比谷線用3000系は1961年に登場し、1970年度まで9次にわたって製造された。ただし先頭車が製造されたのは1968年製造の...
■東京湾から瀬戸内海へ 還暦を迎えた「海辺の俊足」  京浜急行の車輌は高松琴平電鉄(琴電)に譲渡されており、現在は600形、1000形、700形の譲渡車が琴平線、長尾線で活躍している。過去にはデハ230形やクハ120形が譲渡されたこともあり...
■青森から大阪まで!各地で活躍!東急7000系  日本初のオールステンレスカー7000系は1962年〜1966年にかけて134輌が製造された。7000系は回生ブレーキ、アウターローター形ディスクブレーキを搭載したパイオニア台車などを採用。制...
■「私鉄の103系」と呼ばれた車両  東武8000系は、東武の主力通勤車として1963〜1983年まで長きにわたって製造された。この製造期間は国鉄103系とほぼ同じであり、製造輛数も私鉄車輌としては最大の712輌を数え、「私鉄の103系」と...

facebookはじめました!
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.