鉄道ホビダス

レイトン・バザードのハロウィン。

091024nIMGP8309.jpg
▲Stonehenge Works stationで機回しをするCタンク“DOLL”(Barclay/1919)。手前の一見古そうなダブルルーフ客車は、実はもと国防省のスタンダードゲージの2軸DC(1958年製)だったそうで、英国の北陸重機(?)アランキーフでカットダウンしてこのようなナロー客車に生まれ変わったという変り種。'08.10.26
クリックするとポップアップします。

ここ数年、この季節になるとやたらと目につくのが“ハロウィン”の装飾です。ジャックランタンと呼ばれるカボチャ提灯が商店街に溢れ、地下コンコースにまで出店が出る有様ですが、クリスマス、バレンタインに続く第三のお菓子商戦を根付かせようという思惑なのか、少々違和感を覚えずにはいられません。

091024nIMGP8271.jpgそんなジャックランタンを見ると思い出すのが、ちょうど一年前、イングランドのレイトン・バザード鉄道の“ハロウィン・スペシャル”です。ロンドン郊外で開催されたエキスポ・ナローゲージ(アーカイブ「EXPO NARROW GAUGEの旅」参照)を訪れた際に足を伸ばしたのですが、実はこの渡英は家内と一緒で、エキスポの方は大英博物館に“リリース”して事なきを得たのですが、続いてレイトン・バザードとなるとそうもいきません。こちらのお目当ては復活を遂げた旧鉄聯のボールドウィン1Cタンク機(778)なのですが、「本物のハロウィンを見に行こう」と甘言を弄して、高速M1を北へと向かいました。
▲Page’s Park stationでハロウィン・スペシャルを見送る地元の魔女(?)。不気味なぬいぐるみをパクパクさせていた。'08.10.26
クリックするとポップアップします。

091024nIMGP8313.jpg
▲車内はさぞやデコレーションされて…と思いきや、なんのことはないささやかなモールがぶら下がっているだけ。'08.10.26
クリックするとポップアップします。

なんでもかんでもキリスト教とひと括りにしてしまう私たち日本人にはわかりませんが、カトリックの諸聖人の祝日「万聖節」(All Hallows=11月1日)の前夜祭を祝う10月31日のハロウィン(Halloween)は、アイルランドやスコットランドでは一般的ですが、イングランドではほとんどその風習がなく、むしろ最近になってアメリカのイベント化したハロウィンが逆流してきたとも言われています。

091024nIMGP8333.jpg
▲途中唯一の交換設備Leedon Loopで対向列車と待ち合わせ。対向列車は1915年製Avonside製Bサイドタンク機とDLの重連牽引だった。'08.10.26
クリックするとポップアップします。

果たしてレイトン・バザードのハロウィンとはどんなものなのか…6年ぶり(アーカイブ「レイトン・バザードの秋」参照)となる起点のPage’s Park駅は、なんら変わることなくひっそりと佇んでいました。それにしても静かです。“ハロウィン・スペシャル”と銘打つだけに、朝からさぞや賑やかなことだろうと想像していたのとは裏腹に、本当に運転日なのかと疑いたくなるような閑散ぶりです。

091024nIMGP8317.jpg訝しく思いながら駅舎に入ってみると、確かに出札窓口には本日ハロウィン・スペシャルの告示が…。狐につままれたような思いで待つこと一時間余り。ようやくそれらしき幽霊風なドレス(spookiest clothes)を着込んだ子どもがお母さんに連れられて待合室に入ってきました。続いて同じような風体の親子も数組。どちらの家族も駅員(ボランティア)とは家族ぐるみの付き合いのようで、世間話に花が咲いています。そのうちに駅事務室から魔女(?)らしき人物が現れ、ようやくそれらしい雰囲気になってきたものの、この魔女(?)もお仲間らしく世間話をぺちゃくちゃ…。結局、ハロウィン・スペシャルの発車時間が近づいても、駅周辺は賑わうというより“村の鎮守様の祭り”に集まってきた近所の人たちの様相です。
▲とにかく徹底して質素。ハロウィン・スペシャルの牽引機“DOLL”の正面も前照灯掛けに小さなジャックランタンが刺さっているだけ…。'08.10.26
クリックするとポップアップします。

あっけにとられている日本人夫妻に、あなたたちも乗るの?とばかり、ホームの魔女に見送られてハロウィン・スペシャルはPage’s Park駅をあとにしたのです。

091024nIMGP8299.jpg
▲Stonehenge Works stationで機回し中の“DOLL”。キャブの軒に蜘蛛の巣を模した小さなデコレーションが吊るされているのが見えるが、これが“specially decorated steam trains”の正体か?。'08.10.26
クリックするとポップアップします。

とかく華美な装飾と鳴物がないと気がすまなくなっている日本人からすると、なんとも脱力系のハロウィンではありましたが、列車の中で楽しそうに歌っている親子を見ていると、むしろそれこそが本当の原点であることに気づかされもしました。この週末、レイトン・バザードでは、きっとまたあの列車が走るに違いありません。

※明日は不在のため休載させていただきます。

091019nRML123bn.jpg

090820n008.jpg

レイル・マガジン

ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.