鉄道ホビダス

残念! 津軽森林鉄道の客車焼失。

091007n0279.jpg
▲すっかり焼け落ちてしまった津軽森林鉄道の客車。隣の運材台車にも延焼してしまっているのが見てとれる。'09.9.20 P:芝山喜久男
クリックするとポップアップします。

わが国最古、かつ最大規模を誇った「津軽森林鉄道」については、3年ほど前にその現状をお伝えしましたが(アーカイブ「津軽森林鉄道跡をゆく」参照)、その際にもご紹介した五所川原市金木町の金木歴史民俗資料館前の保存車輌が、先月、なんと火災によって焼失してしまいました。

091007n076.jpg地元紙『陸奥新報』の報道によれば、9月9日午前1時過ぎ、芦野公園横をクルマで通りかかった人から展示車輌が燃えているとの119番通報があり、ただちに消防が出動したものの、木造の客車と運材台車の荷台部分の木材、それに展示場の屋根が焼失してしまったとのことです。芦野公園では7月にも看板が燃やされる不審火があり、どうやら人為的な放火によるものと思われます。
▲焼失前の展示状況。酒井工作所製5t機が牽く列車を見立てて、中間には運材台車を挟んだミキストとして展示されていた。'06.11.24 P:名取紀之
クリックするとポップアップします。

091007n0283.jpg
091007n086.jpg
▲展示場の屋根も焼け落ちてしまった現状(上)と、きれいに整備されて展示されていた3年前の状況。機関車のキャブ後部も一部焼損しているようだ。'09.9.20 P:芝山喜久男/'06.11.24 P:名取紀之
クリックするとポップアップします。

報道から一ヶ月近く、いったいどんな状況なのか気になっていましたが、先日、『国鉄時代』でも健筆をふるわれている芝山喜久男さんが現地を訪問、その画像をお送りくださいました。芝山さん曰く…
「好天に恵まれた連休、津軽鉄道の撮影を楽しむ合間に訪問しましたが、骨組みとなった復元客車や煤残る木材車に、思わず心曇る惨状でした。」
写真を拝見するに、やはり客車は骨組みだけを残して焼け落ちてしまっており、いわば全焼の状況です。しかし心配された機関車までは類焼が及ばなかったようで、写真を見る限りでは、大きなダメージがなさそうなことだけが救いでしょうか。

091007n079.jpgこの機関車と客車、それに運材台車は1967(昭和42)年の最終廃止まで金木営林署に残されていたもので、廃止後はながらく金木小学校大東ヶ丘分校に保存されていました(当時の画像は→こちら)。1997(平成9)年に、「わが国最初の森林鉄道」の歴史を後世に伝えようと、地元・金木町が金木営林署や林鉄関係者有志の協力を得て芦野公園内の歴史民俗資料館前に移設・展示したものですが、この際に腐食の激しかった客車の車体部分はコマツ青森㈱の手によって新たに作り直されています。
▲展示開始から7年近く経過するにも関わらず、素晴らしい保存状態だった客車。車体は復元したものとはいえ、なんとも残念。'06.11.24 P:名取紀之
クリックするとポップアップします。

このような経緯だけに、客車は厳密に言えばオリジナルではありませんが、原形に忠実に、しかも名産のヒバ材を用いて丹念に作られた車体だっただけに、かえすがえすも残念でなりません。

091007n0289.jpg
▲サイドから編成全体を見るとその惨状が良くわかる。幸い機関車のダメージはそれほど大きくなさそうで、再整備されるのを祈るばかり。'09.9.20 P:芝山喜久男
クリックするとポップアップします。

先日、10月4日夜には岩手県二戸市にある“座敷わらし”が出る旅館として知られる「緑風荘」が焼失する火災が起きています。直近の例だけでも、モーガン邸、旧吉田邸、そして“トトロの家”と歴史的建造物の罹災が相次いでおり、今回の火災にも言葉がありません。何とか再生していただければ…と願うばかりです。

091007n0601-3.jpg
▲秋風の津軽海峡を横目にED79牽引の14系団臨がゆく。この付近は津軽森林鉄道がさながら複線のように津軽線に寄り添っていたはず。'09.9.6 津軽線蟹田-瀬辺地 P:芝山喜久男
クリックするとポップアップします。

最後に芝山さんからお送りいただいた画像の中にあった津軽線蟹田-瀬辺地間の写真をお目にかけましょう。芝山さんは小ブログで津軽森林鉄道の概要をお知りになったそうで、「ブログを拝読して、この夏、ほかの撮影の合間に津軽林鉄の保存車を巡りましたが、全盛期を想像するだけで、ワクワクしてしまいます。(中略)この写真の手前に並行する道路のあたりが林鉄軌道跡と思うと、興味津々でした」と書き添えてくださっています。

090820n008.jpg

レイル・マガジン

ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.