鉄道ホビダス

JR西日本新型特急電車は287系。

091006n001n.jpg
特急「きのさき」や「北近畿」などで運用されている183系特急型電車の置き換え用として、JR西日本は新型直流特急型電車287系を投入すると発表しました。
▲287系の外観レンダリング。カラーリング等は後日決定される。 イラスト:JR西日本提供

基本コンセプトは新型“サンダーバード”を踏襲しつつ、さらなる安全性向上のため車体の構造強化を行ない、オフセット衝突対策や衝撃吸収構造が採用されます。また外観の先頭形状は“サンダーバード”など在来のJR西日本の特急のデザインを踏襲しつつも、新たなデザインとするとしており、外観カラーリングの詳細は追って発表される予定です。

091006n002n.jpg
▲ついに終焉の時が迫ってきた福知山電車区の183系。国鉄特急色に順じた塗色で「北近畿」に充当されている。'09.9.21 福知山線川西池田 P:田井 直さん (今日の一枚より)
クリックするとポップアップします。

また、客室内も新型“サンダーバード”のコンセプトを踏襲した設備とし、多目的室や車いす対応トイレを設置してバリアフリー対応を図るとともに、座席の座り心地の向上や足元スペースの拡大、女性専用トイレの設置、グリーン車の全座席と普通車の車輌最前部・最後部座席へのモバイル用コンセントを設置といった、車内での居住性・快適性の向上も図られる予定です。

投入輌数は4輌編成×7本と3輌編成×6本の計46輌。2011(平成23)年春頃より大阪・京都―城崎温泉・天橋立・東舞鶴間などで営業運転を開始する予定で、JR西日本の183系最後の牙城・福知山電車区も大きな変貌を遂げることとなります。

090820n008.jpg

レイル・マガジン

ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.