鉄道ホビダス

南北線に9000系第5次車。

090130n001.jpg
▲前面デザインが変更された9000系第5次車。前面から側面に流れるラインもデザインも独特のものとなっている。 (東京地下鉄プレスリリースより)

東京地下鉄(東京メトロ)南北線用9000系の第5次となる増備車が誕生、今春営業運転に入ります。今回の増備車は、外観では前面デザインが変更されているのが大きな特徴と言えましょう。また従来車は4M2TであったMT比が今回の増備車では3M3Tに変更されており、パンタグラフもシングルアーム式となり、M1'車には1基、M1車には2基搭載されています。

090130n002.jpg
車体はセミダブルスキン構体を採用し、車体隅柱強化、溶接位置変更等により車体強度を向上させ、衝突安全性を高めているそうです。編成は赤羽岩淵方からCT1-M1'-T-M1-M2-CT2(下図参照)。
▲9000系従来車と第5次車の比較。 (東京地下鉄プレスリリースより)

客室内では、側扉上の案内表示器が液晶式となったほか、車端部の荷棚の高さを低くし、さらに優先席部の吊手も低く設置されています。また冷房能力も従来の42000kcal/hから50000kcal/hに向上しています(東京メトロ提供比較項目表参照)。このほかにも床面高さを10mm低くしてホームとの段差を縮小しているほか、車体に使用しているアルミ合金の種類を統一してリサイクル性を向上、床材や座席表地などを変更して火災対策の強化を図っています。

090130n003.jpg
▲3M3Tとなった9000系第5次車編成形態。 (東京地下鉄プレスリリースより)
クリックするとポップアップします。

この南北線用9000系第5次車は6連×2本、計12輌が新製され今春から営業運転に入りますが、注目の車号は写真から判断すると従来車の続番となるようです。なお、この9000系第5次車に関しては改めて本誌誌上でも詳しくご紹介する予定です。

waga_kokutetu_jidai.jpg

レイル・マガジン

ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.