鉄道ホビダス

桜谷軽便鉄道を訪ねる。(下)

081216n015.jpg
▲秋深い小代-嬬恋間の築堤をゆく草軽電気鉄道デキ12…といった雰囲気の南山線デキ12。'08.12.6
クリックするとポップアップします。

南山線の開通にともなって「軌道線」と称されるようになったご自宅の軌道は現在では休線となっており、車輌もすべてこの南山線に移籍してきているそうです。しかも毎年のごとく新製車輌が増えていっているため、今や風の峠駅の検車庫周辺はさまざまな車輌で溢れかえっている状況です。

081216n016.jpg「軌道線」時代の車輌はご自宅の庭という制約から車輌限界が極めて小さく、たとえば花巻電鉄風のデハ6は車体全幅がわずかに510㎜しかありません。これに対して南山線は200㎜ほど限界が拡大しており、乗車定員もそれなりに増加しています。現在、南山線には軌道線から移籍してきたデハ6をはじめ、8号蒸気機関車、尾小屋風ガソリン動車キハ3、草軽風電気機関車デキ12、秋保電車風電車モハ1408など、十数輌の車輌たちが在籍しています。
▲南山線に移って車輌限界が広がったとはいえ、正面から見ると恐ろしいほどの“スライスチーズ”ぶり。'08.12.6
クリックするとポップアップします。

081216n013.jpg
▲色鮮やかな名残の紅葉をバックに“草軽”が桜谷駅のループを廻る。なんとも見ているだけでも“癒される”。'08.12.6
クリックするとポップアップします。

081216n002.jpg拝見していて改めて驚かされるのは、技術力もさることながら、その発想の柔軟さ、アイデアの豊かさです。8号蒸気機関車は市販の5インチ・ライブスチームのボイラーと足回りをそっくり流用し、いわば“親亀の上に子亀が乗った”状態で“親亀”の動輪に動力を伝達しています。転轍機のダルマにしても鉄アレーを流用していたり、電動ポイントに事務機器の廃品モーターを再利用していたりと、とにかく随所に目の覚めるようなアイデアが散りばめられています。しかも車輌製造を含めてこれらの工作のすべてが、風の峠駅に設けられた検車庫と工場で行なわれているというのですから、これまた驚きです。
▲風の峠駅の構内急曲線を行くデキ。左に見える建物は“駅舎”。'08.12.6
クリックするとポップアップします。

081216n010.jpg
▲秋保電車風モハ1408は2005年製のニューカマー。ちなみに秋保(あきう)電気鉄道は東北本線の長町と秋保温泉を結んでいた温泉電車で、1961(昭和36)年に廃止された。'08.12.6
クリックするとポップアップします。

081216n014.jpgオーナーの持元節夫さんは電気会社を定年退職してから、この15インチ鉄道建設に没頭されてきたとのこと。もちろんご自宅の「軌道線」ならまだしも、南山線のように規模が大きくなるととてもひとりですべてをこなすのは困難で、今では多くのお仲間がメンテナンスや運転会のお手伝いなどをかって出てくれているとのことです。お訪ねした日も何人ものスタッフの方がいろいろとお世話下さり、実に楽しい時間を過ごさせていただくことができました。
▲最新作のデキ3の前に立つ持元節夫さん。'08.12.6
クリックするとポップアップします。

081216n011.jpg
▲すすきの中を進むモハ1408。眼下には能勢電ときわ台駅周辺の住宅街が広がる。'08.12.6
クリックするとポップアップします。

この桜谷軽便鉄道南山線、乗車は無料で、ご家族でお出でになってもきっと楽しいひとときを過ごせるはずです。ただし、定期的に運転されているわけではありませんので、運転会開催日をホームページで確認することをお忘れなく…。

※桜谷軽便鉄道公式ホームページは→こちら

bunner_nolayer.jpg

レイル・マガジン

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2016 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.