鉄道ホビダス

山陽・九州新幹線直通用車輌が完成。

n700.7000n1.jpg
▲川崎重工業兵庫工場で完成した量産先行車がクレーンで吊り上げられ、博多へと向かおうとしている。'08.9.29 川崎重工業 P:RM(高間恒雄)
クリックするとポップアップします。

今年2月に概要が発表された山陽新幹線と九州新幹線との相互直通運転用車輌の量産先行車が完成、メーカーの川崎重工業兵庫工場で搬出の状況が報道公開されました。

n700.7000n2.jpgJR西日本とJR九州がかねてより共同で開発に取り組んできたこの相互直通運転用車輌は、N700系をベースに8輌化したもので、先頭形状のエアロ・ダブルウィング形(先頭長10.7m)はN700系と同様ながら、九州新幹線内の35‰勾配に対応するため全電動車化が図られています。もちろん山陽新幹線内での最高速度は300㎞/h(九州新幹線内は260㎞/h)に設定されています。車体外観は伝統的な陶磁器の青磁を思わせる「白藍(しらあい)」色をベースに、側面ラインに「濃藍(こいあい)」色と漆器の蒔絵に使われる「金」色のラインを重ねて品格とプレミアム感を演出したものとなっています。
▲その表情。基本的にN700系をベースにしており、カラーリング以外は瓜二つと言っても良いだろう。'08.9.29 川崎重工業 P:RM(高間恒雄)
クリックするとポップアップします。

n700.7000n7.jpg
▲いよいよ輸送船に積込まれようとする量産先行車の先頭車輌。10月3日には博多総合車両所に搬入される予定だ。'08.9.29 川崎重工業 P:RM(高間恒雄)
クリックするとポップアップします。

n700.7000n3.jpg
▲こちらは搬出を待つ7号車。貫通ホロ部にはメーカーの養生シートが貼られている。'08.9.29 川崎重工業 P:RM(高間恒雄)
クリックするとポップアップします。

n700.7000n4.jpgこの山陽・九州新幹線直通用車輌の量産先行車、注目の番代は7000番代とされました。製作はJR西日本が担当、博多総合車両所で組成ののち、10月末から山陽新幹線を用いて試運転が行なわれる予定となっています。2011(平成23)年春の山陽・九州新幹線直通運転開始を前に、山陽新幹線内で試運転をする姿が間もなく見られるはずです。
▲先頭車の前面ガラスには編成番号の「S1」の文字が入れられていた。'08.9.29 川崎重工業 P:RM(高間恒雄)
クリックするとポップアップします。

n700.7000n5.jpgn700.7000n6.jpg
▲車体側面には相互乗り入れを実現するJR西日本とJR九州両社が手を携えて交わるようなロゴが配されている。なお、番代は7000番代となって区分されている。'08.9.29 川崎重工業 P:RM(高間恒雄)
クリックするとポップアップします。

n700.7000nfig.jpg
▲山陽・九州新幹線直通用車輌の700系レールスター、800系つばめとの比較主要諸元。(JR西日本・JR九州プレスリリースより)
クリックするとポップアップします。

※かねてよりご案内申し上げておりますように、明日からの日本鉄道保存協会年次総会(→こちら)出席のため、小ブログは4日までお休みさせていただきます。あしからずご了承ください。

keihaku-banner3a.jpg

レイル・マガジン

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2016 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.