鉄道ホビダス

お薦めの写真集『上州を走ったトラム 伊香保電車』。

tabeisyashinsyu2.jpg
▲田部井さんのご厚意で収録作品の中から何枚かをお目にかけよう。この写真は高崎駅前停留場を発車する渋川行き電車。複合ビル化した現在の高崎駅からは想像さえできない情景だ。1953(昭和28)年撮影。(田部井康修写真集『上州を走ったトラム 伊香保電車』より)

現在、東武博物館で開催中の特別展「上州を走ったトラム 伊香保電車 田部井康修写真展」に合わせ、同名の立派な写真集が発行されています。残念ながら書店流通はしておらず、ご存知ない方も多いかと思いますので、今日はこの写真集を紹介してみることにいたしましょう。

tabeisyashinsyu3.jpgこの特別展は、東武鉄道が運行した軌道線として日光軌道線とともに広く知られる伊香保軌道線が廃止50年を迎えたのを機に東武博物館が企画したもの。地元高崎にお住まいで、1950(昭和25)年から全廃される1956(昭和31)年まで、この伊香保軌道線を実に600カット以上撮影してこられた田部井康修さんの写真54点、実物資料25点を中心に展示されています。ご紹介する写真集はこの特別展の“図録”的ポジショニングながら、収録作品は展示の倍近い101点に及んでおり、グラフィックなデザインとともに実に立派な写真集となっています。
▲田部井康修写真集『上州を走ったトラム 伊香保電車』表紙。田部井さん自らのデザインだという。
クリックするとポップアップします。

作者の田部井さんは本誌や『国鉄時代』でもお馴染みですが、電話で改めてこの写真集のことをうかがってみると、随所に田部井さんならではの拘りが散りばめられていることを知りました。ことに表紙はご本人のデザインによるものだそうで、微妙にグリーンを帯びた茶系の地色や、アルファベットで“IKAHODENSYA”と表記したタイトルなどにはとりわけ思い入れがあるとか…。洋書を思わせる趣味の良い意匠は、その面でも博物館発行の写真集に相応しいものとも言えましょう。

tabeisyashinsyu1.jpg
▲高崎市あら町通り赤羽蓄音器店前を走る29号。'53.6.21(田部井康修写真集『上州を走ったトラム 伊香保電車』より)

もちろん収録されている写真も、まさに田部井写真の真髄ともいうべき作品の数々で、オーソドックスな中にも時代性、季節感、そして何よりも“伊香保電車”が走った風土を余すところなく写しとめた素晴らしいものばかりです。

tabeisyashinsyu4.jpg
tabeisyashinsyu5.jpg
tabeisyashinsyu6.jpg
▲田部井康修写真集『上州を走ったトラム 伊香保電車』の誌面より。上から伊香保線本宿付近、渋川駅前、そして前橋線下箱田付近。

ちなみに、遅ればせながら補足いたしますと、伊香保軌道は、群馬県に明治時代から走り続けた路面電車(トラム)で、1927(昭和2)年に東武鉄道が東京電灯(東京電力の前身)より買収し、東武鉄道伊香保軌道線となりました。渋川を中心として高崎へ伸びる高崎線(20.9km)、前橋へ伸びる前橋線(14.5km)、県内屈指の温泉である伊香保温泉を結ぶ伊香保線(12.6km)の3路線で構成されていましたが、そのなかでも伊香保線は最急勾配56‰と軌道線としては異例の“登山鉄道”で、ことに下りではトロリーポールを下ろして渋川まで駆け下りるという現代では考えられない運転方法がとられていたことでも知られています。

tabeisyashinsyu7.jpg
▲巻末には田部井さんが収蔵されている数々のコレクションも収録されている。最終日のさよならマークは田部井さんデザインのものが掲出されたというから驚き。(田部井康修写真集『上州を走ったトラム 伊香保電車』より)

この写真集『上州を走ったトラム 伊香保電車』、限定部数での発行で、東武博物館で直接購入されるか、同館の通信販売でしか手に入りません。特別展の会期は5月25日まで。博物館で大伸ばしされた写真と展示物に接してから、ミュージアムショップで購入されると、愛着もひとしおの一冊になるに違いありません。

写真集「上州を走ったトラム 伊香保電車 田部井康修写真集」
価  格:2,000円(税込み)
内  容:90ページ 写真101点
発 売:東武博物館
通 販:住所、氏名、電話番号を明記のうえ、2,500円(写真集代2,000円+送料500円)の定額小為替か現金を、下記までご送付ください。
〒131-0032 東京都墨田区東向島4-28-16 東武博物館「伊香保電車写真集」係 ※送料は、3冊まで500円です。
※お客様の個人情報は、写真集発送以外の目的で使用することはありません。
※切手をお送りいただいても受付できませんのでご了承ください。

特別展「上州を走ったトラム 伊香保電車 田部井康修写真展」
会  期:平成20年3月25日(火)?5月25日(日) 
※毎週月曜日休館。ただし、5月5・6日開館、7日休館。
会  場:東武博物館ギャラリー、記念物・保存物展示コーナー一部
展示品:写真約53点、実物資料約15点(ヘッドマーク、タブレットキャリアー、サボなど)
入  場:無料(入館料のみ必要)

レイル・マガジン

ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.