鉄道ホビダス

魚梁瀬森林鉄道跡をゆく。(中)

naharikouka1.jpg
▲奈半利川線立岡停車場付近に残るコンクリート高架橋の偉容。画面左前方が奈半利川で、高架橋と築堤で高度を稼いだ軌道は奈半利川を長さ168mの3連鋼製トラス橋で渡り奈半利貯木場へと向かっていた。'07.7.20
クリックするとポップアップします。

奈半利川線の軌道は、昨日ご紹介した法恩寺の参道跨線橋の先で運輸事務所や工場のひしめく魚梁瀬森林鉄道の拠点・樋の口駅を通り、築堤をのぼって奈半利川橋梁へと至ります。1932(昭和7)年に架橋された魚梁瀬森林鉄道最大のトラス橋で、『魚梁瀬森林鉄道』によれば廃止後しばらく生活道路橋として残されていたそうですが、残念ながら現在ではその姿を見ることはできません。

naharikoukakyou4.jpgただ、奈半利川を渡った右岸側には橋台が残り、さらにそこから続く築堤には見事なコンクリート高架橋が残されています。奈半利川線の遺構としては最大の“見せ場”とも言うべきもので、田圃の真中を延々と横切ってゆく高架橋は、とても森林鉄道の遺構とは思えない不思議な景色を見せてくれています。先の『魚梁瀬森林鉄道』前書きページには、ポーター製蒸機改造のDLがこのコンクリート橋を渡っている写真が見開きで紹介されていますが、レールと枕木が撤去されただけで、半世紀以上も前に撮影されたこの写真と状況がほとんど変わっていないのに驚かされます。
▲1932(昭和7)年に築造されたというコンクリート製の高架は、半世紀以上の歳月が経っているとは思えないほど矍鑠としている。'07.7.20
クリックするとポップアップします。

naharikoukakyou3.jpg
▲奈半利川河川敷方から高架橋を遠望する。来歴を知らなければ森林鉄道ではなく一般鉄道の廃線跡、もしくは未成線と思いかねない。'07.7.20
クリックするとポップアップします。

このコンクリート高架橋の先に田野貯木場への短絡線・田野線とのジャンクションである立岡(たちおか)停車場があったそうですが、残念ながらその痕跡を見出すことはできませんでした。

naharikoukakyou2.jpg奈半利川線はこの立岡から2キロほどは比較的開けた奈半利川右岸を走りますが、野友付近から急に山深くなり、右へ左へと急曲線を描きながら40キロあまり先の魚梁瀬を目指します。途中の小島地区に2連鋼製トラス+プレートガーダ?の小島橋梁が残存しているとのことでしたが、今回は残念ながら時間切れ。今度は安田川線の軌道跡を追って馬路村へと向かいます。
▲立岡方の築堤取り付け部。軌道はこの先で田野貯木場からの田野線と合流して奈半利川上流へと分け入ってゆく。'07.7.20
クリックするとポップアップします。