鉄道ホビダス

井川線関連の写真を探しています。

ikawa1n.jpg
来年のことを語ると鬼が笑うと言われますが、さすがに今年も余すところ数日ともなれば笑われることもないでしょう。そんなわけで今日は小ブログをご愛読いただいている皆さんにお尋ねとお願いがございます。
▲井川線の人気者DB1形DB9が中部電力専用鉄道時代からのオープンデッキ客車Cスハフ1形を牽く。千頭?川根両国間のミニ・エクスカーション・トレインながら往年を彷彿させてくれる。'06.5.4 川根両国

ikawa2n.jpgご好評をいただいているRMライブラリーも来年はついに100巻を達成いたしますが、すでにご脱稿いただいたものも含めて来年のラインナップが固まりつつあります。そんななかで予定しているもののひとつに「大井川鉄道井川線」があります。著者は元大井川鐵道副社長でミスター大井川とも言える白井 昭さん。頂戴している原稿はさすがに長年にわたって井川線を見守ってこられたトップだけに、これまで知られていない秘話も多く、実にまとめ甲斐のある内容となっています。もちろん歴史面では白井さんが陣頭指揮を取られたアプト導入にまでおよぶのですが、ひとつ問題は昭和40年代以前の写真が今ひとつ弱い点です。もともと専用鉄道としてスタートをきった井川線だけに、写真が少ないのもある面無理からぬことではあります。そこで皆さんのお力をお借りできないかとこのブログでお願い申し上げることにした次第です。
▲DB1形はついに2輌を残すのみとなってしまった。川根両国の工場建屋からお尻を見せているのはDB8。'06.5.4 川根両国

ikawa3n.jpg
▲20年前の1986(昭和61)年に除籍されたDD100形DD107は今もってすこぶる良い状態で保管されている。DB1とともに井川線の歴史を語り継ぐ貴重な車輌だ。'06.5.4 川根両国

ikawa5n.jpgではどんな写真を探しているかと申しますと、具体的には以下のようなものです。
・旧塗装(ブルーのツートン)時代(右掲写真参照)のDB1形が牽くカラーの列車写真。ただし正面を向いているもの。
・1960年代までのモノクロ写真。ことにDB51、DD101?103の走行写真。
・井川線(中部電力専用鉄道)と関連する富士電力専用軌道、大間川専用軌道、大井川電力専用軌道、千頭森林鉄道、智者山森林軌道の写真・絵はがき・図面等。
もしお力添えをいただける場合は、下記編集部アドレス宛に1月末までにメールにてご一報賜れれば幸いです。
railmagazine@neko.co.jp
▲旧塗装時代の井川線DB1形。背後には千頭営林署の貯木場クレーンが見える。'66.9.23 千頭 P:三谷烈弌

レイル・マガジン

ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.